銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-

2016年06月11日 20時21分51秒 | 邦画ホラー
2015年
日本
107分
ホラー/ミステリー
劇場公開(2016/01/30)



監督:
中村義洋
『予告犯』
出演:
竹内結子「私」
橋本愛久保さん
坂口健太郎三澤徹夫
滝藤賢一直人
佐々木蔵之介平岡芳明
山下容莉枝担当編集者・田村さん
成田凌山本くん
吉澤健奥山家当主
不破万作写真店・田之倉氏
上田耕一住職・國谷氏



<ストーリー>
「自分の部屋から奇妙な音がする」という読者からの手紙を受け取った小説家の女性が、そのマンションに秘められた過去の真相に迫っていく。

奇妙な「音」の謎は、
その部屋の「過去」につながる――。


-感想-

期待した程怖くなかった。
不気味さに定評のある和製ホラーにしては恐怖さが中途半端。
だってさ、「焼け」「殺せ」の2単語しか出てこねぇんだもん。
肝心の怨霊の姿もラストまでお預けじゃあねぇ、なんか盛り上がらんのよ。

呪いの起源を過去へと遡りながら追求していく話なんだけど、「ふーん」程度だねぇ。
辻褄合わせとしての物語展開は丁寧に作られているとは思うけれども、それプラス驚愕するような演出、心臓が飛び出る様な演出が欲しかったかも。
ストーリー中心のホラー初心者向きな作品。
映像や雰囲気に手で目を覆いたくなる位のおどろおどろしさを求める自分的にはかなり物足りない内容でした。

ま、結論としては一度怨霊や悪霊に憑かれると、何処に場所を移そうとしても呪いからは逃れられないって事。
興味本位だけで首を突っ込むとろくな事が無いという教えを残したかったんでしょうかね。
その非情な結果は終盤にて一気に各々へと降り掛かる惨劇として映し出されているので、素人が霊に軽々と触れると待っているのは“不幸”のみといった教訓を本編から学び、「触らぬ神に祟りなし」という的を得た言葉を改めて頭の中に叩き込んでおく事が大切かもよ。
くわばら、くわばら。

余談だけど、DVD再生してメイン画面を出し一定時間放置していると
・・・(((( ;゜Д゜))) ガクガクブルブル
是非レンタルしたらやってみて。

今作の美女図鑑

マンションの一室で奇妙な「擦る」音を聞く様になり、小説家の主人公に相談する久保さん役の橋本愛ちゃん。
デヴュー時(美少女と騒がれてた頃)はそんなに気になる女優さんではなかったけど、演技力に板が付いてきた最近は結構好みな顔つきになってきました。
もう完全に美少女枠からは抜けたので、顔の可愛さどうこうよりもこれからは演技の幅を広げて色んな方面で活躍して欲しい若手の一人。

今作の可愛い子役図鑑

首吊り霊が見える幼女。
この子のその後シーンが個人的には一番背筋に寒気が走ったよ。
誕生日パーティシーンでのカメラフラッシュをたいた瞬間は瞬き厳禁。

モロに映ってるじゃねぇかよ~~~(><)
御祓いしてあげて!!

評価:★★★
16/06/11DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-06-09
メーカー:ハピネット

オフィシャル・サイト
トラックバック (18)