なんでも銀行ランキング-とりあえず投票!

最新の情報・ユーザーランキングで、「正しい銀行えらび」。銀行員、大歓迎!

ネット不正送金被害4億円に

2013-08-14 10:14:01 | Weblog

まずは前回の読者アンケートを振りかえってみます。前回の「<複数回答可>三菱東京UFJ銀行が11月以降、自行ATM無料化&コンビニATM有料化を検討しているようですが、あなたが利用しているATMはどれ?手数料を払っている?」では・・・


 1位:無料のコンビニATM 47%
 2位:無料のゆうちょATM 21%
 3位:無料のメガバンクATM 18%
 4位:無料の地域金融機関ATM 7%
 5位:無料のその他のATM 3%
 6位:有料のコンビニATM 1%


 ということになりました。で、これをいつものように投票者のシェアで計算するとこうなります。


 1位:無料のコンビニATM 75%
 2位:無料のゆうちょATM 34%
 3位:無料のメガバンクATM 29%
 4位:無料の地域金融機関ATM 11%
 5位:無料のその他のATM 5%
 6位:有料のコンビニATM 2%


 1位から5位までズラッと「無料」が並んだわけですが、圧倒的な1位は「無料のコンビニATM」ですね。投票者シェアは何と75%ということになります。


 つまり読者の方の4分の3はコンビニATMを無料で利用している、ということですね。これだけコンビニの数が増え、そのほとんどにATMが設置されている現状では、銀行のATMよりコンビニATMを探す方が簡単で、しかも無料となれば使わない手はない、ということなのでしょう。


 筆者も同感です。しかもコンビニATMの場合、ほとんど並ばなくていい点も快適です。一方、銀行ATMでは、未だに月末月初や週末・給料日の午後になると列が出来ているのを見かけますね。


 記帳する必要があったり、古いタイプの口座でコンビニATMを無料で使えなかったり、あるいは単純な引き出し以外の目的で銀行ATMを利用しないといけない理由があるのかもしれませんが、隣のコンビニのATMでは待ち時間がなかったりすると、おかしなことになっているなぁ、と思わずにはいられません。


 いずれにしても読者の方々のように銀行サービスに敏感な方はコンビニATMを中心にATM無料サービスを上手に使い、ATM手数料をほとんど全く払っていない、ということですね。すばらしい!


 そうなってくると前回のコラムで取り上げたように、三菱東京UFJ銀行が11月に検討しているコンビニATM有料化は、結構なネガティブインパクトがありそうですね・・・。


 どういう結果となるのか注目したいと思います。


 では投票がまだの方は、ぜひ投票をお願いいたします。


〔投票〕http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=949


〔前回のコラム〕http://www.ginkou.info/modules/xfsection/article.php?articleid=746



            --- Ginkou ---


被害総額4億円超に ネット不正送金
http://www.nikkei.com/


 インターネットバンキングをめぐる不正送金の今年の被害が今月8日までに計445件、総額約4億1600万円になったことが9日、警察庁のまとめ(速報値)で分かった。件数、被害額ともに年間で過去最悪だった2011年の165件、約3億800万円を既に大きく上回っている。


〔 出典:日本経済新聞 〕


            --- Ginkou ---


 さて何度かブーム(?)が来るインターネットバンキングの不正送金事件ですが、今年は特に件数が多いようで8月8日までにすでに445件、被害総額は4億1,600万円になっている、とのことです。


 ちなみに警察庁が発表している、いわゆる「振り込め詐欺」の被害件数は6月末までで4,037件/約107億円となっているようです。


 被害額だけを見ると「振り込め詐欺」の方が2ケタ多いわけですが、被害件数は10分の1と、徐々にその差が縮まっているところが気になる点です。


 もちろん、どちらにしてもまだ圧倒的に「振り込め詐欺」の方が多いわけで、インターネット経由でのハイテクな犯罪より、電話をして嘘をついて騙す、というアナログな犯罪の方がはるかに効率が良い、というのは皮肉な結果と言えます。


 機械を騙すより、人を騙す方が簡単、というわけですね。


 本題からそれますが、この振り込め詐欺は大きく4つのカテゴリーに分類されるようです。内訳も記載するとこうなります。


 ・オレオレ詐欺 : 2,345件/約72億円
 ・架空請求詐欺 :   649件/約24億円
 ・融資保証金詐欺:   197件/ 約3億円
 ・還付金等詐欺 :   846件/ 約8億円


 圧倒的に多いのはオレオレ詐欺ですが、架空請求詐欺も結構な規模ですね。これはもしかすると若い人も被害に遭っているかもしれません。


 ちなみにこれらの数字はあくまで6月末までの半年分ですので、年換算すれば2倍の規模ということになります。つまり全体で1万人近くなる可能性がある、ということですね。結構な規模です・・・。


 ぜひ家族内で被害を未然に防ぐ方法をご検討いただければと思います。4037件で107億円ということは1件あたり270万円ですからね!結構な金額です。ご留意ください。


 さて本題に話を戻すと、インターネットバンキングの不正送金ですが、こちらの平均被害額は93万円と、オレオレ詐欺に比べればまだかわいい金額ですが、とは言え大金であるのは間違いありません。月5万円貯金しても1年半かかる金額です。


 しかも上記記事にある通り、過去最悪だった2011年が165件/3億800万円の被害だったので、すでにそれを大きく上回っています。このペースで行けば、2011年のダブルスコアの被害、というのも十分考えられます。


 気になるのは金額の増加もさることながら、件数が大きく伸びていることですね。単純計算すれば今年の被害件数は700件を大きく超え、史上最悪だった2011年の「4倍以上」というペースです。


 これはつまり・・・犯罪者グループが何か新しい効率的な方法を探り当てた、ということでしょうね。で、これに関連する、2013年8月9日付けの日経新聞の記事「情報抜き取りの一端を解明 ネット不正送金」から関連部分を抜粋するとこうなります。


 ・不正送金の月別の被害をみると、6月が108件で約9300万円、7月が180件で1億4920万円と最近2カ月に被害が急増している。
 ・今年に入り、企業や中央省庁などのホームページが改ざんされるサーバー攻撃が相次いでおり、特に集中したのは今年5~6月だった。
 ・不正送金事件ではウイルスを使って、入手したパスワードなどを使われていたとみられる。
 ・被害者が全国に広がる一方で、利用される金融機関やプロバイダーは東京都内に集中している。
 ・セキュリティー会社に調査によってウイルス感染が判明した1万5千台のパソコンの利用者が、インターネットバンキングを使っている場合、IDやパスワードを盗まれて不正送金の被害に遭う可能性がある。


 つまり・・・肝心の不正送金の手口が全く書かれていないのです!何を「解明」したんでしたっけ、日経さん?


 これだとさすがにユーザーとして自衛手段がないわけですが、同じ記事に添付されていたこちらの図が参考になるかもしれません。


 

 結局のところ何か新しい手口ということではなく、昨年の今ごろに問題となった、不正なポップアップ画面を表示させて、そこの画面に何だかんだ理由をつけて、手元の乱数表の全ての組み合わせを入力させる、というもののようですね。


 ではなぜこの6月・7月に被害が急増しているのでしょうか?


 可能性として考えられるのは上記記事にある通り、多くのホームページが改ざんされて、こうした不正なポップアップ画面を表示させるコンピューターウイルスがより多くばら撒かれた、ということではないかと思います。


 つまり犯罪者グループの新しい手法というのは、ユーザーを騙す手口の方ではなく、より多くウイルスをばら撒く、「上流」の方で編み出された可能性があることが示唆されているわけですね。


 だとすると、より注意する必要があるのはもちろんですが、自衛手段が増えるわけではない、という点は不幸中の幸いと言えるかもしれません。


 その自衛手段というのはいつも述べているように「手元にあるインターネットバンキング用の乱数表の全ての組み合わせを、何があっても一度に入力しない」ということに尽きますね。


 どれだけハイテクなウイルスが開発されても、みなさんの手元にある乱数票を覗き込むことは不可能であり、何とか画面に入力してもらう必要があります。


 逆に言えばみなさんが騙されなければ、どれだけハイテクなウイルスが開発されても被害に遭うことはない、ということですね。


 振り込め詐欺と同様、結局、騙されるのは機械ではなく人間というのは皮肉な点ですが、一方で、自衛手段が確保されているというのは安心していい点かもしれません。


 対策がないのが一番困りますからね。


 くれぐれも「手元にあるインターネットバンキング用の乱数表の全ての組み合わせを、何があっても一度に入力しない」点にご注意ください。


 ということで今回の読者アンケートは、「不正なポップアップ画面による、インターネットバンキングの不正送金被害が急増しているようですが、こうした画面が表示されたことがある?ない?」でいきましょう。投票は9月14日まで。


■不正なポップアップ画面による、インターネットバンキングの不正送金被害が急増しているようですが、こうした画面が表示されたことがある?ない?(9月14日まで)
 
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=951







人気blogランキングへ(別ウィンドウ)


>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<


思い立ったら、今すぐこの場で資料請求!

右肩上がりで金利がドンドン上がる。最新の金利は?
右肩上がり円定期

わずか1週間で驚きの高金利
スターワン1週間円預金

2週間満期預金と高金利の定期預金キャンペーン
新生銀行

高水準の円預金
オリックス銀行

特別な高金利プログラム継続中
じぶん銀行

好金利のネット定期預金
あおぞら銀行インターネット支店

口座サービスランキング1位
住信SBIネット銀行

FXランキング1位。圧倒的なローコストで外貨取引を楽しむなら
SBI FXTRADE

証券会社ランキング1位
GMOクリック証券

気になる円預金・円定期預金の金利はここでチェック!
円預金・円定期預金 金利比較一覧

気になる住宅ローン金利はここでチェック!
住宅ローン金利比較一覧


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★みんなで選ぶ!★2013年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★人気Blogランキング★http://blog.with2.net/link.php?41491
コメント   この記事についてブログを書く
« 8月の金利比較、更新しまし... | トップ | 東京スター銀行:右肩上がり... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事