戯人舎

『夢あるいは現』日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「夢あるいは現」日記 『この空を飛べたら〜』

2017-07-13 | 日記
 『この空を飛べたら』を初めて聞いたのは、中島みゆきの歌ではなくて、加藤登紀子の歌だった。場所は、天王寺野外音楽堂で、バックバンドは何とセンチメンタルシティーロマンスだった。突然の進路転換をして、劇団に入って何年か経った頃、初演出を経て、この野外音楽堂でも公演をやろうと思っていた自分の、その時の心情で聞いたせいなのか、5月の、しかも野外での、青空と風に運ばれて来る音楽とで「歌詞」とは別のイメージを抱いたのか、その後、この歌は僕にとっての応援歌になった。「ああ、人は昔々、鳥だったのかも知れないね」だから、色々あるけれど、やると決めたのだから、飛んでみようと。
‏ そんな想いをずっと持っていたからなのか、清水邦夫の『とりあえず、ボレロ』に出て来る「ボレロということばの語源知ってる?ボウラー、とぶという動詞なんだ。とぶ。一寸先の闇へとぶ。とりあえず、とぶ。そしてやぶれたら…そう、とりあえず、バイロンさ」と言う台詞に、ずっとシンパシーを感じていたし、戯人舎を名乗るようになってからのレパートリーの大半を清水作品が占めることになった要因でもあった。迷ったら、飛ぶ。とりあえず、飛ぶ。そして例え、失敗だったとしても、うだうだ思わないで「とりあえず、バイロンさ」と。
‏ 十年は一昔なら、もうそろそろ、昔、芝居をやって居ましたと、言わなければならない年月が過ぎない内に、再び「はるかなる戦いの日々」に復帰しなければならないと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夢あるいは現」日記 『信... | トップ | 「夢あるいは現」日記 『始... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆり)
2017-07-14 12:28:26
よく「とべ!」と言われたのを思い出しました。
「とりあえず、ボレロ」の台詞も今読み返すと感じることが10年前とはずいぶん違うものですね。
確かにこの台詞には勇気をもらえます。
Unknown (ゆり)
2017-07-14 12:30:08
再びの「戦いの日々」を楽しみにしています
十年ひと昔。 (Unknown)
2017-10-22 11:16:30
十数年ぶり…今年久しぶりに再び闇の中へ飛び出せば、そこにはあの時と同じ壁…何度同じ過ちを繰り返すのかと、己の愚かさを自嘲し不徳に恥入る日々…。
そんなとき、ふと目にした先生の『はるかなる戦いの日々』への復活宣言!
先生もまだまだ頑張っている…と励まされ、嬉しくて、自分もまた頑張ろうと心強く記事を拝見しました。
どうかこれからもお体に気をつけて、益々のご活躍を楽しみにさせて頂きます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事