銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

切り株画像(映画『クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]』より、恐怖より生れし幻覚)

2011年05月01日 16時10分02秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
恐怖は時として夢として、幻覚として
切り株を生み出す。


これぞ芸術的腸絶映像!
切り株度(5/5max)

レヴュー:『クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村


クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]

2011年05月01日 16時09分10秒 | 洋画ホラー
DREAD/09年/英・米/95分/ホラー/劇場公開
監督:アンソニー・ディブラシ
製作:クライヴ・バーカー
原作:クライヴ・バーカー
脚本:アンソニー・ディブラシ

出演:ジャクソン・ラスボーン、ショーン・エヴァンス、ハンネ・スティーン

<ストーリー>
心に深刻なダメージを持つ被験者をインタビュー・撮影し、恐怖心理の根源を探る3人の大学生。だが自らも心に傷を持つ彼らの実験はどんどんエスカレートし、禁断の領域へと足を踏み入れていく。
<感想>
乙女チック映画『トワイライト』シリーズのジャクソン・ラスボーンが出演したキチホラー。

兎に角陰惨とした空気が終始流れており、観る者を気持ち悪さで圧倒させる事間違いなし。

エグイシーンがちらほらと出てくるが、それ以上に嫌な気分にさせるのが、恐怖を取り込み狂気と化した男の残酷極まりない実験の数々。

恐怖を克服する事で、何を得るか

という実験らしいのだが、余りにも身勝手で、拷問とも取れるそれらにゲンナリさせられる。

不快指数が高まり、嫌な気分で観終わった私としては

二度と観たくない

観るんじゃなかった

という思いしか浮かばなかった。

どこぞの『恐怖』なる題名の意味不明邦画なんか足元にも及ばない、本当の“恐怖”というものを見せつけられた怪作。

初心者ホラー好きは覚悟して借りて下さいな。

評価:★★☆
11/05/01DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-02-02
メーカー:プライムウェーブ・ネクシード

切り株画像はこちら
コメント (4)   トラックバック (1)