ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

2度目の亥年

2019年01月17日 | 其の他

“現実とは思えない光景”という喩えが在るけれど、実際にそういう光景を目にする事は、そう多くは無い。

 

半世紀以上生きて来た自分だが、実際に目にした“現実とは思えない光景”となると、「日本航空123便墜落事故での、余りに悲惨な墜落現場。」や「アメリカ同時多発テロ事件で、ワールド・トレード・センター航空機が突入した場面。」、「地下鉄サリン事件で、大勢の被害者が運び出されている光景。」、東日本大震災で発生した大津波に、街が飲み込まれて行く光景。」、そして「阪神・淡路大震災で、大火災に見舞われている街の光景。」だ。

 

其の「阪神・淡路大震災」が発生したのは「1995年1月17日」で、今日、彼の日から24年目を迎えた。1995年は「亥年」で、今年も「亥年」。2度目の亥年を迎えた訳だ。

 

来年は25年目という事で、丁度四半世紀」を迎える。悲しい事に人間の記憶は、時の経過と共に薄れて行ってしまうもの。彼の怖ろしい光景を脳裏に深く刻み込んでいる積りの自分ですら、当時の恐怖心を保てている自信は無い。

 

3日前の記事「風化に繋がらないで欲しいが・・・」の中で(阪神・淡路大震災の発生した)時刻に拘るので無く、彼の日を思い出し、犠牲者を偲ぶ事が大切だ。という言葉を紹介したけれど、此れからも「1月17日」という日を迎える、犠牲者を偲んで行きたいと思っている。

 

合掌

ジャンル:
日記
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 田淵幸一氏が選ばれるとしたら | トップ | ルイヴィル・モハメド・アリ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信じられない (雫石鉄也)
2019-01-17 09:07:45
「現実とは思えない光景」24年前、私は神戸市東灘区の自宅で経験しました。高速道路が横倒しになるのを見ました。信じられませんでした。
テレビがあと数センチこっちに落ちていたら、私はここで、こうしていなかったでしょう。
>雫石鉄也様 (giants-55)
2019-01-17 11:59:33
書き込み有り難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

彼の日、自宅を出る前に「関西方面で大きな地震が在った。」という事を知りましたが、まさかあんなにも凄い状況だったとは・・・昼食を取りに行った先で、TV画面に映し出された光景を目にして愕然としました。

本の少しの差で命運が分かれるという事は少なからず在りますが、雫石様の場合も正にそうで、だからこそ余計に彼の日の記憶が強烈に残っているでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。