房総閑話

廉価版コンデジでどれだけ撮れる?

キキョウ(バルーン フラワー・桔梗) ~ 雄花と雌花

2013-06-28 00:46:45 | 写真
隣の家の道路際にあるプランタに変わった花が咲いていました。
白色の袋状(風船のような)のつぼみが青くなり青紫の星型の花を咲かせています。

この花のもう少し変わったところは、「雌雄同花」の「雄性先熟」なんです。
ひとつの花で性の特質が変わります。先に雄、次に雌。


花びらが開いた頃はまだ雄しべと雌しべがくっついていて雄しべは熟していません。
雄しべは熟すとヤクから花粉を噴き出して雌しべにつけます。しかし、雌しべは熟していないくて柱頭は閉じているので受粉はできません。雄しべがヤクから花粉を噴出してくる時期を雄性期と呼びます。




すべての花粉を雌しべにつけてしまうと雄しべは雌しべから離れて開いていきますが、このときも雌しべの柱頭が開いていないので受粉は出来ません。




雄しべが枯れた頃に柱頭が開き受粉できるようになります。雌花期と呼びます。




虫媒花に多く見られる特性らしいのですが。最初に咲いた花の花粉と最後に咲いた雌しべが無駄になるような気がするのですがどうでしょう。


園芸用の品種のキキョウなので、こんな感じで次から次へ咲いていきます。








(Canon IXY DIGITAL 510IS)



 

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   


誰か~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(泣)、
仕事(就職)紹介してください、お願いします。
トホホホホホホホホホホホホホホホホ(爆泣)状態です。

興味ある方は、コメントまたはメールをどうぞお願いします。

コメント   この記事についてブログを書く
« コンデジの比較 5 ~ キヤ... | トップ | 碧(あお)き空は永遠(とわ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事