なんでも銀行ランキング-とりあえず投票!

最新の情報・ユーザーランキングで、「正しい銀行えらび」。銀行員、大歓迎!

生体認証キャッシュカードはどう?

2007-05-10 06:38:38 | Weblog

まずは前回の読者アンケートを振りかえってみます。「東京スター銀行の買収先、どこがいい?」では・・・


 1位:HSBC(英国の大手銀行) 64%
 2位:その他の国内金融機関 20%
 3位:ローンスターに市場で売却してほしい 14%


となりました。HSBCが64%と断トツの1位ですね。どうせなら、国際的な銀行の傘下になって革新的なサービスを提供してほしいと期待するのは筆者だけではないということですね。また対照的にファンドの買い手候補には一切、票が入らなかったですね。面白いものです。


 ただ、今日のニュースによれば最終候補が、国内投資ファンドの「アドバンテッジ・パートナーズ」に絞られてきたようです。残念ながらユーザーの目から見たユニークな銀行の登場というのはちょっと期待薄になってきましたね。とは言えせっかくなので、別の地銀との合併など面白い動きをしてほしいですね。野次馬的発想かもしれませんけれど(笑)。


 まだの方はぜひ投票をお願いします。5月25日まで。


〔投票〕http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=265


〔前回のコラム〕http://www.ginkou.info/modules/xfsection/article.php?articleid=173



 さて今回は、「生体認証キャッシュカード」について。


            --- Ginkou ---


「生体認証」 みずほ、三井住友、りそな銀など5行 指方式で相互利用
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200705080011a.nwc


 みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行は7日、指の静脈パターンを読み取って本人を確認する生体認証付きICキャッシュカードが各行の現金自動預払機(ATM)で相互に利用できるようになったと発表した。同じ指静脈方式を採用している一部の地方銀行とも利用が可能で、今後、対象金融機関を順次拡大させる予定。


 みずほと三井住友は昨年10月から日本郵政公社との相互利用を可能にしていたが、6日からみずほと三井住友、りそななど民間銀行相互の接続も可能となった。また、りそなは7日から郵政公社との接続を始めた。従来、生体認証カードは自行の本支店間だけでの利用が原則だった。


 なお、指方式に対して、手のひら方式を採用する三菱東京UFJ銀行は、2008年に予定している行内のシステム統合を優先。一部の地方銀行が始めた手のひら方式での他行との相互利用への参加を当面は見送っている。


〔 出典:フジサンケイ・ビジネスi 〕


            --- Ginkou ---


 久しぶりに「生体認証」のキャッシュカードについて、です。「生体認証」と言えば、キャッシュカードで出金するときに暗証番号だけでなく、手をATMにかざして、識別された静脈の形から本人であるか判定を行うというものですね。コンビニにあるATMなんかでも、「生体認証」に対応したものが増えてきています。1回くらいはどんなものなのか使いたい気はしますね。


 ちなみに「生体認証」によって、ほぼ100%、本人確認ができるのであれば、いっそキャッシュカードそのものをなくしてしまえばいいと思うのですが(それなら、本当に画期的ですね!)、確認したわけではありませんが静脈の情報はキャッシュカード内に記録されてそうなので、難しいかもしれませんね(静脈に関する大量?のデータを、ATMと銀行中枢のシステム間でやりとりするのは、ネットワークに相当、負荷がかかりそうですし)。


 さてその「生体認証」については、現状、2種類の方式があります。一つは三菱東京UFJ銀行の「手のひら」方式、もう一つは三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、そして郵便局が採用した「」方式。最初は、セキュリティで先行していた三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の一騎打ちという状況でしたが、結局は「指」方式が多数派工作に成功し、ほぼ勝敗は決まったという感じがしますね。


 今後は、「洞ヶ峠」を決め込んでいた他の銀行も徐々に「指」方式による生体認証サービスの提供を開始するでしょうし、そうなってくると本当に身近になってきますね。ただ一方で、盛り上がる(?)銀行業界を尻目に、我々ユーザーが生体認証について盛り上がっているかと言うと、恐らく全く盛り上がっていないですね。


 偽造キャッシュカードによる不正払い戻しが、社会問題化しているかというとそうでもありませんし、そもそも例のキャッシュカードによる不正払い出しの補償ルールができて、預金者に過失がなければ全額銀行が補償することになり、ユーザーにとってみれば何か「達成感」が出てしまっているのが現状ではないでしょうか?


 まぁ、だからこそ、銀行業界では焦って偽造されにくいカードの普及に躍起になっているのかもしれませんが(苦笑)。


 金融犯罪で社会問題化しているのはむしろ「振り込め詐欺」の方ですね。こちらは一向になくなる気配がありません。預金者本人が自発的に振り込んでしまうわけですから、対策のとりようがない、何とも根深い話です。こちらは振込みシステムそのものを丸1日の間は取消可能にするくらいのことをしないとダメでしょうね。


 話を元に戻して、「生体認証」。ユーザーが盛り上がっていない証拠に筆者の周りでは生体認証を実際に利用している人の話をほとんど聞いたことがありません。1回だけ、「結構、認証に時間がかかる」というような話を聞いたようなうつろな記憶がありますが、定かではありません。


 というわけで今回はアンケートでは実際に使った方の感想を聞きたいと思います。使ってみてよかったかどうか。6月9日まで。


 ところで記事中の「三菱東京UFJ銀行は、2008年に予定している行内のシステム統合を優先」というのは泣けますね。合併してから何年かかったことになるのでしょうか・・・
 


■いよいよ本格普及期に入るのかもしれない「生体認証」キャッシュカード。使ってみて良かった?悪かった?(6月9日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=267


 



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2007年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




コメント   トラックバック (2)