ギコバン日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

ランチ

2019-02-09 13:19:50 | 家族
平日の昼食は実家で母(82歳)が作る昼食をいただいています。

この日は殻つき牡蠣を蒸したものにロールキャベツ、タラのあら汁、ご飯は炊きたて…。
見栄えをもう少し良くすれば、料亭のようです。



ボリュームもあります。

いつも、「こんなに食べられない!もっと少なくして!」と言っているのですが…なかなか変わりません。

汁物系はとにかく熱いです。
罰ゲームなのでは?と思うほど熱い!
「こんなに熱くしなくても!」といっているのですが…変わりません。








土曜日はカレーの日です。
社員も食べられるようになっています。




打ち合わせが入るのですぐに食べられる「カレー」になっていますが…。
それに大量のおかずが付いてきます。

「すぐ食べられるようにカレーの日にしているのに!」
「おかずはつけなくてもいいから!」と言っているのですが…。

「まさか~」と言われ…。
毎回、同じことの繰り返しです…。

野菜も大量につくいつもの昼食の反動なのか、休日や日曜・祝祭日は外食をしたくなります…。

この前は、一人で大戸屋のかつ定食ランチ!
普通にうまい!



次の週は、ラーメンのだし廊で貝だし塩そば!



貝だしとなっていたので海の感じが強いかな~と思っていたのですが少しだけでちょうど良かった。

麺は平打ちで美味しかった!
肉は、堅い、中間、柔らかい、3枚の食感が楽しめました。

店の雰囲気も良かった…。
店のつくりとBGMの曲と音量が合っていたと思います。
従業員の接待や挨拶が気持ちよかった。

これらもだしのひとつになっていて、とても美味しくラーメンをいただくことが出来、勉強になりました。


むかしの工務店は…

むかしは上棟式を必ず行うものでした。
小さい頃、何度か参加させてもらいました。

上棟式は建て主様が協力をいただいた方にご馳走をふるまいますが…
その前日は工務店が職人さん、業者さんにご馳走を用意していました。

母が作っていました。何十人分も…。
力仕事をして帰ってくる人たちをもてなそうと…。

肉、魚、あら汁、酒、熱々のごはん…。

昼食は…むかし習慣が染みついているのでしょう。

外食をいただきながら…「むかしといま」が交差しました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 工事進捗状況190204 | トップ | 断熱性能について »
最近の画像もっと見る

家族」カテゴリの最新記事