goo-ギボウシブログ  オリジナルギボウシの追求がテーマです

ギボウシの育成
岩ギボウシの交配実生育成をしています
当ブログの、画像の無断使用・転用はお断りいたします。

ギボウシの育成

2009-06-30 14:00:00 | Weblog

 今日は明け方には雨が降っていたが、現在曇りで、このまま回復に向かう
のでしょうか?。  風も無く静かな状態です。

     

 こちらは岩ギボウシ多摩の雪の〔多摩暁光〕と言う品種です。  先日も紹介しましたが、
その後、数日間陽に当てて管理してみた結果は、少し黄色が冴えた様に感じます。
私はこの程度の色で観賞するのが良いと思っています。
今後の成長が楽しみです。

 こちらはやはり岩ギボウシ多摩の雪の〔多摩幻影〕と言う品種の、芋吹かしの苗です。
この状態で見ると雪白中斑に見えますが、大きくなると萌黄色の中斑になります。

 こちらは上の画像の苗の親株で、〔多摩幻影〕と言う品種です。  最終的には
この様な色の中斑に仕上がる品種です。


 こちらは覆輪斑入りのタラの木です。  小さい実生苗を見つけて育てている物です。
自分で見つけた個体なので愛着があります。

 こちらにはリアトリス(キリンギク)の花が咲き出しました。  上から下に咲き下がる
花です。  その後ろに写っているのは八房の金チャボひばです。

 軒下の巣箱のスズメの雛は、まだ数羽が残っているようです。  巣箱の入り口から
外の様子を見ていますので、巣立ちは時間の問題です。  巣立った雛はまだ尾羽が
短く、上手には飛べない様です。  雛にとっては最も危険な時期でしょう。
姫シャラの木の葉の中に隠れる様にして、親からの給餌を受けています。

     

コメント

日本ブログ村バナー

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村