房総閑話

廉価版コンデジでどれだけ撮れる?

ミツバアケビ(三葉木通)の雌花と雄花

2019-04-22 10:36:01 | 写真
ミツバアケビはアケビを基本種(母種)とした変種とか品種ではありません。
ミツバアケビ。漢字で、三葉木通、三葉通草。アケビ科アケビ属の3枚の葉の種です。学名 Akebia trifoliata、属名はアケビ属、種小名は3枚の葉です。
それでも、似ています。花が咲いていれば違いはわかりますが、花期以外は小葉の枚数を数えて5枚なら「アケビ」、3枚なら「ミツバアケビ」で区別できます。

ミツバアケビの花は濃紫色です。
雌雄同株の雌雄異花で大きめの雌花と小さめの雄花が咲きます。

アケビの雌花と雄花の記事です。比較してみてください。 新しいタブに表示されます。

雌花です。



雄花です。



掌状複葉で、小葉の枚数は3枚です。アケビと違って、葉っぱの縁は不規則な波状の鋸歯があります。



総状花序に雌花数個と総状に小さな雄花を10数個つけます。






アケビと同じで、雌しべの柱頭には甘い液体があるようで、虫が集まってきます。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アケビ(木通)の雌花と雄花 | トップ | ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事