ギコバン日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

261229

2014-12-29 13:54:48 | 日記
今年の仕事は12/27で終わりました。

今年も忙しくさせてもらい、あっという間の一年でした。
年々一年過ぎるのが早くなる!と毎年思っていますが…。

年末の挨拶回りでOB宅に伺っていましたら

家を建てるとき、お腹にいた子が今は大きくなり、お遊戯会で3匹のこぶたを!

その時、「木の家は弱くないと!」言ったそうな…。
お母さんが話してくれました。

木の家が弱くないことを自分の意見として言えるようになったんだ~

成長しているな~

小さい子から応援してもらっていることに…。
感無量です。


自分は今年成長できたのだろうか?


小田和正のクリスマスの約束を録画で見ました。

毎年観るようにしています。
12/25深夜に放送するので録画で観ていますがこれを観て今年が終われます。

今年は今までの総集編でネットでは悪く書かれていたと思いましたが…。

よかったです。
ただ、ただ感動です。

今までの歴史を見ることが出来ました。
番組をつくる上での苦悩や迷い、闘いなど…。
垣間見ることができて、すごい刺激をもらいました。

あの、大スターが最初は…。
還暦を超えても挑戦している!成長している!進化している!

自分は進化しているのだろうか?

確かに頭髪は薄くなり変化はしていると…。


会社の忘年会はささやかに行いました。

電気屋さん社長ご夫妻にも、仕事中にもかかわらず参加してもらい少数で行いました。

約30年以上前、仕事上何の関わりもなかったのですが電気屋の社長と一緒に飲んだことを思い出しました。

私の家の大工家系の内情を知っておられ…。
いろいろ慰められたことを思い出しました。

その時、今はできないけれど…。
いつか一緒に仕事をする時が来ることはわかりました。


忘年会はなかなか楽しいひと時でした。


私の仕事は未来をつくることだと思っています。
予言者ではありませんが、少しだけ前を走らなければなりません。

それが成長!?

今年はもう終わりです。
悪いところの改良点が見つかったそのファイルは、来年必要ではありません。

過去のファイルは新しい年には必要ありません。

もっと進化し、未来をつくらなければと思っています。


「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人」

これはドラえもんの、結婚する前の夜、しずかパパがのびたを評したセリフです。

当たり前のことですが…。改めて聞くといいな~と思います。

家づくりはできるだけ低予算で、木が見えて、高断熱で、高耐久・高耐震で、つくる顔が見えて…。

当たり前のこと?

私たちの家づくりはあのセリフと同じではないか…。

「当たり前のこと」を忘れずに!

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

261210

2014-12-19 18:47:43 | 日記
先週、建築士の定期講習がありました。

9:30スタート、17:40終了!
一日中座っていました。

TVモニターとテキストを見ながら講義を受けます。

1時限目:建築基準法
2時限目:建築士法
3時限目:その他関係法令の改正等
4時限目:設計及び工事監理に関する科目①
5時限目:設計及び工事監理に関する科目②

一時限60分で最後の終了考査が60分あります。


講義が60分、休憩を10分。
この繰り返しであっという間に終わってしまいました。

テキストに赤線を引いて、付箋を貼っての繰り返しです。

これをしていないと終了考査で解けなくなります。
13時、60分昼食をとった後は睡魔が襲ってきましたが何とか…。

東京で一日中、歩き回っていた方がよかったです。

261215

2014-12-15 13:13:20 | 日記
引っ越しそばをいただきました!

七ヶ浜の薪ストーブのある家にて、引っ越しそばと山形いも煮をごちそうになりました。

木香舎の増野さんがつくった大きなテーブル、支倉常長の椅子が2脚、平椅子が2脚設置されました。




かなりの存在感です。

そばは増野さんが打ち、出汁は奥さんが!



ねぎを切っているのは薪を割る斧です。
包丁がありませんでした。

薪ストーブで温められた山形いも煮は建て主様ご夫婦が!



大きなテーブル中央にはフラワーアレンジメントの先生がつくった作品が置かれ、食事会がはじまりました。





人が住み、会話が聞こえてくるとテーブルや家が完成したのだと実感しました。



椅子の支倉常長



食事会は9人が大きなテーブルに座れました。
建て主様ご夫婦、奥様のご友人2人、増野さんご夫婦、伊藤工設計から3人、荒川、後藤、伊藤が出席し、自己紹介をしながらの楽しい引っ越しそば、食事会となりました。


増野さんに久しぶりにお会いできてよかったです。
自らそばを打って茹でてくれます。

おいしいものを口に入れると無口になります。
うちの子供は本当においしいものを食べたときは「ん~
としか言いません。

でも会話も食事の重要な要素ですね。

楽しかったので少し話をさせてもらいました。

またいつか、ごちそうになる?日を楽しみにしています。


261214

2014-12-15 12:41:48 | 日記
先週の休日は温泉に行きました。
富谷にある日帰り温泉です。

12月ですが…今年になって初めて温泉に入りました。

ぬるいお湯に50分!
気持ちよく、いろんなことを考えることができます。

普通の湯の温度は熱くて落ち着きません。

心臓がバクバクいってます。

露天風呂も気持ちいいのですが…。
長く浸かっていることができず、湯から上がるとこんどは体が冷めて…。
心臓がバクバク?

体力がないのかな~

この前の完成見学会では小さなお子さんが私をジーっと見ていました。
おじいさんに似ているとのこと…。


入るときは掛け湯をし、足を入れて5分、腰までで10分、首までで5分。
また戻って腰までで30分。

気持ちいいな~

一時間の休憩を挟んでもう1セット。

お昼は牛タンを頂きました。
家にいる次女がドイツに遊びにいったので、夫婦ですこし贅沢を!と思い…。

昼、牛タン定食を頂くと夕食はとりません。
牛タンのハーフ定食ですがお腹が重くなり…。


温泉に入って頭が活性されましたが
家に帰ってからのビールのおいしさで量がすすみ…。

結局、グタグタになり、いつもと変わらなく…。

「だって人間だもの!」の言葉を借りてしまいます。

261212

2014-12-11 15:59:29 | 日記
先月のガイヤの夜明けは「高学歴の大工さん」を放送していました。

たまたま見るものがなくチャネルを廻していたら(古い表現)目に飛び込んできました。

静岡にある平成建設は学生の人気就職ランキングで8番目だそうです。

1~5番までは大手ゼネコンの名前で占めますが、そのすぐ後に名前が出てきます。

この会社の特徴は大工、鉄筋工、型枠工等下請けに工事を任せず、全部自分の所で行ってしまいます。

なので、いろんな免許を取得します。
玉掛、重機、職長等…。


大工さんとして入社してくるのは東大、京大、慶応、早稲田、東京芸大…。
の大学院卒で一人二人ではありません。

10~20人?

自分で設計し、造ったみたいという強い志を持っています。

芸大卒の女性の方も頑張っていました。

会社では大工さんの技能の向上を目指して社内コンクールを行っています。

TVで放映されていたのは追掛け大栓継ぎ(伝統的な継ぎ手)を自分で墨を出し、加工し完成させるコンテストを行っていました。

画面的にはキレイに仕上がっていたように見えました。

仕事が終わり現場から帰ってきたら、自主的にコンクールに向けて練習していました。
体育館のような建物で何十人が練習を…。

キレイナ仕上がりは意識の高さ、レベルがわかります。

働いた分の賃金をもらえればいいのか…。
仕事が終われば位いのか…。
言われたことをこなせばいいのか…。


関東以南方は仕事に対する志は若い人から違うのかな~
と思いました。

先月、東京のジャパンホームショーの見学やセミナーを受講してきましたが…。


木材の名産地では各県ごとにブースを設け、自分の所で開発した各加工した木材等を出展し売り込んでいましたが東北地方での出展はなかったと思います。

セミナーを受講している人も若い方が多かったように思います。


平成建設の社長は1000人大工さんをつくりたいと言っておられました。
日本を支えているのは大工さんだと…。

すごい情熱を持っておられる方でした。

会社の研修は1~3年生は温泉旅行で親睦を高めます。

その上からは4~5人ぐらいで京都にある数寄屋造り等、実際つくった大工さんから解説や意見交換などを行うような研修です。


いろいろ刺激をいただきました。
まだまだやることがあるな~…。

261208

2014-12-08 11:20:37 | 日記
完成見学会が終わりました。

12/6(土)、7(日)は全国的に寒さが厳しく、見学会会場の外も寒かったです。




建物内はエアコン2台の暖房で十分な暖かさでした。
計算通りです…。

薪ストーブがありましたがいらないのではと…。
という声ももらいました。


新しい仕様の「gbスタイル」はいかがだったでしょうか?

打ち合わせ中はまだ構想段階でしたが、新しい仕様で考え、つくらせていただきました。
ありがとうございます。

2階の天井やキャットウォークは薪ストーブに合うのではないのでしょうか。



近所の方、親戚の方、建て主様家族、OBの建て主様、
ニュースレターを購読している方、ブランド化事業に参加している工務店さん、
広告を見てきていただいた方
寒い中、見学会に来ていただきありがとうございます。

今年はこれが最後の見学会になりました。
次回は来年の春ごろ予定しています。
またお会いできればと思います。