goo-ギボウシブログ  オリジナルギボウシの追求がテーマです

ギボウシの育成
岩ギボウシの交配実生育成をしています
当ブログの、画像の無断使用・転用はお断りいたします。

ギボウシの育成

2009-12-22 10:00:00 | Weblog

 今日も穏やかに晴れている。  ここの所の寒さも今日は少し和らぐ予報が出ていて、数日前に降った雪も、これで融けるのだろうか? 現在日陰の所にはまだ雪が残っている。  

本日は冬至であり、先日採ってきたユズを風呂にでも入れて、ゆっくりとユズ風呂を楽しもうかと思っている。  

今日の山は先日の雪で、麓の方まで全体が白く輝いている。

 また今日は上の孫の保育園の発表会であるが、見には行けず、その下の先日歩ける様になったばかりの、孫のお守りをしている。  

         
 今日も過去の画像を振り返り紹介します。  やはり径時変化を見て見ましょう。  

 こちらは福島県産の原種岩ギボウシで〔福の祭〕と言う品種です。  天冴えの覆輪で、ごらんの様に出芽の状態から黄覆輪がとても美しいです。  この品種の場合は、あくまでも黄覆輪で、白覆輪に変化しない品種です。  
4月27日撮影の画像です。  

 こちらは展示会に出品された時の画像で、黄覆輪がとても美しい状態です。  現在この個体はまだ数本しかない稀少な品種です。  葉はやや細葉ですが、両端がフリルの様な感じに波打つのが特徴です。  

5月30日撮影の画像です。   

 こちらは前回も紹介しましたが、岩ギボウシ交配種の若い個体です。  現在水槽加温室で20~30℃の環境下で管理していますが、葉の展開が始まっています。  展開の葉を見ると斑の状態がはっきりしていませんので、この様な個体は後冴えだと思います。  しかし古い葉の冴えた状態は大変お気に入りです。  今後の成長が楽しみです。  この様な状態は古い葉が枯れ、新しい葉に変わって行く時期なので、間も無く古い葉が一枚二枚と枯れると思いますが、現在はまだその気配は感じられません。  ちなみにこの個体は、花が咲くようになったら交配にも使えそうな個体ですので、期待しています。  


 こちらも加温育成中の岩ギボウシ交配種ベビーです。  この個体も後冴えの様です。  古い葉を見れば冴えた状態が想像出来ると思います。  

 こちらも同じく加温育成中の岩ギボウシ交配種のベビーです。  こちらは天冴えと言って良いでしょう。  大変丸い葉でお気に入りです。  古い葉を見れば分かりますが、斑がまだ暴れていますので、今後どの様に変化するかは不透明です。  斑が安定する事を期待しています。  

 昨日孫達が新型インフルの予防注射を打って来た。  副作用が出ない様に祈っている。  

      merry Christmas!  

コメント

日本ブログ村バナー

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村