ウフフ日記

伊藤美和子が伊藤工設計の日常をお届け、プライベートも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リンゴのような家の暮らし

2018-08-02 11:23:02 | 現場
「あけっぴろげ」 という表現が適切かどうかわかりませんが、
キッチン、ダイニング、リビング、小上がりの畳スペース、オープン階段、玄関、吹き抜けと
目線を遮るものが全くない家、まさに「リンゴのような家」でした。

2週に渡る見学会ではたくさんの方にお越しいただき、
改めてこの家が楽しく暮らせる家であること、日常のさまざまなシーンにやさしい家になることを確信していました。

私の妄想劇が始まります。



奥様は料理好き、ペニンシュラキッチンはつくり終えたものを並べたり配膳するのに便利です。
長くキッチンに立っていても家族と会話したりテレビを観ながら楽しくお料理できますね。

簡単な食事はダイニングで。
テレビを観たりゆっくり食事をする時は座卓かソファアもいいですね。

小上がりの畳スペースは洗濯物をたたんだり、ちょっとした昼寝に重宝します。
丁度いい高さなのでついつい腰かけてしまいます。

階段も時には腰かけになります。
子どもには危ないですが、しっかり言って聞かせましょう。
子どもはこういう場所が大好きなんです。




音は家中に届きます(笑)。
でも声も届くので安心です。



年中室内干しでもOK!



家族が増えたら間仕切れるようになっています。



素敵なお庭と影の方には小さな畑もつくりました。
BBQしたら楽しそうです。

妄想は尽きませんのでこの辺で失礼。




この記事についてブログを書く
« リンゴのような家 完成見学... | トップ | H30地域型住宅グリーン化事業... »
最新の画像もっと見る

現場」カテゴリの最新記事