おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

March 23 Mon 相撲協会に異議あり

2015-03-24 01:08:54 | 日記
ON
春場所が終わった。
照ノ富士の頑張りで最後まで熱戦を見ることができた。
概ね実力通りの結果に終わった。それにしても、大関の不振といい、大けが人の続出といい・・
人気回復といっても、相撲の神様は協会の運営姿勢を褒めてはいないと思われる。

そう言うと、力士の品格だの伝統の軽視のせいにする人がいる。
とんでもない。姿勢を正すべきは協会自身むであり、品格が足りないのはマスコミだ。
白鵬は最後まで無言を貫いた。ずるさではなく心の強さの表れと見る。
モンゴルの若者がいなかったら・・
千秋楽の結びの一番が琴奨菊と稀勢の里だったら・・。
大相撲は今頃・・想像するだけでも恐ろしい。

公明正大であるべきスポーツをゆがめるのは選手ではなく利権である。
マラソンの代表選考が物議を醸している。依怙贔屓は見苦しい。
ボクシングがすっかり人気が衰えたのはそのせいだと思う。
フィギアも採点の偏りが嫌で、見る気も起らない。
世のなかに不条理は満ち満ちている。スポーツぐらいは・・

宗教的かもしれないが、自分に悪いことが起こるのは自分に因があると思っている。
少なくとも、何でもかんでも他人のせいにして他人を責めるよりマシだ。
反省して成長の糧にする方がずっと賢い生き方だと思う。
大相撲がボクシングやプロレスのように一部の人たちだけのものにならない事を祈る。

March 21 SAT 惰性を極小にしたい

2015-03-22 01:17:33 | 日記
ON
3日間休んだ。1日目は疲れのせい。あとの2日は惰性によるサボり。
モリンガは明日で1瓶完食。1日4回で12日。
効果はハッキリしないが、悪くはない。何一つ悪化した兆候はない。
まあ、そのうちはっきりするだろう。とにかくメーカーの品切れ状態は続く。

この3日間ですっかり春めいた。
気温のせいか、モリンガのせいか、目の調子は良くなってきた。
代謝が良くなったのだろうか、やたら腹が減る。
しかし、そこで甘いものは禁物。フランスパンでカロリーを調節している。

毎朝体重を測定して管理している。やはり、ちょっとした食べ過ぎで変化する。
究極のダイエット。単に痩せればいいというのではない。
栄養不足も食べ過ぎ同様、健康に有害だ。
ダイエットをして痩せたというよりやつれた感じにならないようにしないと。

食事ではコメは一切摂ってない。ケジメをつけるため。
今日は仕事で疲れたので夕食後豆乳とフランスパンでカロリーを補う。
まるでパンを肴に豆乳で晩酌をしているような。
これが酒と刺身だったら・・物凄い身体への負担だろう。
正直、そう考えた。酒も刺身も食べたいとは思わない。
健康が維持できれば食べ物の味は重要ではない。
旨いに越したことはないが、2回目からは惰性だと思う。
ブロッコリー味噌汁も2回目はさほど・・・。

March 16 Mon ちょっと閃いたかも

2015-03-17 00:05:23 | 日記
OFF
モリンガパウダーのネット販売は品切れ。
幸い、近くのマーケットにあったので3個購入。
よかった。これで4月いっぱいは持つだろう。
確かに効果はある。炎症の治癒につながるかはまだ分からない。
前に書いた通り、たとえ効かなくてもフィリピンの人たちの助けになれば満足だ。

今日も大相撲を楽しめた。このところの"満員"は本物だろう。
今相撲を面白くしているは逸ノ城と照ノ富士の二人に尽きる。
それとこの若手に立ちふさがる白鵬の存在。
あとは勝ったり負けたりのマンネリ相撲。騒ぐほどのものは無い。

一番嫌なのは緊張したらガチガチになって負けること。プロなのに。
そのための稽古だろうし、何より力士は勝負師でなければ。
白鵬も数年前は白鵬オジサンになりかけた時期があったが、今は闘士に戻った。
パフォーマンスもいいが、大事なのは強さ。肉体的かつ精神的な。

それにけが人が多いのも嫌だ。見ていて痛々しい。
公傷制度を復活したら場所が成立しなくなるのではなかろうか。
自分の反省を込めて、ケガや病気はやはり本人の責任だと思う。
油断は禁物。一生懸命自分を磨くことに集中していたら油断は生じない。

メジャーの二人の日本人投手も明暗を分けそうだが、浮ついていたら・・。
因果応報は貫徹されている。何か今日ひらめくものがあった。
これから、理論的に体系化していこうと思った。ライフワークになるかも。

March 15 Sun 皆分かっているのに

2015-03-16 01:44:43 | 日記
Off
照ノ富士の連勝が止まった。豪栄道がまた負けた。
同じ負けでも人々の思いは真逆。関心の対象が違う。
前者はいつ横綱になるか、後者はいつまで大関を張れるか。
素質だけの問題ではあるまい。豪栄道程度の体格の横綱は数多いる。

素質とやる気(精神力・闘争心)などその力士のすべてから人々は判断する。
これは平幕止まり、あれは大関までいく、とか。
素質的には綱を張ってもおかしくない力士は日本人にも何人もいると思う。
努力次第でそうなれる力士はさらに多いと思う。それなのに・・。

おそらくハングリー精神だけではあるまい。
日本人は気を遣いすぎて萎縮する傾向が強い。
そのくせ勝ったときにはドヤ顔をする。
弱さの表現でしかない。本当に強い力士は勝っても謙虚なはずだ。

とにかく強くなるために何でもするひたむきさが足りない気がする。
我々見る側も、日本人だから、外国人だから、という認識は捨てるべきだろう。
強くなるためにひたむきに努力する力士、好きな力士を応援すればいいこと。
次第にそういう日本人が増えているのは嬉しいことだ。
変わらないのはNHKのアナウンサーだけか。

March 14 Sat 本能君、ありがとう

2015-03-15 01:11:31 | 日記
OFF
今日のイベントはヨドバシカメラ。完璧なミッションだった。
土曜日で客が多かった。中国語も飛び交っていた。近頃の福岡では普通だ。
ウォーク。平均より2分速かった。ただ、本能君は昨日ほど行きたがってはいなかった。
目の調子は今一つ。ちょっとした体調の変化や疲労が目に反映する。憂鬱だ。

瞬きを誘発して目の疲労を防止する眼鏡をテレビで紹介していた。
確かにいいだろうと実感する。パソコンの画面を見続けると瞬きがずっと少なくなる。
すると目に養分が送られず、ドライアイとか網膜の障害になる場合があるそうだ。
心当たりがないとは言えない。その眼鏡を持たない以上意識して瞬きをするしかないだろう。
若いころは平気でも年齢と共にすべてがおかしくなるから要注意だ。

ところで、本能君の続きだが、本能君はイメージで動くと考えられる。
一番分かりやすいのは結婚だろう。結婚は本能君が望まなければまず無理だ。
いくら形ばかり婚活に励んでも、本能君が結婚したくなければ、まず、いい相手は出てこない。
失恋を経験をしたり不幸な結婚の例を見せつけられたりすると、結婚そのものに二の足を踏む。
気が進まない。しらける。面倒くさい。そうやっているうちに・・。

本当に心から理解できる相手と巡り合ったら、人生は一変する。そんな感じがする。
お金とか生活とかも大切だが、二人で協力すれば何とかなる。
そういう人と巡り合うためには、そういうシーンをしっかりイメージして本能君に見せること。
本能君が本当に欲したことは邪な欲望でなければ必ず実現するという説もあるから。

家計を維持し子供を育てるというのは苦労も多いが、これほど楽しいことも無い。
独身で仕事に熱中しただけでは味わえない喜びがたくさんある。ドラマの通りだった。
僕らが結婚した後、周りで次々に・・・中には離婚した人もいるが。
とにかく、僕らが結婚できたのは本能君が危機感を持って頑張ったからだろう。
本能君、ありがとう。




March 13 Friday 本能君

2015-03-14 00:48:58 | 日記
ON
午後から暖かに。しかし、今日は仕事。ウォークに行きたかったのに。
正直、ウォークに行きたくない日はいくらもあった。
それでも毎日続けたのは"克己"という言葉があったからかも。
小学校の時、教室の黒板の上に額に入れて飾られていた。

潜在意識の存在を発見したのはフロイトである。
自分の心の中にもう一人の自分が住んでいる。興味深い。
それを知ってから人生観が変わった。
いつもそのもう一人の自分を意識するようになった。

これから僕の中の自分を本能君と呼ぶことにする。
今日の本能君は「ウェークに行かないのはもったいないよ」と言っていたようだ。
「仕事だからだめだよ」の僕の一言で決着した。
克己の精神も結構だが、本能君を無視したらあとで仕返しが来るだろう。

例えば本能君を無視してストレスだらけの人生を送るとどうなるか。
ガンや多くの重大な疾患につながる確率が断然高くなる。
逆に本能君に身を任せるような生活を繰り返すとどうか。
これも別な意味で破滅型人生だろう。ローン地獄に自己破産。

人生では本能君との折り合いが常に付きまとう。
本能君は人知を超えた判断力を持っている。予知能力とか透視能力とか。軽視できない
地震の前、動物が逃げ出すのは、居てもたってもいられないほど嫌な気分になるかららしい。
何となく嫌な感じがしたら、それは本能君からの警告である確率が高い。
止めておくに越したことはない。この次は体験した実例を示そうと思う。

March 12 Thursday 切り替えはどこまで・・

2015-03-13 01:02:53 | 日記
on
モカは記事を書かない。そのくせいろいろ口を挟む。
春だからというのでテンプレートを変えようとモカが提案したので了承。
春らしい明るくさわやかなのを所望した結果がこれ。まあこんなものか。
気持ちが沈み気味のときは身の回りを明るくするのが僕の原則だ。

仕事から帰って相撲を見ると日本人の3大関が全滅。
ダマシダマシの相撲ではこうなるのは当然だ。
実力の世界の厳しさが日本人にはなかなか浸透しない。
長年"ダマシダマシ"やってきたツケがこれか。
昨日は確かに大入りだったが、2日目や3日目は首をかしげるような満員御礼。
人気力士が次々にケガで休場というのも天の裁きに思えてならない。
審判のミスに対して誰も"物言い"がつけられない、問題にもならないなんておかしい。
反省のない組織に未来はあるのだろうかと思った次第だ。

スポーツ選手にケガはつきものとはいえ、一度壊した体は元へ戻らない。
特に体を酷使する人にとっては命取りになるだろう。
ピアニストが指を怪我する。歌手が歌いすぎて声が出なくなる。
日頃からよほど注意しなければならない。

ケガや病気を起こすときは、そういう感情になった時だ、と言われる。
慢心や驕りは以ての外だが、甘い考えも禁物である。
僕の場合は生活習慣病を甘く見たのが悔やまれる。
普通に歳をとっていくのは当然だと思い込んで甘く見ていたのだ。
死ぬまで矍鑠として生きるにはものすごい決意と努力が必要だった。

遅まきながら生き方を変えた。さあどの位まで・・。それだけだ。



March 11 Wednesday

2015-03-12 00:35:49 | 日記
Off 最終日
寒いというより冷たい一日。
ウォークは昨日より1分多かった。それでも平均より1分半は早い。
モリンガは今のところよく効いている感あり。あくまでも感なのだが。

バーベルのプレートを増やす。たった2.5キロなのにずしんとくる。
それでも25キロから始めて今や35キロ。
一月もせずにすぐ物足りなくなるだろう。当面の目標は40キロだが。
随分無駄な肉が筋肉に変わった。最初は35キロなんて、とても・・。
その数値が体の変化の証だろう。

若いころからもっと体に刺激を与えていたら・・・。
無知によるものとはいえ、一度しかない人生を考えると残念だ。
子供が脳や体の鍛え方を知る由もない。親の責任は重い。
確かに親には育ててくれた恩がある。しかし、現実には・・。

例えば、名前を付けるのは自分ではない。親だ。
僕自身、自分の名前はあまり好きではない。幸い悪い画数ではなかった。
息子の名前は、姓名判断を研究して、本人の代理のつもりでつけた。
今のところ、息子はその名前の通りの人生になっている。
一つだけどうしても避けられない気になる数字があるが、はっきりそれも出ている。
それ以外は何の心配もないのだが。

仮に親が無知なるがゆえに最悪の名前を付けたとしよう。
そういう字画もあるし、そのような名前の人を何人も見てきた。
正直、救われない気持ちになる。一方で、姓名判断なんて・・という気もある。
しかし、あまりにも名前の影響は大きいと思われてならないのだ。

結婚して苗字が変わった途端、運勢が変わる人は多い。
迷信かもしれない。気にし過ぎない方がいいかも。しかし、否定もできない。
芸能人やスポーツ選手なんかでも、名前を変えて変わる人は多い。
イチロー選手なんかその最たるものだろう。名前は怖い。親の責任は重い。

March 10 Tuesday モリンガ効果?

2015-03-10 23:57:19 | 日記
Off 2日目
今日の最大イベントは"モリンガ"。
フェアトレードをやっている"Girls Be Ambitious"という会社の製品。
原産地はフィリピン。ほんもののモリンガのパウダー。
凄い栄養があるそうだが、またいつものサプリと同じかも。
それでもフィリピンの農家の人々が喜んでいる番組を見たので買うことにした。
意外に近くに直売店があったので、ネット通販はやめて店に行った。

帰ってきてさっそく豆乳に混ぜて飲む。
抹茶か粉末青汁のような感じだが、飲みにくさは全くなし。
そのあとウォークに。昨日休養したのは、行きたくなかったからだが、今日は違う。
何となく体が軽い。タイムも近頃の平均より2分半ぐらい短縮。
やはり、何か凄い感じがする。夕方にはお通じ。異例の時刻だ。今日は確か2回目。

これだけ頑張っても目の調子が良くならない。
血流には気を配って運動は欠かしてないが、今度は疲労が溜まるのだろうか。
食事制限しているので、栄養の偏りがあるのかも。
糖尿病の場合に血糖値を下げ過ぎると意識障害を起こすのと同じか。
そうかといって薬無しなので食事制限を止めれば、すぐに標準値を超えそう。

血糖値を維持しつつ合併症の回復のための活力を維持する要あり。
血流だけでは活力につながらない気がする。
モリンガは栄養価が高く、しかも活力と若さを取り戻す効果があるそうだ。
本当にそうなら、こんなうれしい事はない。
とりあえず、どんな効果があるか1瓶試してみる。
1日目の感じでは、とにかく普通のサプリより明確な効果はあるようだ。
目にどのくらい効果があるかはまだ何とも・・・。



March 9 Monday されど、思い込み

2015-03-09 23:50:40 | 日記
Perfect Off
今日のイベントは歯医者と車検。滞りなく済んだ。
少しまた目の調子が思わしくないので、その他は何もしなかった。
自分の体の中で何が起こっているのかすら分からない。
自分はガンにならない、と思っても何の根拠も無い。思い込みだ。

思い込みでもいい、何かを信じないと生きていけないのも人間の性だろうか。
欧米で「君の宗教は?」と聞かれ「無宗教」と答えたらコミュニストに見られたそうだ。
普通の市民は宗教を持っているのが大前提なのだ。
日本人なら「仏教」と答えるのが無難と教えられた。

人知を超えた力は僕も感じる。それを勝手に"宇宙理性"と呼んでいる。
おそらく神も仏も世界のあらゆる宗教の源泉はこれではないかと思っている。
呼び方と思い込みの違いだけ。コミュニズムも宗教だと僕は思う。
単なる思い込みで殺し合いをしているなら、人類は何と愚かなことか。

転じて、恋人も夫婦も本当は思い込み共同体ではないかと思う。
"永遠の愛"なんか空想か勝手な思い入れ。一緒にいて心地いいかどうかだ。
それでもディープな関係になれる相手はごく限られている。現実に。
それを"縁"という不思議な言葉で巧みに表現しているのかも。

思い込みは思い込みで大事にすべきだと僕は思う。価値観とか倫理観とかがそれだ。
ただ、思い込みと現実を区別できなくなると危険だ。無理心中やストーカーは醜い犯罪だ。
自分ついても「こういう人間だ」と決めつけない方がいい。
柔軟に考えれば意外な良い面がたくさん見つかる。そういうものだ。