goo-ギボウシブログ  オリジナルギボウシの追求がテーマです

ギボウシの育成
岩ギボウシの交配実生育成をしています
当ブログの、画像の無断使用・転用はお断りいたします。

♪日本ミツバチ 採蜜♪

2019-10-04 18:13:19 | 日本ミツバチ飼育

  日は台風18号の余波なのか?一日雨模様の予報である。

強い風を心配していたが、それほど荒れなくて終わる様だ!。

ここの所ずいぶん涼しくなって来ている。

今日の最高気温予報は24℃となっている。

久しぶりの投稿です。

今年の4月27日頃、自然界から捕獲した日本ミツバチの群れから、採蜜出来たので、その様子です。

こちらは重箱式巣箱の最上部の箱です。 この群れは捕獲した時から飛び抜けて強群だったので、ご覧の通りです。

この様な状態を見たことがある人は少ないのでは!。?

 

こちらも同じです。

 

巣箱から巣板を取り出した様子です。 白い巣蓋がされていて全て貯蜜層です。 理想的な状態です。

最初は何も無かった巣箱に入居して、ミツバチ自身がここまでにしたのです。

 

一部を包丁で切ってみると、蜜が光っています。 熟成蜜である事が分かります。

 

こちらは上部から2段目の巣箱です。 やはり貯蜜層が続いています。

 

やはり巣板を取り出してみた所、貯蜜層が続いていました。

まだ巣箱内には蜜が残っている為、冬越しには問題ないと思っています。

 

植物育成用のワーディアンケースの中で、地球の引力を利用した、自然滴下式蜜絞りの様子です。

この方法は、以前に自分で考案して実施済でしたので、今回は極めて手際よく実施出来ました。♪ヾ(@~▽~@)ノ♪

いつも不思議に思うのは、ミツバチ自身が消費出来ない程の量の蜜を、何故貯めるのか!。? これがミツバチの本能なのかな~!。?^_^;)

日本ミツバチの蜂蜜(百花蜜)は、大量生産が出来ない為、とても希少で高価な蜜です。

採蜜、蜜絞り後の様子については、また後日に紹介したいと思います。

 

今日はここまでです。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 秋の山草と斑入り植物展は今... | トップ | ♪日本ミツバチ 採蜜その後♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2019-10-04 19:55:31
日本ミツバチを買われていたのですね。さぞ美味しい蜂蜜でしょう。
kazuyoo60さん (gibousisuki)
2019-10-05 08:27:21
kazuyoo60さん~~~ヾ(^∇^)おはよ~!。♪

数年ぶりに今年の春に日本ミツバチの群れを捕獲したんですよ~!。
その群れからの採蜜です。

コメント、サンキュウ!。♪

コメントを投稿

日本ミツバチ飼育」カテゴリの最新記事