銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

クローゼット

2021年04月12日 20時54分55秒 | 韓国ホラー
THE CLOSET
2020年
韓国
98分
ホラー/ミステリー
PG12
劇場公開(2020/12/18)



監督:
キム・グァンビン
脚本:
キム・グァンビン
出演:
ハ・ジョンウサンウォン
キム・ナムギルギョンフン
ホ・ユルイナ



<ストーリー>
事故で妻を亡くしたサンウォンは、心を閉ざした娘・イナのため郊外に引っ越す。イナは徐々に明るさを取り戻していくが、ある日忽然と姿を消してしまう。

クローゼットの扉が開き、
娘が姿を消した――


―感想―

ハ・ジョンウて、ぱっと見、ぱっと見ね、あの『ウォーキング・デッド』にも出演していたグレンに似てるなて思った。
で、その娘役の子は韓国版芦田愛菜て感じ。

前情報入れずに借りたので、てっきりサスペンスものなのかと予測して観始めたら、ガッツリとホラー。
親(父親)の身勝手で殺された少女が悪霊となり、同じ環境で育てられている子供達を異世界へと連れ込むといったあらすじで、主人公の娘もその父親から邪魔扱いされているのを気にしているのを餌に悪霊がクローゼット内(異世界)へと強引に連れて行ってしまう。
因みに何故、皆が引きずり込まれるのがクローゼットなのか、それを説明すると、悪霊の少女が殺された場所がクローゼット内だからです。

人間時はありきたりな顔している少女も悪霊メイクを施されると、あら可愛い♡となるミラクル化を発揮。

まあそれはそれで良いとして、娘を連れ戻すまでの過程がアップテンポに進む為、グイグイ引き込まれるし、向こう側の世界とかもホラーらしい異質な映像になっていて印象深い。
父親に力を貸す霊媒師の青年の活躍もめまぐるしいものがあり、中々面白く怖く、切ない作品となっておりました。
やはり、ここでも母の愛は強し、でしたね。

雰囲気的にはTVをクローゼットへと置き換えた『ポルターガイスト』ですかね。

評価:★★★☆
21/04/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-04-02
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト

コメント