銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ザ・ディセント 絶叫洞窟

2022年06月19日 15時41分31秒 | 洋画ホラー

IT CAME FROM BELOW

2021年

イギリス

82分

ホラー

劇場未公開

監督:
ダン・アレン
脚本:
ダン・アレン
編集:
ダン・アレン

出演:
メーガン・パーヴィス
トム・タプリン
ジェイク・ワトキンズ
ジョージー・バンクス
ハワード・J・デイヴィ
スチュアート・パッカー

<ストーリー>

冒険家だった亡父の日記に「地下生物を見た!」という記載を見つけた娘のジェシーは、弟とそのガールフレンド、友人の4人で日記にあった洞窟を訪れるが…。

―感想―

別に無茶苦茶美人な女優さんを主人公に立てろよ、とまでは言わんよ。

けど、この映画のキャスティング担当のセンス、どないなっとんねん。

男共はそこそこイケメン寄りなんよ。

女共が酷すぎる。

これもしかして担当者、女なんじゃねえの?

私より可愛い子なんかにオファーしないわよ!男性は私好みを起用するわよ♪みたいな。

容姿に全く魅力がない主人公の時点で萎えたが、映画そのものもつまらなくて途中から観る気が失せたわ。

まあ洞窟が舞台だから、ある程度の暗さは予想してたけど、本作は流石に暗すぎるだろ。

何かをやっているのだが、何をやっているのか殆ど分かんない。

肝心のモンスターもB級映画に有りがちな、はっきりとは見せないもので、クライマックスでは監督が吹っ切れたのか思い切って映してはいたが、それでも全体像はボケていた。

有名な映画タイトルをパロッた様な題名付けた作品は、やっぱ地雷だな。

いや、俺自身それに関して頭の中では分かっちゃいるんだけど、もしかして面白いかも?という気持ちの方が勝っちゃうんだよね~。

で、いざ観てみたら、クソじゃねえかっ!てなる訳。

あ?学習しろよ!だ?

中身を観ずにパケやタイトルだけで、はいクソ~と判断出来るのはマイナーサメ映画位っすよ(失礼だな俺w)。

地雷踏んで、キーーー(# ゚Д゚)てなる事も、映画好きであるならば避けては通れない道(だが、俺はメジャー以外のサメ映画は借りません。他のB級映画との違い?タイトル自体が明らかにヤバいから)。

評価:★★

22/06/19DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-06-03

メーカー: エクリプス

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする