福島原発事故メディア・ウォッチ

福島原発事故のメディアによる報道を検証します。

徹底節電で関電を干上がらせろ!「オール脱関電化」収支報告

2012-06-16 18:17:33 | 新聞
ごり押し原発再稼働の言い訳をするために「電力不足」が必要だから、関電はほんとうは節電なんかしてほしくない。電力15%不足、節電要請!などという公式なポーズとは裏腹に、「オール電化」のキャンペーンなどもやって電力消費拡大を図っている。「節電トライアル」などという企画もあるが、こちらはキャンペーンどころか、誰にも知られないように、HPの奥深く埋まっている。そんな中、我が家では先月からネガワット発電所に挑戦して、徹底節電を試みた。その結果、6月15日の計測では前年同月比マイナス50.4%!料金にして3,572円の節約となった。といっても、別にロウソクで暮らしたわけではない。私たちはミクロの弱者だが、生命の危険もなかった。半分の電気で十分普通に生活できた。どんなことをしたか、ご参考までにご紹介しましょう。 . . . 本文を読む

目には目を!金には金を!原発マネー中毒者・福井県西川知事には、フクイ・ボイコットで徹底対抗しよう!

2012-06-15 10:15:11 | 新聞
福井県議会は大飯原発再稼働を認め、あとは西川福井県知事が最後のお言葉を待つだけになった。原発の再稼働が金のためであり、そのために、福井県が、知事以下、住民の安全を売り払ったことは、他の自治体の知事、たとえば新潟県知事の再稼働に対する態度と比較すればわかりやすい。金しか見えない原発マネー中毒者には金で抗議するしかない。フクイ・ボイコット、福井不買で、福井総スカンを食わせて、原発容認が高くつくことを思い知らせてやろう。 . . . 本文を読む

ジョーシン電機と関電のダマシ節電=電力消費拡大キャンペーンに気をつけろ!

2012-06-13 14:33:35 | 新聞
原発の電気はいらないから節電しよう、という気持ちの人は多い。自宅を「ネガワット発電所」にするために、私も電力消費の少ないLED電球を地元のジョーシン電機に買いに行った。週末の売り場には、お父さん・お母さんといった人が何人もおり、私と同じように、複数のLED電球を求めていた。さて、レジで代金を払うと、『エコキャンペーン』のチラシがもらえる。店内で開催中で、もれなくティッシュペーパーを一箱くれるという。太陽光発電の案内もあるという。それでは、と、出向いてみるとこれがとんでもない、ダマシ・まやかしキャンペーンだった。 . . . 本文を読む

大飯原発ゴマカシ再稼働を突破口に「フクシマ以前」への復帰を図る原発マフィアにどう対抗したらいいのか?

2012-06-11 18:32:46 | 新聞
野田首相は8日、原発ヤク中・福井県知事がごねておねだりした『本県の「要望丸のみ」で会見し』(福井新聞。この表現に今月の「報道スタイル大賞」あげます!)、そこで驚くべき厚顔無恥、恐るべき独善と欺瞞で、大飯原発の再稼働開始と、他の原発も含めた(暫定的ではない)恒常的な再稼働へ突き進む責任ある政治判断!を示した。例によって、産経・読売の原発マフィアの『機関紙』(江川紹子さんの言い方、まねしました)のやくざコンビは礼賛の社説をのせ、地方紙は怒り、朝日はごまかした(毎日は無視)。 . . . 本文を読む

関西広域連合の「大飯再稼働慎重派」の首長たちはどうして『容認』へと寝返ったのか?

2012-06-04 00:27:17 | 新聞
関西広域連合は30日の会合で、大飯原発再稼働を「実質的に容認する」声明を発表した。エエッー!橋本大阪市長、山田京都府知事、嘉田滋賀県知事あたりは会合の直前まで、『再稼働なしでもやれる仕組みを考えようというのが、あす(30日)の広域連合での一つの提案だ」と強調し』ていたはずだ。それが急転直下・青天の霹靂で民主党・原発ヤクザ政権のごり押しにみっともなく譲歩してしまうとは・・・。会合の裏でいったい何が起こったのか。だが、すこし考えてみると、この結末が急転でも、霹靂でもないことがわかる。「出来レース」ということばを使ったのは、東京新聞(資料)と、ARecoNote3だが、いろんな意味でこの観測が当たっている。当事者の知事をはじめ、それを露骨に暴露されるのがいやな人々がいろんなことを言って、事情をいっそうわかりにくくしている。こういう情報の電波妨害をしなくてはならないのが、昨日まで『公式に』原発マフィアを批判する立場にいた人であるのも、やっぱり出来レースの一部である。 . . . 本文を読む