房総閑話

廉価版コンデジでどれだけ撮れる?

ヒエンソウ(飛燕草)

2019-05-30 22:34:28 | 写真
図書室の前の広場に変わった形の花びらの花が咲いていました。

1m近くあって細くて大きいです。


セリバヒエンソウを見ていたのですぐにヒエンソウの仲間とわかりました。




ツボミがイルカのような形です。


帰って調べると・・・
学名も和名も混乱しています。
ヒエンソウ。漢字で、飛燕草。と言うのと、
チドリソウ。漢字で、千鳥草。
どっちが別名の和名かわかりません。学名も種小名は同じですが属名が Delphinium と Consolida の2つあり、和名の属名がはっきりしません。

とりあえず、キンポウゲ科デルフィニウム属またはヒエンソウ属またはチドリソウ属です。



さらに、園芸種名はラークスパーと呼ばれています。




葉っぱは掌状に細く裂けて、独特です。


有毒植物なので取り扱いには注意が必要です。やはりキンポウゲ科は危ないです。
あくまで観賞用ですね。

隣に白い花もありました。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)

セリバヒエンソウの記事

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント   この記事についてブログを書く
« エケベリア | トップ | 大規模造成地に群生している... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事