おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013年6月30日  一年の半分が過ぎた

2013-06-30 18:59:33 | 日記
今日で、6月が終わりました。
明日から、後半戦に入ります。
早いものですね。
ここ10日くらい、目が覚めたように、元気になり、
活動的になりました。
加速をつけて、年末までいけたらいいな。
腕の痺れは、だいぶん良くなりました。
夜は、ずっと机に向かっているし。
今日は、掃除の日で、1階と自分の部屋も掃除しました。
布団の向きを変えたら、えらくいい気分で、なにか関係あるのかな。
文書作りをしたり。
いろいろとやることは多いのですが。
八重の桜を見ていたら、外国の人からすると、自決する日本人は、
どう思われていたのかね、という話になりました。
今読んでいる本を見ても、日本が、アジアの独立につながった、という考えもあり、
日本の特殊性、特異な精神性に、目を向けてみるのも、一つだな、と思いました。
夜、自分の時間をすごすのが、楽しく、いろいろ調べるのも面白いです。
そういう自分の環境に、感謝します。
では、明日から、後半戦。
頑張ろう。
おやすみなさい。

June 30

2013-06-30 07:57:43 | Morning Message
Level-B ST-7.0 WT-34:20

十分に眠れた。11時半から6時半まで連続。
ただ、目の外側に違和感があって不快だ。原因は不明。
見え方に変化はなく、むしろ良いのだがちょっと心配だ。
今週は眼科に行かなければ。

昨日、注文していたヘッドフォンアンプが届いた。
コンピューターにつなぐとヘッドフォンで高級オーディオの音が楽しめる。
なるほど、素晴らしい性能だ。パソコンで良い音が楽しめる。
昔のように音がブツブツ途切れるようなことはない。

古いCDデッキにつなぐと、これまた音が生き返った感じ。
光ファイバーでデータを取り込むのでロスが無い。
最初だけだろうが、好い音にすっかり惚れ込んでしまった。
20年前のヘッドフォンでもこれだから、新しいのに変えたら・・
とにかく聴きながらぐっすり眠りこんでしまった。

今日で6月も終わる。
庭のシート張りもようやく大きな部分は完成した。
あまり人目を気にしない生き方をしている。
きれいになると逆にこれまでの自分が恥ずかしくなる。
ステレオの音もそうだが、慣れてしまうと気づかなくなるのだ。
ときどきチェックをしてみる必要かあることを痛感した。

迷っててもいけないが、自分に固執することもどうかと思う。
変化を恐れるだけでも、新しいものに飛びつくのもリスクは同じだ。
ウィンドウズ7に固執するモカだが、私はエイトに満足している。
世間一般では不評のようだが、あまり信用できない。
エイトがセブンより絶対に好いとは言わないが、流れは間違っていないと思う。
これは時間が経たなければわからないことだが、そんな感じがする。

2013年6月29日   庭仕事

2013-06-29 18:46:53 | 日記


朝から、また八幡宮へお参りに行きました。
すがすがしい気持ちになりました。
それから、ホームセンターへ行って、お花の苗を買ってきました。
玄関周りに、植えました。
前々から、気になっていたことです。
午後は、またシンさんと、庭仕事。
草をむしって、土を整地して、草よけシートを貼りました。
毎日少しずつ、やっています。
玄関周りは、かなり綺麗になりました。
炭酸水を飲んで、少し休んだら、もう夕食を作る時間。
あっという間に、一日が終わる。
昨日は、7時40分には、全部終わらせて、自分の部屋に入りました。
どんどん記録更新です。
亡くなった祖母は、夕方6時には、布団に入っていました。
その代わり、夏は、朝4時から、ゲートボールしていました。
孤独の時間にも耐えられることは、いいことだと思います。
私の孤独の時間を邪魔する人は、嫌いになります。
夜7時以降は、誰とも口を利きたくありません。
そうやって、どんどん自分を一人ぼっちに追い込んでいく。
でも、一人の時間こそが、平和で幸せです。
もっと人を好きになればいいのですが。
孤独を愛します。
では、おやすみなさい。

June 29

2013-06-29 09:31:10 | Morning Message
Level-A ST-6.8 WT-34:20

入念に体を緩めて、目もマッサージして寝たが、時間的には物足りない睡眠。
マッサージとは視神経のツボの刺激や目のストレッチとかを指す。
今朝の見え方は昨日よりずっといい。もっと早くすればよかった。
過去を振り向かないのを原則に生きているが、近ごろはこういうことが多い。
それだけ新しい試みをしているということだが、悔いは引きずらないことだ。
何よりも、悔いのないように生きるためには、それが一番の前提だから。

日常のどんな些細なことにも仏を感じるようにと修行僧は修行に励む。
仏とは人生の真理を指すのだろう。もちろん頭で理解できるものではない。
そこまで行かなくても、掃除の仕方一つにも人柄が現れる。
誰に見せるためでもなくきちんとした仕事をする人はいつの日か認められる。

ずっと昔、ドイツの主婦は専門職の意識が強いということを聞いた。
家の中に何がどこにあるか、すべてを把握し計画的に家を切り盛りする。
近ごろの日本にもそれなりに高い意識の主婦が増えている感じがする。
“それなりに”というところが問題だが、おざなりではないのは確か。
家事も極めれば奥が深い。立派な人生の修行の一つだと思う。

昨日は久方ぶりに地元球団が勝ったそうだ。
スコアを見れば江川選手の名前がある。およそ1年ぶり。
今年はレギュラーの地位を獲得できるだろうか。
実力の世界だ。ちょっとした油断や手抜きが命取りになる。
イメージを一新するような活躍。ファンが一番見たいものだが。

西武の雄星投手もエースの風格がついてきた。
ハンカチ投手もすっかり大人の顔つきになってきた。
マスコミに騒がれるのは本人にはメリットいうよりハンディだろう。
自分を意識するようになったらスポーツ選手はおしまいだ。

去年3割打てても今年も3割打てる保証はどこにもない。
ところが周りは今年も3割打てて当然という目で見る。
自意識過剰で自分を見失ったら奈落の底へ一直線だ。
ギリギリのところで勝負が決まるプロの世界は厳しい。

自意識過剰の人間はどこにもいる。
ボールに自分の名前まで入れていながら責任は無いと言う。
また、球界のドンがそれを支持する。マスコミは急におとなしくなる。
裏でどのようなやり取りが行われているのか。
ボールの変更をドンは知っていたのではないかと勘繰りたくなる。
ドンの意向で変更が行われていたとすれば、納得がいくからだ。

フェアプレーの精神はどこへ行ったのか。
メジャーにもいろいろ問題はあるが、ここだけは日本と違う。
権威主義と談合と面子ばかりが重んじられる日本球界。
男と男の命がけの戦いの場であるはずなのに・

2013年6月28日   久しぶりに晴れた

2013-06-28 18:34:04 | 日記
朝から、母を病院へ連れて行く。
買い物して、午前中は、のんびり。
午後は、畑仕事。
穴を掘って、刈り取った草や、EMを埋めた。
汗をかいたので、シャワーをかかって、すっきり。
冷たい飲み物で、くつろいだ。
おとといから、ずっと、寝てパソコンをすることはなくなりました。
体を起こしているのが、当たり前なのですよね。
今まで、姿勢悪すぎ。
机に向かっていると、本を読む気にもなるし。
仕事の契約も、決まったし、月末中にはっきりして良かった。
人との仕事のお付き合い・・・大切ですね。
いろんな情報も入るし。
電話をかけて、様子を聞くのも、仕事の一つですね。
冷たい飲み物とクーラーで、お腹を冷やしてしまったようです。
気をつけないと・・・。
どうやら五十肩らしい。
年には勝てません。
しかし、まだまだ、やることは多いのじゃ。
今夜も頑張ります。
では、おやすみなさい。

June 28

2013-06-28 09:35:10 | Morning Message
Level-A ST-7.8 WT-34:17

庭の改造で石運びをした。慣れぬこととて節々が痛い。
ウォークも調子は悪くなかったが少々バテ気味だった。
その代り睡眠はうまくいった。わずかずつだが見え方が改善している。
わずかでも積み重ねが一番だ。眼科はもう少し先延ばしにする。
もっと早く睡眠のことに気づけばよかった。
珍しいことだが、正直、悔やまれる。

考えてみれば睡眠不足は避けられない部分もあった。
毎晩息子の受験勉強に付き合って2時間は費やしていた。
その上、恥ずかしいことだが、ミステリードラマにはまって・・
目に悪いとは分かっていても、PCメガネをかけてまで見続けた。
今は全く見ない。見ようという気も起らない。なぜだろう。

睡眠時間を増やすと時間が足りない。それもある。
筋書きやからくりが読めるようになって見るのが面倒になった。
手を抜いているなとか、またかとか、・・こんなもんだ。
卑近なことではあるが、ここにも“解脱”のヒントがあるように思った。

暗記が苦手と苦にする生徒がいるとどっさり問題をやらせる。
もちろん、こちらもとことん付き合わなければならない。
一人ではやらないことは分かっている。
しばらくすると、またこれかと笑みを漏らすようになる。
そのうち、またですかと嫌な顔をするようになる。
そこで。「覚えるというのはそういうことだよ」と一言。
今の子はゲーム感覚でやるのは得意だが、こっちが疲れる。
これは奥の手だ。

確かにミステリードラマは卒業した。
しかし、ミステリーにはまった最大の原因は他にあると思っている。
息子の受験のストレスが想像以上に大きかったのだと思う。
その緊張から逃れるために、脳が息抜きを求めたのだろう。
周りがこれだから、本人のストレスは容易に想像がつく。
自らが東大現役合格を目標にしたが、大きなストレスだったに違いない。

それが合格発表の時の喜びになったのだろう。
ミスをして半ばあきらめていたのでそれに拍車がかかった。
パソコンをもって部屋から出てきて「あったよ」と言う。
次に「何か涙が出てきた」と照れ臭そうに言う。
こちらもグッと来てしまった。今思えばそれほどのストレスだったのだ。

本人が一番ストレスを感じている。親がストレスをかけるのはもっての外。
最悪の場合、子供の心を破壊してしまうことさえある。
私の場合もそうだったが、同時に親自身にも大きなストレスがかかっている。
自分のストレス管理には相当自信があったのだが。
テレビドラマで睡眠不足に陥っていたなんて自分に対して恥ずかしい。
今は健康を損ねるような“熱中”だけは絶対に避けようと思っている。

2013年6月27日   庭のピーマン

2013-06-27 18:36:03 | 日記


今日も、曇り空です。
庭にピーマンができています。
紫蘇も伸びてきたし、この頃、サラダには、毎日紫蘇を入れています。
午後は、玄関の道をきれいにしました。
シンさんと、道のタイルをはがして、草よけシートを貼り、
草もむしり、着々と進んでいます。
次は、お花を植えなくちゃ。
昨夜は、11時過ぎまで、机に向かっていました。
パソコンするのも、寝ながらするのはやめた。
体にsosが出ているので、姿勢が悪いことはやめます。
一日淡々と過ぎていく。
これでいいのだ。
夜、自由時間があるので、何の不満もありません。
だんだんお風呂に入る時間が早くなってきた。
8時には、自分の部屋に入ります。
では、今日も、頑張ります。
おやすみなさい。

June 27

2013-06-27 08:48:08 | Morning Message
Level-A SE-6.7 WT-33:19

目を覚ましたら5時過ぎ、それから2時間、根性で眠った。
眠るのも楽ではない。しかし、健康回復のためだと思ったら・・。
昨日のウォークタイムもまずまず。体重も標準+1㎏で安定している。
目の健康さえ取り戻せば何も言うことはないのだが。

どちらにせよ、一度壊れかけた体が元の強い体に戻ることはない。
健康に対する注意を怠れば即命取りになることを覚悟している。
病気になる前の自分と、“回復後”の自分は別人と考えるべきだろう。
これも捨てたものではない。新しい人生の展開を予感させるからである。

第一に小さなことにこだわらなくなる。
今までどうしても頭から離れなかったこともどうでもよくなる。
そして、その分、新しいことに心が向かう。
自己コントロールが効く分、行動も的確で素早くなる。

人生は後戻りできないのだ。
病気ほどそれを教えてくれるものは他に無いだろう。
他に得難い貴重な経験だと思えば病気もありがたいものだ。
薬でごまかしたり、簡単に諦めたらもったいない。

昨日話した友人も、聞けばタバコを止められないという。
インスリンを打ちながらタバコを吸う。信じられないことだ。
タバコは肺を汚すだけではない。血流が極端に悪くなるという。
わざわざ高い金を払って病気になるようなものだ。
タバコを吸うのが知性の低さの指標になりつつある時代。
ハッキリ言って、タバコを止められない人は病気も止められない。

すべてを捨て去って最後に残るものが本当の自分だという。
その境地ははるか彼方でしかないが、限りない憧れを感じる。
なるほど“人生は旅”というのは至言である。
ここでの旅とは心の旅を言うのだろう。
心旅と行っても、自転車で日本中を走り回る旅ではない。

そろそろ休暇も終わりに近づいた。
どうしても解けなかった証明問題をようやく征服できた。
どこにも書いていない新課程の教程だ。
教科書には「ということが分かっている」としか書いていない。
教育がこんなことでいいのだろうかと思う半面、達成感も大きかった。
1か月くらい悩み続けていた。あらゆる角度から考えた。
分かってみると意外に簡単。人生もこんなものかもしれない。

2013年6月26日   一日のんびり

2013-06-26 18:27:24 | 日記
今日は、お休みの日。
午前中は、DVDを観て、午後は、ゆっくりパソコン。
腕の痺れのため、寝てパソコンができないので、
ずっと机に向かっています。
これが本来の姿よね・・・。
左足の痛みと、左手の痺れ。
年のせいかなぁ。
長年姿勢の悪いままでいたのは、問題だったです。
天気は今日も悪い。
雨がしとしと。
二の腕が太いのは、毎日スーパーで重い買い物袋を持つせいだと思う。
そんなことも、痺れに関係しているのかもしれない。
今日は、わりとブログでいろいろやっていたんだけど、
コメントが来ないのは、自分がしないから・・・。
自分の活動不足なんですよね。
長年積み重ねるものだから、書くしかないね。
昨日、お寺で、お経を唱えてみたら、全部暗誦できた。
できる時と、できない時がある。
まだまだ練習が足りない。
気温も涼しいので、過ごしやすい。
暑い夏は・・・思いやられる。
机に向かうことは、いいですね。
夜は、本を読みます。
では、おやすみなさい。

June 26

2013-06-26 09:34:04 | Morning Message
Level-A ST-7.5 WT-🈚

疲労感を伴う寝覚め。何度かトイレに行ったが、よく眠った。
今は眠ることが自分にとって重大イベントになっている。
8時間が理想だと思うが、内心7時間以上でOKと思っている。
少なくとも壊れた部分の修復に十分な睡眠は不可欠だ。

昨日、血糖値に悩む友人に会った。
薬では下がらず、インスリンを打っているという。
医者にかかっても糖尿病は治らないという典型例だ。
効けば奥さんも医師に高血圧だと言われ信じ込んでいる。
かくして病人が作られる、ということだろう。

病気ではない。生活習慣が間違っているのだ。
自分の体は若いころと同じだという誤った認識に由来する。
おまけに医師に任せていれば治るという安易な発想。
そのうち自分は治らないという諦めになるが、医師には頼り続ける。
まるで教祖に頼り続けるカルトの信者のようだ。

幼馴染で心許せる数少ない友人なので哀れになってしまった。
普通は差し出がましいことは控えるが今回は別だ。
手元にある資料と以前服用して多少効果のあったサプリを差し上げた。
薬漬けになりたくないと思っていても手がかりがつかめない人は多いのだ。

高血圧なんて病気のうちには入らないと思う。
だのに、矛盾を感じつつもリスクを考え薬に頼る。治るわけでもないのに。
そのうち薬の効きが悪くなる。その後は?薬が手に入らなくなったら?
最良の策は自分を変えること。薬を利用しても頼ったらだめだ。
ここまで来ると薬も宗教も似たようなものだ。

今の日本は世界でも平和な国の一つだ。
宗教対立による殺し合い、残虐な奴隷的労働とは無縁のように見える。
しかし、果たしてそうだろうか。全く無縁といえるだろうか。
過労死や犯罪の増加はもちろん、“病人”の増加をどう説明するのか。
病気でないのに病気にされ。薬の副作用で一生を台無しにしてしまう。
これほど残虐で屈辱的人権侵害はない。
予防接種一つとっても安易に受けられない。それが現実なのだ。