おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012年5月31日   5月も終わり

2012-05-31 18:46:33 | 日記


庭の紫陽花が、見ごろです。
朝から、お風呂掃除。
目薬を買う。
パソコンで、相当眼が疲れている。
最近かすむし、少し控えないとね。



またまた、お昼から、ウォーキング。
慣れてきたのか、あまり疲れなくなった。
神社で、お参りするのも、いいことだし。
建設中の家やマンションを見るのも楽しい。




小川洋子さんの本をまた2冊
文体が好き。
コバート・アフェアも、今晩最終回を観ます。
映画より、アメリカのドラマは、時間的に、見やすい。
時代の流れに遅れている私ですが、少しずつ、アメリカンドラマも、詳しくなりたいです。
明日から、6月です。
来週は、ものすごく忙しいんです。
今週末だけは、自由。
もう一年の半分が・・・。
毎日飛ぶように早い。
年もとっていくから、無駄にしないように、時間を大切にしよう。

分からなくなった

2012-05-31 09:39:16 | 雑感
先日書いたように、しばらく目の調子が良かった。
ところが眼科の前の日になって、急に涙が出て鬱陶しくなった。
検査の結果、依然腫れが続いていると出た。
レーザーはほとんど効果なし。まだ出てないのかもしれないが、分からない。

血液検査のおかげで、血糖値は全く問題にされなくなった。
しかし、今でも平均値ではなく完全コントロールが必要ではないかと思っている。
リスクを伴うステロイド投与の前にやるべきことがあるのではないか。
難しい選択だったが、医師の意見に反して、もう少し様子を見ることにした。

炎症とは収まってしまえばそれで終わり。
皮膚炎などは跡形もなく消えてしまう。分からないねぇ。
アトピーはステロイドを使えばきれいに治るそうだ。
しかし、再発したら更に酷いものになるらしい。やがてステロイドも効かなくなる。
簡単には使いたくない。しかし、病状の進行も怖い。
心理的なものもあるかもしれない。ちょっと風邪気味のせいかもしれない。
考えれば切りがない。とにかくいろいろ調べてみることに。



どっちもどっち

2012-05-31 08:55:49 | 雑感
イチローとマツイのどちらが好きか、とモカに訊かれた。
人間観察の対象としては興味深いが、好き嫌いは考えたことが無いので心惑う。
モカは前者は冷たそうに見えるので、後者の方が素朴好いそうだ。
そういうものなのだ。人に対する評価は露骨にその人の価値観を示す。
その評価も好き嫌いで決まる。理屈は単なるあとづけ。それは真実だと思う。
ただ、好き嫌いだけで判断しないように、自らを戒める必要はある。

“鮮烈の再デビュー”と見出しが躍っている。
チームは負けても日本のマスコミは大騒ぎ。
ファンの喜びの声。これまで何度も見せられた。
日本のマスコミのレベルの低さにはウンザリだ。
とにかく記事にして新聞を売りたいのだ。
メダルがいくつと騒ぎまわって、そのために選手がストレスを感じる。
本人より家族の方が興奮して世話を焼いたら、受験生は・・・。

イチローもマツイも共通しているのは明るくないことか。
多分にマスコミの影響があると思う。
スターの宿命とはいえ、マスコミ対応だけで疲れるだろう。

向こうの選手のインタビューは「ヘイ、やったぜ」って感じ。
これに対し、マツイのインタビューは完全に“評論家”だ。
言葉を選び、感情を殺して優等生的な受け答えをする。
はっきり言って、選手が評論家になったら終わりだ。
何事をするにも考えなければならないし、考えすぎてもよくない。
結果がすべての功利主義のアメリカ。
相撲道、野球道、何でも“道”を重視する日本。その辺の違いかな。

ちなみに、隙か嫌いかはどうでもいいことだと思っている。考えたこともない。

2012年5月30日   ブロッコリー収穫

2012-05-30 18:59:54 | 日記


庭で取れたブロッコリーです。
少ししか取れませんが、ブロッコリーは大好き。
今日は、わりと寛いでいました。
午後から、ウォーキングにも行ったし。
家に帰って、体重計ったんですが、変化なしで、がっくり。
もう5月も終わりですね。
仕事のボスに、ちゃっかり誕生祝を買って準備するシンさん。
私も、シンさんも、お互い誕生日祝いなんて、しません。
だから意外です。
家族の中では、シンプルなつきあい。
お金かけることは、何もしないのですよ
でも、本が買えて、DVDも観れるし、幸せなことです。
テレビドラマの宣伝やってましたね。
外事警察。
カーネーションのあの男の人が出るのよ。
面白そうだわ。
本当に、この頃体調がいいです。
体重は重いけど、心は軽く明るくなりました。
さあ、ゴミ出ししてこよう。

強さとは何なのか

2012-05-30 17:06:39 | 雑感
レンジャーズのつまらないミスでマリナーが大勝。
歴然たる強さがあるように思われながらこの結果だ。
強さとは何かを考えさせられた。
アナウンサーや解説者はレンジャーが強い強いというが本当だろうか。
4番のベルトレもマリナーズにいる時は全く打てなかった。
別人みたいだった。プロの力の差なんて口で言うほど大きくないのかも。

数字の威力というか、良い数値が並んでいると強そうに見える。
大部分はチームの雰囲気や適切な対応やチームのやる気なのかもしれない。
ただ、力の差や技術の差は確かにある。
マリナーは相手投手が弱いときは相当打てるところまで来ている。
イチローを下位に追いやるぐらいの覇気が若手に欲しいね。
余りにもチームの雰囲気が暗い。気力の高まりが技術を上げチームを強くする。
責任の擦り合いよりチームを引っ張ることが大切だと思わされる。今後どうなるか。

盗み打ち

2012-05-30 11:34:11 | 雑感
現在HR王のハミルトンのHRをライヴで創めて視た。
ちょっと気をそらせた間にバックスクリーンに打ち込んだ。
とにかくあっという間だった。こういう打ち方もあるのだ。
意識する前に、気が整わないうちにことを済ませる。
おそらく、これだけのHRを打っているかげにこの打ち方あるのだろう。

意図的に気を消す。相手は物凄い分析をしている。
ルーキーでもない限り警戒されるとそう打てるものではない。
それでもふっと気が抜けるときがある。
そこを狙う。あるいはその状況を意図的に作り出す。
無意識的にやっているのかもしれないが、そこに秘密があるように見えた。
無意識的ならちょっと調子が下がれば打てなくなるだろう。
もし意識的ならホンモノだ。盗み打ち、忍者のような技だ。

マリナーズが勝っているが逆転されそうな雰囲気だ。
マリナーズは全然ダメだが若い良い選手がたくさんいる。
チームの雰囲気を打破したら強いチームに急変身するような気がする。
とりあえず、今日勝てるかどうかだが。

瀬戸際

2012-05-30 09:54:58 | 雑感
今、ゴジラがHR。たまたまだがライブで見てしまった。
昨日昇格して、もう先発出場。いかにもアメリカらしい。
第3、弟4打席がどうなるか、しかし、とにかくこれで挨拶は成立した。
もし数試合ノーヒットだったら・・・。先日の五十嵐の例もある。
よほどド派手なことを続けなければ未来は開けない。瀬戸際だ。
あまり大騒ぎして復活を阻害しないように願いたいもの。

珍しくマリナーズにHRが出た。
これが流れになれば惨めな試合を続けなくてもいいのだが。
HRはやはり凄いインパクトがある。
打つためには相当の集中力が必要だろう。
欲が出ると空回り、少しでも気を抜くとスランプに。
マスコミ対応に振り回されたら・・・。
とにかく、静かに見守って欲しい。おそらく最後のチャンスだろうから。

2012年5月29日   シンさんの病院へ

2012-05-29 19:25:20 | 日記


朝から、仕事場の立会いがあったので、急いで行く。
帰ってきて、シンさんの病院へ。
待ち時間か長い。
なんとなく流れが悪いのを感じた。
お昼過ぎに終わって、長崎ちゃんぽんを食べて帰りました。
疲れていたのに、午後から、自分の部屋の片づけを始めて、
机を移動したり、ごそごそ。
夕食は、ハッシュドビーフ。
子供が怪訝そうな顔で、お皿をのぞいていましたが、ちゃんと食べてくれて、
嬉しかった。
一つ、子供用のメニューが増えた^^。
夜は、シンさんは、会合。
慌しく、片づけをしております。
忙しかったが、無事に一日終わった。
ありがたいことだ。

2012年5月28日  宇治抹茶あん食パン

2012-05-28 18:42:23 | 日記


数日前から、食べたいと思っていた抹茶パンを買いに、天神まで行ってきました。
ショッパーズの道路隔てて前にある、小さなお店。
宇治抹茶チョコリングとあん食パンを買いました。
家に帰って、食べてみたんですが、すごくおいしかった
もう一つ用事もあって、そこに近い場所だったので、済んで良かった。
午後は、シンさんとウォーキングへ。
いつもの道ですが、なかなか気持ちよいです。
抹茶パンを買いに行く、というのも、すごいモチベーションです。
あー、気にかかっていたことが済んだので、気分すっきり。
夕食後、母が話題を口にして、そうか、最近世間話をしていなかったことに気付く。
明日から、なるべくたわいない話でも、心が寛ぐのですから、会話に気をつけたいと思いました。
抹茶パンは、シンさんは食事制限で食べられないし、子供は食べないというので、
今夜の体重計は、恐ろしいことになりそう。
パン好きの友人を思い出しました。
元気にしているかな?

人生は変えられる

2012-05-28 08:36:29 | おぴにおん
テレビで禁煙にチャレンジする若い人の密着取材を流していた。
鳥越俊太郎の医療番組。近ごろは医療機関で禁煙をサポートするらしい。
禁煙というより、脱煙と言う方が正しいかも知れない。
若いころたばこを止めたときの経験を思い出してしまった。
もちろん、サポートする薬などない時代なので自分の意志だけで止めたのだが。
以下はそこから分かった事柄。

まず人間は自分を正当化するためにいろいろ理屈をつけるということ。
番組でも「タバコを吸うとリラックスできる」とか「至福のときを味わえる」とか。
番組では言っていなかったが、欧米の研究によればそれは完全な錯覚だそうだ。
タバコはかえって緊張感を高めるものらしい。
普通の人はタバコがなくてもイライラしないが、喫煙者はイライラする。
そこでタバコを吸うとそれが解消されて“いい気分”を味わえるらしい。
自分で自分にストレスをかけて、それからの解放感を味わっているだけ。
明らかに中毒症状であり、健康のリスクに見合うものではないだろう。
ストレス解消は重要だが、身体を痛めるようでは元も子もない。
欧米ではもはやタバコは麻薬の一種のイメージが定着しているそうだ。

実際に駅で見たこともあるが、番組の中での喫煙所の風景は印象的だった。
俗に“目が据わったような状態”とでもいうのだろうか。
目つきが変わっている。動作は赤ん坊が乳首を吸い続けるようなイメージ。
心理学では「タバコは幼児の愛情欲求の代償行動」だそうな。

気分を変える方法は他にいくらもある。
第一、他人にも大きな迷惑をかける。子供のいる人などもってのほかだ。
音楽を聴いたり、静かに瞑想したりするだけでも十分落ち着く。
番組でも紹介していたが、カギは快楽感を生じさせる脳内物質ドーパミン。
喫煙以外でこれを発生させるパターンを作り上げればいいのだ。
タバコは止められる。自分は変えられる。人生は自分で変えることができるのだ。