銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

パペット・マスター5/最終戦争

2011年07月25日 21時09分50秒 | 洋画ホラー
PUPPET MASTER 5: THE FINAL CHAPTER/93年/米/82分/ホラー/TVM
監督:ジェフ・バー
出演:ゴードン・カリー、チャンドラ・ウェスト

<ストーリー>
天才大学生リックは、無生物に命を与える研究をボデガ・ベイ・ホテルで行っていた。が、研究に危惧を抱く魔王スーテックは分身を生み出し、リックやホテルに集まった彼の恋人、友人を皆殺しにしようともくろむ。だが、殺人人形たちの生みの親トゥーロン博士の魂が新たな人形に宿り、殺人人形を引きつれてスーテックの分身に挑む。
<感想>
4からの完全な続き。
御親切に冒頭で回想シーンも流してくれます。

何故か警察に捕まって取り調べを受けているリック青年。
別になくてもどうって事の無いシーンなのだが、どうやらジェニングス博士という人物を出したかったようだ。

彼によって釈放されたリックは迎えに来た恋人スージーと共に帰宅。

「OH!カモ~ン」

と体を求めるスージーだったが、当のリックは大イビキかいて爆睡。

Hはお預けね・・・。
スージーの顔が何とも寂しげだったぞ。

何だかんだで、舞台は再びホテルへ。

悪事を企むジェニングス博士も仲間を引き連れ潜入成功。
リックも駆けつける。

両者とも目的は人形。

だったのだが、そのホテルには邪悪なスーテックの分身となる魔物が生息。
1人、また1人と犠牲に。
襲われる際のお約束。

○必ず1,2メートル走った所でずっこける○

何故に、こんなにもドン臭い?

リックが危機的状況に陥った時、ようやく人形達が戦いに動き出す。
そして、勝利した人形たちは、リックを新たなパペット・マスターとしてその身を捧げるのでありました。

なんのこっちゃ。

処で4で意識を失い病院に運ばれたローレン。
今作でも前作同様、彼女の持ち味である‘超能力’が戦いに全く活かされず、専ら恐ろしい夢を見ては、飛び起きて絶叫するという終始喚き要員として度々登場。
一見重要人物なのに、全くの不要人物になっちゃっているよね(苦笑)。
こんな役回りなら、前作で殺されておけばよかったのに。

関連作:
『パペット・マスター(1989)』(シリーズ第1作)
『パペット・マスター2(1990)』(シリーズ第2作)
『パペット・マスター3/ナチス大決闘(1991)』(シリーズ第3作)
『パペット・マスター4/最強の敵(1993)』(シリーズ第4作)
『パペット・マスター5/最終戦争(1993)』(シリーズ第5作)
『パペット・マスター/惨劇のパーティー(1998)』(シリーズ第6作)

評価:★★
11/07/25VHS鑑賞(中古)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

パペット・マスター4/最強の敵

2011年07月25日 21時09分34秒 | 洋画ホラー
PUPPET MASTER 4/93年/米/79分/ホラー/TVM
監督:ジェフ・バー
出演:ゴードン・カリー、チャンドラ・ウェスト

<ストーリー>
天才大学生のリックは、無生物に生命を与えることを目的とした『オメガ・プロジェクト』に参加。シーズン・オフのボデガ・ベイ・ホテルを研究所代わりに、プロジェクトを進めていた。だが、闇の世界の魔王スーテックは、プロジェクトを憎み、関わる人間を皆殺しにしようともくろむ。
<感想>
ストップアニメーションを多用した、人気人形ホラー、シリーズ第4弾。
1~3飛ばしで、いきなり4作目からだけど、まぁいっか。

邪悪な小魔物(グレムリン似)に襲われた際の人間のもがき様はカッコ悪い。
明らかに1人芝居丸出し。
無様過ぎて笑っちまいそうだ。

シーズン・オフのホテルで管理人しながら研究に没頭するリック青年。
がり勉というよりかは、ヲタク。
手製のロボット相手に、光線銃ゲームを楽しむ事で日々満喫。

そこに訪ねてきた恋人と友人たち。
彼らが古びたケースを発見し、その中に眠るパペットたちを取り出すと、好奇心旺盛なリックは謎の液体を人形に注入して呼び起こす。

今度は人形たち相手に光線銃ゲーム開始だ!
ぴゅん!ぴゅんぴゅん!
たっのしぃな~。

すっかり仲が打ち解けたリックとパペットたち。

その頃、友人2人が暇潰しにこっくりさんゲームをしていたら、いきなり大魔王スーテックの分身となる小魔物が数体召喚。
ホテル内をうろつき回り、リックの身も危険に晒された事で、仲間意識を持ったパペットたちがお助け参上仕る!

後はまぁ、ちっちゃな魔物と人形との、とりわけ面白くとも何ともない戦いが延々と続くのでありました。

以後、次巻(パペット・マスター5)に続く。。。

なんだよ、続きものかよ、これ。

関連作:
『パペット・マスター(1989)』(シリーズ第1作)
『パペット・マスター2(1990)』(シリーズ第2作)
『パペット・マスター3/ナチス大決闘(1991)』(シリーズ第3作)
『パペット・マスター4/最強の敵(1993)』(シリーズ第4作)
『パペット・マスター5/最終戦争(1993)』(シリーズ第5作)
『パペット・マスター/惨劇のパーティー(1998)』(シリーズ第6作)

評価:★☆
11/07/24VHS鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村