goo-ギボウシブログ  オリジナルギボウシの追求がテーマです

ギボウシの育成
岩ギボウシの交配実生育成をしています
当ブログの、画像の無断使用・転用はお断りいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

♪久しぶりのギボウシ♪

2021-09-02 13:12:34 | ギボウシ秋

  

久しぶりの投稿です!。(^_^;)

数日前の暑さから一転して寒くなっています。

着る物を秋物に変えました。

 

今日は久しぶりにギボウシの写真の紹介です。

こちらは、以前にも紹介しましたが、岩ギボウシの〔大洞錦〕です。

まだ美しい状態を保っています。

この品種の場合は、斑の状態が暴れるので、なかなかこの様に理想的な状態にならないです。

 

こちらは実生選抜の〔那須の宝光〕と言う品種です。

現在花芽が上がって来ています。

 

こちらは実生選抜の個体です。

後暗みしない奥多摩系岩ギボウシ〔白鳳〕に似ていると思います。

 

岩ギボウシの、最強羅紗葉個体です。 大変マニアックな品種です。

 

こちらはウナヅキギボウシ〔剣の舞〕と言う品種です。 羅紗葉で、この品種もマニアックな品種です。

なかなか一般には、出てこないかも!。?

 

こちらは岩ギボウシ原種の〔那須の光〕と言う品種です。

ややオレンジ色に見える覆輪が美しいです。

 

尚、今年もアオバズクの観察をしていましたが、最後に撮影した写真がこちらです。

その後、友人から電話が入り、今年の雛は巣立って行ってしまったとの事でした。

残念ながら今年の雛は観れませんでした。

 

今日もここまでです。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

♪アオバズク続報 ムラサキギボウシ♪

2021-07-15 16:44:55 | 野鳥の撮影

  

今日も天気は不安定で、時折通り雨が降ったり、晴れ間が出たりの連続である。

全国的にゲリラ豪雨が観測されている様なので、雨雲レーダーを気にしながら

過ごしている。

 

再び今日もアオバズクの観察に行った。 その様子です。

今日も♂と思われる一羽のみであった。

 

今日もほぼ何時もの場所で休んでいました。

 

一羽のみ観れるのは、もう一羽の親鳥は樹洞の中で、雛と一緒に過ごしていると思われる。

 

まだこの状態だと雛の巣立ちは先の様だ!。 しかし例年を考えると、あまり遠くない将来に

雛が巣立つと思われます。

 

ここからはギボウシの紹介です。

地植えにしているギボウシが綺麗なので、撮影しました。

 

左手前がムラサキギボウシです。 このギボウシの素晴らしい所は、あまり知られていないかも

です。 花芽が上がって来ている状態です。

 

葉が大きく育つと、丸葉で、白覆輪も見事です。

 

花が咲きました。 丸い濃色花で、見事な花です。

 

一般的にギボウシの花茎は垂れ下がってしまいますが、この品種は花茎が

直立して、1m以上の高さになります。

 

あまりに見事なので、撮影してみました。

他でもこの様に育っているギボウシがあるかも知れませんが、

それがムラサキギボウシと知っている人は少ないかも知れませんね!。

 

今日もここまでです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

♪今年もアオバズクに会えました♪

2021-07-08 11:23:01 | 野鳥の撮影

  

今日もこれから雨になる予報で、現在外気温が28℃程度です。

大変蒸し暑い感じです。

 

久しぶりの投稿です。今年も再びアオバズクが観られる季節になりました。

撮影を続けていますのでその紹介です。

こちらが繁殖の為に渡って来たアオバズクです。 約1年ぶりに会えました。

最初はなかなか見つからなくて、もう諦めかけて、帰ろうとしたその時に、

やっと見つけました。約1年ぶりに会えて、最初の1・2枚の撮影はドキドキします。 

と言うのは、最初は警戒心が強く飛ばれてしまう事があるからです。

6月23日撮影。

 

片脚で止まっている状態は、リラックスしている証拠です。

金色のまん丸の目が撮れて嬉しかったです。

 

こちらは6月30日撮影です。毎年観られる場所の近くにいました。

この状態から、♀鳥は現在抱卵に入っているものと思われます。

 

アオバズクはこの様に観ると、おちょぼ口に見えますが、小さなネズミ等は丸のみに

する事と思われます。

 

この足爪で掴まれたら、もう逃れる事は出来ないかも!。?

 

こちらは再び最初に観た場所です。7月7日、昨日撮影です。

 

何故巣から少し離れている場所に居たかは不明です。 巣の中では既に雛が孵化している

頃かも!。? 今年も雛の巣立ちが観れるかな~!。?

撮影出来るチャンスは、雛の巣立ちから1日~2日程度しかありません。雛の巣立ち間近に

なると、♂♀が同時に観れる様になります。

 

オマケ

山はヤマユリが咲くシーズンです。 とても良い香りに包まれています。

 

こちらはヤマユリの花に吸蜜に訪れたカラスアゲハ?です。

 

今日もここまでです。

 

※連日の大谷翔平選手の活躍に、♪(*^∇^)/□☆□\(^∇^*) かんぱーい!♪

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

♪超希少なミヤマスカシユリが咲いた!♪

2021-06-09 11:20:00 | ヤマユリの育成

  

今日もよく晴れている。 時折吹く風が気持ち良い。

ここ数日は暑くて、外での仕事はNGです。

当地での今日の最高気温予報は、27℃となっています。 有り難くない気温です。(^_^;)

熱中症情報に、〔水分・塩分補給を忘れずに〕!、となっています。

 

マニアが育てている、超マニアックなユリが咲いたので紹介です。

こちらは開花直前に撮影の、ミヤマスカシユリ(武甲山の産)です。

武甲山と言えば、今は石灰岩の採掘で、山の形は変わってしまいました。

そして今は、武甲山でこのユリを見る事は殆どない様です。

先人が脈々と育て、今に残してくれた極めて希少な品です。大切に育てて、次の世代に残さな

ければなりません。

 

開花した状態です。 この品種は茎が細く、花が大きく重い為、極端に垂れ下がるのが

特徴です。 茎が折れてしまうのではと心配になるほどです。(^_^;)

自分的には、まだ咲かないだろうと思っていた球根が、意外に花を咲かせてくれました。♪

ミヤマスカシユリと言えば、茨城県奥久慈(袋田)系と、武甲山系しかないと言われている

極めて貴重な品です。

 

こちらも同じです。

 

一方

こちらは、岩手県産のヤマスカシユリです。 この品種も極めて希少なユリで、北日本の

限られた狭い地域にしか無いユリです。 このユリの場合は、茎が斜上してやや垂れ下がる

程度です。 そして葉はイワユリに似ている感じです。

双方共にイワユリが、内陸の環境に順応して進化した物と言われています。

自生している場所は、石灰岩質の断崖絶壁の、人が簡単には近づけないテラスの様な場所です。

自生地でも垂れ下がる様にして咲いています。

 

イワユリほど花弁が反転しない様です。

双方共に、茎葉に対しては、花が巨大に見えます。

 

今日もここまでです。 

 

♪展示会情報♪

斑入り植物展

期間 2021年6月11日(金)~6月13日(日)

時間 9時~16時(最終日は15時)

共催団体 那須斑入り植物愛好会

那須野が原公園 緑の相談所. TEL 0287-36-1220

栃木県那須塩原市千本松801-3

会員が丹精して育てた山野草斑入り植物等の、即売品も有ります。

数に限りが有りますので、入手希望の方はお早めに!。♪

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

♪ギボウシ展示会画像紹介♪ 鮎釣り ムシトリナデシコ

2021-06-07 10:00:00 | 那須野が原公園

  

今日は午前中は曇りの予報で、午後から晴れるらしい!。

最高気温は25℃の予報になっている。

 

今日もギボウシ展示会に出品された品の一部の紹介です。(画像のみ)

ギボウシ展示会画像紹介は、ここまでです。

 

オマケ

こちらは昨日の散歩の時に撮影の、那珂川の鮎釣りの様子です。

6月1日に解禁になっています。

 

こちらは、川の向かい側に咲いていたムシトリナデシコです。 肉眼で見た時、

色変わりが咲いている様でした。 望遠で撮影したらやはり色違いの様です。

解像度は悪いですが、証拠写真です。

この様に、自然界では稀に突然変異が出現します。とても興味深い事です。

 

今日もここまでです。

 

♪展示会情報♪

斑入り植物展

期間 2021年6月11日(金)~6月13日(日)

時間 9時~16時(最終日は15時)

共催団体 那須斑入り植物愛好会

那須野が原公園 緑の相談所. TEL 0287-36-1220

栃木県那須塩原市千本松801-3

会員が丹精して育てた山野草斑入り植物等の、即売品も有ります。

数に限りが有りますので、入手希望の方はお早めに!。♪

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本ブログ村バナー

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村