佐々木まゆみのよりあいnet

日々の暮らしの気になるあれこれ

ヒラリーの敗北宣言に力をもらう

2016-11-15 19:02:25 | 政治
アメリカの大統領選挙の結果が出たとき
「えっ、うそ…」というのがわたしの感想でした。
当選したドナルド・トランプが公約として掲げた
人種差別的な政策や
これまでの女性蔑視発言の数々を考えても
予想だにしなかった結果です。


ヒラリーの敗北宣言スピーチを読みました。
彼女が最初に語っているのは
選挙戦に勝ち抜けなかったことの落胆、無念さ、痛み、
そして支援者への申し訳ないという気持ちです。

わたし自身、2015年の統一地方選で
市議会議員選挙へのはじめての挑戦が
次点という結果に終わってしまいました。
その時の悔しい思いと、
力になってくれた人たちへの
申し訳なさでいっぱいになった気持が蘇りました。
痛みはなかなか去らず、外に出たくない期間が続き
生活の立ち直しにもずいぶん時間がかかりました。

彼女のスピーチの後半に続いていたのは
とても力強いメッセージでした。
とりわけ印象深かったのは
若者たちと女性たちに向けた言葉です。

若者たちへは
「正しいことのために闘うことには価値があるのだと,
信じ続けてください。」と語り
女性たちへは
「あの一番高いところにある,もっとも硬い
『ガラス天井』を打ち破るに至りませんでした。
でも,いつか誰かが打ち破ります。
その時は,わたしたちが考えるよりも早いことを願います」と。

そして、すべての小さな女の子たちには
「あなたたちがいかにかけがえのない力溢れる存在で
どんな時でも自分の夢をめざして
実現する機会がそこにあるのだということを
けっして忘れないで」とメッセージを送っています。

どんな結果だったとしても、そこからがはじまりであり
「正しいことのために闘うことには価値がある」という彼女の言葉に
とても大きな力をもらったような気がします。

自分を振り返ってみると、
立候補という一つの決心によってはじまった行動から
他では得られないような経験や
多くの人との出会いとつながりが派生しています。
つらい時期を支えてくれた人たちの顔を
一人ひとり思い浮かべながら
わたしは、また動き出そうとしています。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿