おもい出し日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

「高野原の家」完成見学会終了

2021-03-15 13:50:45 | 地域型住宅
3/7(日)と3/13(土)に開催した「高野原の家」の完成見学会が終了しました。
今回も完全予約制で行い、8組の方に見学していただきました。

最終日の3/13は大雨予報が出ていたので午前中までとし、午後から引渡しを行いました。

遠くから参加していただき、また雨の降る中、来ていただいたことに感謝申し上げます。

また家を、お貸しくださった建て主様に感謝申し上げます。



今回の家は8m×8mの総2階建てです。
面積は約38坪になります。

奥行きが1m少ない8m×7mの標準的な総2階建ての家は約33坪なので、広く感じたのではないでしょうか?

奥行きが8mの空間の広さや住設機器、照明器具、無垢床材等を確認できました。



今回大空間になりましたので中央に桧の大黒柱を設置しました。
サイズは16.5cm×16.5cmです。

東西の大梁と南北の大梁を、この大黒柱で受けています。
規格のサイズは18cm×18cmか15cm×15cmですが…。

18cmにすると太すぎて…。
15cmだと細すぎる…。

今回は、あえて18cm角から16.5cm角に削りました。
感覚的なものですが空間と照らし合わせてみてちょうどよかったと思っています。



お子さんの成長をこの柱に刻んでいただければ…。
床もキズを付けていいと思います。

思い出が記録できると思えば…いいのではないでしょうか。

また、家から見るロケーションがすばらしいです。
南側に道路があり、その先は林で遠くまで見渡せる場所に建っています。
これから新緑を迎えることを思おうと…いい環境です。



雨の中の引渡しとなりました。
雨でより寂しく感じますが…。

建物が我々から建て主様に移るだけで終わりではありません。
お付き合いは続いていきます。
これからも、よろしくお願いします。




最新の画像もっと見る