goo-ギボウシブログ  オリジナルギボウシの追求がテーマです

ギボウシの育成
岩ギボウシの交配実生育成をしています
当ブログの、画像の無断使用・転用はお断りいたします。

ギボウシの育成

2009-12-17 17:00:00 | Weblog

 今日は予報では曇りであったが、朝のひと時この冬の初雪が降った。  やはり冬至が近くなった為、ここ数日気温も低下して寒くなって来ました。  
朝起きて庭を見ると霜柱が立っていて、庭の水道は凍っていました。  今後庭の水道は、冬の間は水抜きに切り替えておく様にしなければなりません。  

         

 こちらは今朝の初雪で雪化粧の万両の木です。  

 こちらも同じく侘び助椿の木です。  やがて来る春に咲かせる蕾がしっかりと準備されています。  

 こちらは斑入りの柊(ヒイラギ)ですが、やはり雪化粧です。  この木は最近、室内用のクリスマスツリーとしても利用される事がある品種です。    

 一方こちらは冬のギボウシ実生加温育成によって、産声?をあげているギボウシのベビー達です。  現在次々に芽が出て来ています。  
今年も水槽加温室の中に、エチレンガスの効果を期待して、りんごを一個入れています。(笑)  
尚、 冬のギボウシ実生加温育成は昨年から始めて2回目であり、今年は自信を持って実施しています。  
外は冬枯れの季節ですが、加温室の中はまるで春のようです。 
v(〃⌒ー⌒〃)    

 こちらは一年前の冬の、実生加温育成の岩ギボウシ交配種の若い個体です。  休眠に入る直前に加温室にいれて加温管理継続していますが、再び葉の中心から、新しい葉の展開が始まっています。  冬の間どんな成長を見せてくれるのか楽しみです。  

 数日前(12月11日)に初めて歩き出した孫が、たちまち歩く様になり、自分でも嬉しいのか『エヘ!エヘ!エヘ!』と笑い声を出しながら、手を広げて、バランスを取って歩いています。  一日一日と歩く距離が長くなって来ました。  ますます目が離せません。(笑)( ̄ー ̄;汗

             


コメント   この記事についてブログを書く
« ギボウシの育成 | トップ | ギボウシの育成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事