ギコバン日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

交通事故

2011-07-26 12:01:27 | 日記
7/24(日)の午前は契約を取り交わしました。
午後から書類を整理して名取の現場へ、クロス貼りの後の清掃(少しの動きで汗だく)。
終わってから秋保へ、市役所に提出する応急修理制度の見積書押印・打ち合わせに伺う。

7/25(月)の午前は昨日行った秋保へ、バルコニー屋根の材料が1枚足りないと連絡が入り、昨日通った道のりを…。水曜日には足場を撤去するので今日しかありません。
午後からは仙台市役所へ、階段で8階まで上がるも4階へ下がり(汗だく)、応急修理制度の見積書申請へ
夜は大工職会議。

こうして書くと無駄な動きが多く、気忙しく動いているのがわかります。

一度で済むところが…。



7月の初め頃、協力業者さんが交通事故に遭いました。

接触事故です。

車が180°方向を変え、横転しました。


後藤君が事故直後に通りかかりました。


車は廃車になりましたが幸い人は大事に至らなく、大丈夫だったようです。

交通事故ですが震災による事故と思っています。

仕事量が多く、考える量も多いのが原因と思われますが…。

生かされたものとして少しでも復旧工事に貢献できればと…。

すごく気負ってやっているわけではありません。
無理しているわけではありませんが…。

どっかに支障がでているのも事実です。

しかし、お客様の前では言い訳はできません。

こんな話を後藤君としていたら…。

「現場から会社までどうやって帰ってきたかわからない」
という時もあったようです。


注意して行こう!
気負わずに行こう!
普通でOK!


この事故がきっかけではありませんが無理しないで確実に!
と話しました。


今も新規で復旧工事の依頼を受けます。

本当は受けたいのですが
受けると他の仕事に影響が出ます。

心苦しいです…。


今の工事が進みません。これ以上お客様に迷惑を掛けられません。



そう思って進めてはきたのですが…。


先週の金曜日、朝、農道で後藤君が交通事故に遭ってしまいました。

本人は無事でした。
車が変わったりして、どこからか聞こえてくるのであえて公表します。


10mぐらい飛ばされました。

空中で何回転かしているようです。

着地した田んぼは荒れてなく、車の長さの直線が3本、稲に跡が残っていました。
落ちてからもバウンドして回転したのでしょう。


お互い無事でした。
死ななくてよかった。


車は廃車になりましたが
カスリ傷が少しとムチウチは当然出てくると思いますが仕事をしています。
(本人ががんばっているのかもしれませんが…。)

どちらが悪いというのはわからないようです。

相手は黒い車が見えなかったようです。

後藤君は考え事をしていたようです。

少し後藤君が有利になったようですが

警察ではケンカと同じく、両成敗で

事故や問題が起きるのは、お互いに問題があるからと…。

その通りです。

でも大事に至らなく、よかった!
本当によかった!

死んでいるぐらいの事故です。
生きて仕事をしているのが奇跡。



現場にて…
瓦屋さんからは最初に足を見られたそうです。
(幽霊でないか?と)

田んぼでトリプルアクセルを決められるのは後藤君ぐらいだと…。
まわりから言われ。



本人としては恥ずかしいことですが

言ってもらった方が、気が楽になります。

こんな風に言ってくれるのは仲間しかいません。

仲間は心を晴れやかにします。

私だったらしばらく何も考えられないと思いますが…。
一人で落ち込んでしまいますが…。

気丈にも現場で頑張っています。

何とか仕事をしています。
この文章を無事の報告と思っていただければありがたいです。



仕事は今、思うように進みません。
事前に工程を組んでいてもヨソの現場で遅れてしまうと
その後に工事をするところに影響が出てしまいます。

それを無理やりあわせたりすると…。
問題が発生します。

仕様変更は最初に、戻り図面・見積書を作らなければなりません。

メーカーさん、問屋さんから出てくる見積書も遅れています。

でも我々は、言い訳出来ません。

言い訳したら震災に負けたと思えてなりません。

問題があればひとつひとつ解決していくしかありません。


何があっても
顔、晴れやかに!頑張るしかありません。
無理しないで!

熱闘

2011-07-19 09:01:12 | 日記
なでしこジャパン!やりました。

日曜日は3時起床の応援!

あきらめない姿勢が結果を出しました。

感動しました。早起きしてよかった!




先週の土曜日は、松島にて上棟式がありました。

上棟式前日、急遽餅まきをすることに変更!
簡易の上棟式を予定していたので少し焦りましたが・・・。

前回の上棟式では式の流れや足りない部分がありましたので
今回は私が司会・進行係に!


2階で行ないましたが屋根がまだできていません。

暑い!暑い!



わたしの小さい頃は・・・。

クレーンがなかった時代。

近所の方が大勢手伝いに来て、柱を建て、梁を掛けました。

梁は両端にロープを掛け、みんなで引っ張ります。

「せいのーせい」こんな掛け声だったと思います。
一本一本、人の手を使って上げていきます。


わたしは小学生の中・高学年時には腰に釘袋を下げて
げんのう(金づち)を預けられ、屋根に上がって屋根板を打ち付けていました。

仮囲い、安全ネット、安全帯もない時代です。

子供が命綱なしで屋根の上に上がっているとは・・・。

今は怖くてあがれませんが・・・。
その当時、小学校の校庭ににあった遊具の丸太は難なく渡っていましたので問題ありません。
同じ世代の方であれば記憶にありますよね!

今、小さいお子さんが屋根に上がっているところを見たことがありません。

いたとしてもその前に止めるでしょう。
労働基準違反です。。。



上棟式には通常、建て主、家族、親戚の方+職人さんが上がります。

合計で奇数でなければなりません。
今はあまり関係がなくなりましたが・・・。

昔は人数の調整で私も他人の家の上棟式で餅を撒いたことがあります。

気持ちよかったですね~

その当時の建物は1階の柱が12尺(3.6m)で長く、2階の屋根の棟部分になると見晴らしがよくすごく得した気分!

屋根に上がる、上棟式に出るということは何か誰でもできない特権みたいなものがあって、すごい優越感でした。


上棟式が終わるとお供え物を屋根から下ろします。

はしごから人が降りる前に

野菜、果物、餅などを放り投げ、下にいる人がキャッチします。

これぐらいはいいのですがのこぎり、ノミは子供にとってきついです。

さすがノミは投げられませんでした。

10才からお腹を手術をする18才までこんな感じで上棟式をしていたな~

そんな記憶がよみがえりました。


いい上棟式でした。

暑い中、お疲れ様でした。

49

2011-07-12 10:09:40 | 日記
毎月第一日曜日は町内会の公園の草取りです。

先月は妻が出席し、その疲れかどうかわかりませんが体調を崩しましたので
今回は私が出席!

新班長さんから挨拶をもらったり
震災の時にお世話になりました、と声をかけてもらったり

久しぶりに気持ちのいい汗をかきました。

7時からですが10分前からスタート。
約一時間の作業!

疲れました~。

水曜日まで筋肉痛でした~。


おもえば、7月の誕生日で49歳になりました。

草取りで筋肉痛とは…。


筋肉痛が取れかかった日、誕生日を迎えました。

プレゼントは冷蔵庫?

子どもが生まれた時に買った冷蔵庫を20年間利用しました。

20年か~。

物持ちがいい伊藤家ではまだまだ使えますが…。

氷が簡単に作れる冷蔵庫がほしくて…。
そろそろ限界かな?
モデルハウスで利用します。

新冷蔵庫を買う時はいろいろの手続きで、すごく待たされました。

インターネットの回線乗り換えで
3万円の値引きだそうです。

ポイントが約1.7万円、計約4.7万円のサービス!

ん~。

なんだかんだ3時間!

昼食も遅くなって、足も限界!

…。

遅い昼食を食べにスープスパゲティか牛タン定食か迷い。

値段と前々から食べたかったスープスパゲティを選択。

うまい!満足!


夕食では早めのビール!(リッチに生)

次女からは扇子のプレゼント。

翌日事務所に東京にいる長女から、ゴアテックの散歩用帽子が届きました。

覚えていてプレゼントまで…。
しみるな~

ありがとう!