銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ハウス・オブ・インフェルノ

2019年03月04日 15時05分16秒 | 洋画ホラー
LIVING SPACE
2018年
オーストラリア
79分
ホラー
劇場未公開



監督:
スティーヴン・スピール
脚本:
スティーヴン・スピール
出演:
ジョージア・チャラ
リー・スカリー
アンディ・マクフィー
ジョレーン・アンダーソン
エマ・レナード




<ストーリー>
バカンスでドイツを訪れたアシュレーとブラッド。夜の田舎道をドライブしていると車が故障し、ふたりは近くの家に助けを求めるが…。

―感想―

ハウス・オブ・ループやね。
何度もループするのだから当然同じシーンを何度も見せられる訳で。
ただ若干行動が変る。
その事により結末も何通りと出てくるんですわ。

ナチスの残党が悪霊となり現れ、道に迷って家に訪れたカップルを襲うという単純な話。

上記画像が唯一のグロシーンで、基礎的な怖がらせ方を用いたホラー作品。

急に霊が姿を見せて驚かせる系ということもあり、ハウスが舞台だけにお化け屋敷に入った感覚で観ると楽しめるかもしれない。

古いフィルムに残されていた一家惨殺シーンを再生して観ている時、俺は「これ、誰が撮っているんだ?」て凄い疑問を抱いたのだが、これをきっちりと明かしてくれたのは有難かった。
有耶無耶にされたままであるかそうでないかで大分作品に対しての好感も変わってきますから。
しかもその撮影者が実は・・・というカップルを救いの道へ誘導しようとする最後のループはハッピーエンドへと近づけたのかもしれないが、それでループ地獄を抜け出せたのかどうかは謎。
すっきりとした終わり方ではないけれど、一定の怖さは提供してくれるのでそれなりに観れる1本。

一旦ハウスから脱出出来たにも関わらず、自ら再びハウスに入って(彼氏を助ける為にだが)「もういや!ここから出して!!」と玄関激しく叩きながら喚く彼女さんを見ながら「何言ってんだこいつ」と呆れた目になっていた俺は彼氏同様に冷たい男です。

評価:★★★
19/03/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-02
メーカー:プライムウェーブ

コメント

トラックバック