銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

クロール ―凶暴領域―

2020年02月10日 14時15分23秒 | 洋画ホラー
CRAWL
2019年
アメリカ
87分
アクション/パニック/ホラー
PG12
劇場公開(2019/10/11)



監督:
アレクサンドル・アジャ
『ホーンズ 容疑者と告白の角』
製作:
サム・ライミ
アレクサンドル・アジャ

出演:
カヤ・スコデラーリオヘイリー
バリー・ペッパーデイブ
モーフィッド・クラークベス
ロス・アンダーソンウェイン



<ストーリー>
競泳選手・ヘイリーの故郷が巨大ハリケーンに襲われる。実家の地下で父を見つけたヘイリーだったが、彼女も地下室に引きずり込まれ重傷を負う。そこには大量のワニ軍団がいた…。

思い出の我が家はヤツらのテリトリー

―感想―

『ピラニア』撮ったら次はワニかよ。
動物マニアかふざけんなよアジャ。

おもろいやんけ。

ヒロイン一人奮闘ものかと思ってたけど、親父さんも参戦なんやね。
ま、ある程度親父さんも活躍するけど、立ち位置としては娘見守り人といった感じ。
ワンコが可愛かった~。
水没した家の中を犬かきで移動するシーンに萌えた。
そうじゃないだろ~ワニに食われるんじゃないかってハラハラするべきだろ~。
したよ?
けど、ハラハラより萌え萌えの方が勝ってたんだ、悪いかっ。

アジャ監督作だけあって、それなりにグロくて衝撃的な場面が盛り沢山、それを矢継ぎ早に見せる事で盛り上げ上手な展開になっていた。

「完全捕食者舐めんな!!」

逞しく成長した娘の姿に親父もニッコリです。
つか、親父、体の部位損壊したりしてボロボロ。
気絶してたり、死に掛けたり、腕食われたり、踏んだり蹴ったりだったけど、そんな哀れな父親を救いたい為だけに娘が得意の水泳を活かしてワニの群れの中を泳ぎまくる!
おれ、ある程度泳ぎに自信はあるけれど、ぜってえ逃げ切れる自信はないわ。
だって、平泳ぎ専門だったしw

しかし、競泳水着姿て、ほんま堪らんよね←そこっ!?
普段職場で見慣れているけど、女優の競泳水着姿てのも又貴重でして・・・ムフフ(*´ω`*)グヘヘヘ
改めて思った、俺の仕事て天職だ、とね。

お気に入り好きなシーンは、ワニの口の中に突っ込んだ手に持つ銃で発砲しまくる所と、捜索に来た姉の元カレの同僚が数匹のワニによって食い千切られ全身バラバラにされてしまう所。
僅かな希望が一気に絶望へと変わる描写があるからこそ、だったら自分でどうにかしたるわ!てな強気に近い決意も生まれる訳で、ヒロインの頭と体力を使った決死のサバイバルが楽しい逸品。
大事な物(スマホとか)を不都合に必ず落としてしまうのはホラー映画では鉄板である。

最後にもう一度書いておく。

ワンコが可愛い!

評価:★★★★
20/02/09DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-02-05
メーカー:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

オフィシャル・サイト

コメント