ギコバン日記

伊藤工設計代表 伊藤 博範の日記。家づくりのお役立ち情報を発信。

お盆休みは…

2018-08-17 09:28:51 | 家族
子ども達が暑い東京から帰ってきました。

久しぶりに家族全員集合!
高校野球を観て、本を読んで、昼寝をして、毎晩ビールを飲む…。

息抜きしに帰ってくるので…そのような休みになったのかと…。

休日は少し仕事でもしようかと思いましたが…。
あえて何もしないことが休み明けの原動力になるのでは?と思い、何もしないことに!

お盆をそうして過ごしていると自然と仕事をしたい気持ちが増えていきましたが…。
子供達も同じだったのではないでしょうか。


母を連れて5人で外食をしました。
病院の帰りです。

叔母が入院していて毎月、母と面会に行っています。丁度伺う日だったので5人で行ってきました。

叔母は精神科の病院に入院していて私が保護者になっています。
八つ年上ですが私の子供と同じになっています。

法律上は私がすぐなれるものではないのですが…。
父が以前、保護者になっていましたし、誰もやりたがらないので…。

毎月入院費の支払いと顔を見てきます。

今回はお盆に重なったので、帰省した子供たちも一緒に!

叔母の顔色は良かったです。子ども達を覚えていました。
心臓が少し弱いのが心配ですが顔色は最近の中で一番でした。

精神病の患者が家族にいるのは気が重いとか隠したいとかあると思いますが…。
保護者になるにあたって、私にしかできないと思ったのです。
他の人には任せられない。

叔母を最低限幸せにできなければ仕事がうまくいくはずがない。
私はそう考えました。
叔母のおかげで今の自分があると思っています。

私の母も82歳で元気です。
「義理の妹の面倒を看る」という気持ちが強く、健康でいられるのだと思います。

そのおかげで母がつくった昼食をいただけるのです。
我々夫婦は月・火・金・土、社員は土曜日のカレーをいただけます…。

家族で外食は出来たし、これも叔母のおかげです。


今月の本1808



週末、森で (益田ミリ)
運は操れる (メンタリスト DaiGo)

お盆中、一気に読んでしまいました。
ミリさんの本にはいつもほっこりさせられます。
DaiGoさんの本はすごく参考になりました。本屋でふと目に留まった本でした。
出会えてよかったです。

長女が本を置いていきました。



西洋絵画 困った巨匠たち対決 (山田五郎)
こはる日記 (益田ミリ)
週末、森で (益田ミリ)
建築デザインの解剖学 (スタジオワーク)
生きるとか死ぬとか父親とか (ジェーン・スー)
天才はあきらめた (山里亮太)
生きるヒント (大宮エリー)

ずいぶん読んでいるな~
今度会う時は何か返そう!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« でんすけスイカ! | トップ | お盆明けの仕事状況 »
最近の画像もっと見る

家族」カテゴリの最新記事