ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「オリバー・ツイスト」

2006年02月06日 | 映画関連
誕生から70周年記念という事で、デジタル・ニューマスター版「風と共に去りぬ」が上映されていたのを先だって見て来た。数多くの映画を見て来たが、未だに一番好きなこの作品。もう20回近く見たというのに、それでも又見たくなってしまうのだから、病膏肓に入るとはこの事か。ヴィヴィアン・リーのスカーレット・オハラはこの上なく美しく、クラーク・ゲーブルのレット・バトラーは歯噛みしたくなる程のニヒルな二枚目さを、これからも永遠に記憶され続けて行くのだろう。

そして、昨日は「オリバー・ツイスト」を観賞した。19世紀のロンドン、養育院で育った孤児オリバー・ツイストが9歳になり、生まれた救貧院に戻される所から物語は始まり、さもしい救貧院の委員達から追放処分を受けたオリバー少年の波乱に満ちたその後の生活を描いている。

19世紀のロンドンの町並みが上手く再現されている。又、郊外の風景は、そのまま切り取り、額縁に入れて飾りたい程の美しさ。ストーリー展開も悪くは無い。*1しかし、最後に残ったものは救われない思い。幸せを掴んだ筈のオリバー少年に対してですら、「他者を信じ切る事が出来たのだろうか?」と複雑な思いが湧く。おすぎ氏が、61年間生きてて良かった。だってオリバーツイストに出会えたんだもの!とCMで叫んでいたが(良くまあ、あれ程迄に「泣きました!」とか「感動しました!」の安売りが出来るものだと感心もするが。)、正直そこ迄の内容かなあという思いは在る。「男たちの大和/YAMATO」には滂沱させられたが、この映画では涙が出る迄には到らなかった。

期待が大きかった分、点数は辛めに79点という所か。

*1 「オリバー・ツイスト」なる小説は以前から知っていたが、恥ずかしながらその作者が誰なのかは全く知らなかった。映画を見ていて登場人物や内容が何処となく、幼少時に好んで読んだ絵本「クリスマス・キャロル」の持つ雰囲気に似ているなあと思ったのだが、それも当然で、作者は共にチャールズ・ディケンズ氏で在る事を観賞後に知った。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
« 「わが人生記」 | トップ | コナンの切手 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔の・・・ (syuu)
2006-02-06 09:00:46
 昔のイギリス。なんだかいいですよね。私も行ったことはないですが、好きです。映画で見る限り。昔の感じが出ているのでは?と思った映画で、今でも好きな映画があります。切り裂きジャックの話をもとに出来た映画のようで結構怖いのですが、(ジョニーデップ主演の映画でした)あの街のようすや、なんともいえない雰囲気はとても好きです。そう、昔の横溝映画のようなものですね。

 ヴィヴィアン・リーですか・・・。そう言えば昔、初めて「ローマの休日」を観てヘップバーンに一目惚れし、その後の「麗しのサブリナ」でさらに惚れ、彼女の黒づくめの衣装(黒いぴったりシャツに黒いサブリナパンツ、黒いパンプス?)を真似したのが懐かしいです。彼女の妖精のような純な美しさ、今の女優さんではなかなかいないですね・・・。(でも、あの透明感は故夏目雅子さんを彷彿とさせます)
はじめまして (あん)
2006-02-06 09:17:24
全体のクラシカルなトーンがとっても好きです。様々なであいが人の運命を変えていく面白さと怖さを感じました。

それにしてもディケンズは20代でこの小説を書いたとか、すごい!Tb失礼します。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-02-06 14:06:01
こんにちは♪

おすぎはこころからあーいうことを言ってるのでしょうか?

もちろんお金もらってますよね(爆)

彼の評は耳にしたくないと思っても露出が多くて自然にきこえてくるので困ります~。
TBありがとうございました (ななな)
2006-02-06 14:14:59
おすぎさん怖いです(笑

私にとってはこの映画ホントたいしたものではなかったのであのCMを聞くたびにはぁ~?って感じになってしまいます。
TBありがとうございました! (Ken)
2006-02-06 21:59:06
はじめまして!

僕はほとんどテレビを観ないのでよく知りませんでしたが、おすぎさん、そんなこと言ってたんですか!

いくら宣伝とはいえ、仮にも映画評論家、あまり持ち上げすぎると評論家としての信用に関わってきますよね。

この映画、よくもなければ悪くも無い、普通の映画だった気がします。
コメントありがとう御座いました. (あん)
2006-02-07 08:58:18
早速おいで頂きうれしかったです。あんはテレビを見ないのでおすぎが何を言ったのか知りません。きっと大袈裟な言動だったんでしょうね(^O^)想像はつくわ。
好きな映画 (帆印)
2006-02-08 06:29:30
チャールトンへストンが好きで、「ベン・ハー」に感動したし、「大脱走」にも、ビデオはみな持ってるが・・。

デジタルマスターで、やってくれるなら俺も映画館に行くわい。

ありゃ、大画面で見るものだと・・。



オリバーツイストは、まだ見てないから、コメントしずらいが・・。

似たような映画で、

ジョニーデップ出演の「ネバーランド」は良かったなぁ
オリバー繋がり (♪~)
2006-03-24 18:38:49
久々に足跡残させていただきます。

(gooからココログに引越しして内容も変更しました。)

「オリバー・ツイスト」を眺めながら昔のミュージカル映画「オリバー!」を思い出しました。

TBさせていただきましたのでよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

47 トラックバック

シネマ日記 オリバー・ツイスト (skywave blog)
制作費80億円、19世紀のロンドンを再現。室内のシーンは、薄暗く重厚な英国の雰囲気満点。映像のリアリティと美しさは、さすが「戦場のピアニスト」のポランスキー監督。 そ
オリバー・ツイスト☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ディケンズの『オリバー・ツイスト』って、たぶん小学校のときに読んでるはず 孤児の少年 ロンドン 少年スリの集団 彼らの親玉のフェイギンじーさん 断片的な記憶が残ってるんですけど^^;微妙に忘れてたりして、、、 ポランスキー監督と、こんな正統派名作 ど...
行き倒れのプロのお話 「オリバー・ツイスト」 (平気の平左)
評価:45点 オリバー・ツイスト 監督:ロマン・ポランスキー 出演:バーニー・クラーク  ベン・キングズレー 東京国際映画祭特別招待作品。 2006年正月第2弾ロードショーらしいです。 東京国際映画祭では、バーニー・クラークが舞台挨拶に来ました。 まぁ
オリバー・ツイスト (ネタバレ映画館)
 JRの列車に乗ったときによく耳にするメロディ「鉄道唱歌」(作曲:多梅雄)を思い出してしまうテーマ曲。列車に乗ることができればオリバーも疲れなかったろうに・・・  ちょっと前まで『オリバー・ツイスト』と『オスカー・ワイルド』とを混同していました。もしかする
『オリバー・ツイスト』  (京の昼寝~♪)
涙のあと、幸せはやってくる。 ■監督 ロマン・ポランスキー■脚本 ロナルド・ハーウッド■キャスト ベン・キングスレー、バーニー・クラーク、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン□オフィシャルサイト  『オリバー・ツイスト』   19世紀のイギリス。 救
オリバー・ツイスト (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
  涙のあとには希望の光が イギリスの文豪ディケンズの小説の映画化です。 何とディケンズは20代の時にこの名作を書いたそうです、すごい!{/star/} 手がけたのは「戦場のピアニスト」で世界中の賞賛を浴びたロマン・ポランスキー。 「自分の子供達も楽しめる作品を一本
オリバー・ツイスト/ Oliver Twist (我想一個人映画美的女人blog)
61年生きてきて良かった!とか何とか、\"おすぎ”がまた叫んでた。。。{/hiyo_shock2/} お金いっぱいもらっといてそんなこと言われたってね~。 これまでも数回映画化されている、文豪チャールズディケンズの名作を 「ローズマリーの赤ちゃん」「戦場のピアニスト」のロマ
「オリバー・ツイスト」   Oliver Twist (俺の明日はどっちだ)
産業革命の急激な進展によって貧富の格差が増大し、さまざまな矛盾がありながら社会的に意識されきれていなかった1800年代のイギリスを舞台としたチャールズ・ディケンズの小説を、ロマン・ポランスキー監督が新たに映画化した「オリバー・ツイスト」。 そうした社会背景は
オリバー・ツイスト (色即是空日記+α)
試写会行ってきました。 期待しすぎたかもしれません。 私が冷酷だからかもしれません。 感動の涙は流れませんでした。    文豪チャールズディケンズの名作を ロマン・ポランスキー監督が映画化。 今年度アカデミー賞最有力!! というふれこみで、おすぎも
『オリバー・ツイスト』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
ロマン・ポランスキー監督 19世紀のロンドン、孤児のオリバー・ツイストが孤児院を出てから、数々の苦難を乗り越え逞しく生き抜く日々の物語。 ポランスキー監督の描く、リアリティ溢れたオリバー少年の物語です。 『戦場のピアニスト』でもそうでしたが、主人公が迎
『オリバー・ツイスト』 (異国映画館)
2005年 イギリス チェコ フランス イタリア 公開日:2006/01/28 劇場鑑賞06/01/28           オリ
オリバー・ツイスト 【2005年】 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
アメリカやイギリス人なら誰でも読むと云われていたらしい文豪チャールズ・ディケンズの原作をモトに作られた映画『オリバー・ツイスト』。そんな原作を「今で言うならロード・オブ・ザ・リング」と言い切った水野晴郎。え?その例えってアリ? さてさて、ミュージカル「オ
「オリバー・ツイスト」 (てんびんthe LIFE)
1月17日「オリバー・ツイスト」九段会館で鑑賞 こういうじっくり見る作品は九段会館では見たくなかったけど仕方ありません。このところ九段会館続きですが、私の好きなシートはどうも寒いんです。風邪引きそうなほど。冷風がふわーっと来る。この試写状、他のは当たらな
映画「オリバー・ツイスト」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「オリバー・ツイスト」★★★☆ ロマン・ポランスキーがディケンズの名作を映画化。「アカデミー賞」だの「感動大作」だのおすぎの絶賛だの、あまり耳に入れないようにしていたのだけど・・・。 原作を知らないので、オリバーを次々と襲う運命から目が離せない
オリバー・ツイスト (映画を観たよ)
来年公開。 ずいぶん速い試写だと思ったらマスコミ試写でした。 マスコミの方々がいっぱいの中で観ました。 来年公開でも見たい方は東京国際映画祭で上映なのでそちらで。 「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督の作品です。 ミュージカル版「オリバー」は観てませ
「オリバー・ツイスト」 (首都クロム)
 衛生状態の悪い環境で、オリバーの撃たれた傷が完治するかどうかちょっと心配でした。  あの世界で子供が生き抜いていくことは、本当に厳しい事なのだと感じました。大人も然り。お金がものを言うような印象ですね。その中でフェイギンは、行く当ての無いような子供たち
「オリバー・ツイスト」 (試写会帰りに)
厚生年金会館にて「オリバー・ツイスト」試写会。 チャールズ ディケンズの原作。「戦場のピアニスト」で2002年のカンヌ映画祭パルムドール、アカデミー監督賞を受賞したロマン・ポランスキー監督最新作。 オリバー・ツイスト〈上〉 オリバー・ツイスト〈下〉 原作は未読、
オリバー・ツイストその2 (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『オリバー・ツイスト』2006年1月28日公開。 オリバー・ツイスト オリジナル・サウンドトラックサントラ オリバー・ツイスト〈上〉本 オリバー・ツイスト〈下〉本 オリバー!DVD1968年版 ■訪問者様にお願い■ ←お手数ですが一日一回のクリッ
オリバー・ツイスト OLIVER TWIST (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
チャールズ・ディケンズ原作 ロマン・ポランスキー監督 ベン・キングズレー、バーニー・クラーク主演 19世紀英国で孤児として育ったオリバーが救貧院を追放され ロンドンに出てスリのフェイギン一味に加わります 仲間とスリに出かけ ブラウンロー氏と知り合いますが オ
映画館「オリバー・ツイスト」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
文豪チャールズ・ディケンズの小説をロマン・ポランスキー監督が映画化したもの。ミュージカル版の「オリバー!」を先に観ようか悩みましたが、今回はこちらを先に観ることにしました。 文芸作品を映画化したものは、あまり期待をしないように観るようにしています。小...
【映画】オリバー・ツイスト (セルロイドの英雄)
\"Oliver Twist\" 2005年フランス/イギリス/チェコ監督)ロマン・ポランスキー出演)バーニー・クラーク ベン・キングスレー ジェイミー・フォアマン ハリー・イーデン リアン・ロウ エドワード・ハードウィック満足度)★★★☆ (満点は★5つです)ワーナー
★「オリバー・ツイスト」 (ひらりん的映画ブログ)
本日二本目の映画・・・ おすぎがCMやってるのでちょっと怪しいが・・・ 何度も予告編見ているので、大丈夫かと・・・
オリバー・ツイスト (ルナのシネマ缶)
英国の文豪チャールズ・ディケンズの 名作を『戦場のピアニスト』の巨匠、 ロマン・ポランスキーが 壮大な予算で映画化した作品です。 ミュージカル版「オリバー!」は、 昔観た事があるんですが・・・ たしかマーク・レスターが 主役だった事くらいしか覚えていませ
滑稽と風刺・19世紀にみる近未来/『オリバー・ツィスト』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●オリバー・ツイスト● 監督:ロマン・ポランスキー 出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー おすぎさんの「60年生きていて本当に良かった!」のTVスポットが盛んに流れている感動大作『オリバー ツィスト』。今日は割引の日なので、高崎109シネマズに行ってき.
オリバー・ツイスト (ひとりごと)
今回のレビューはちと辛口かもしれません。 天涯孤独の小さな少年、オリバー・ツイストの波乱万丈の物語。 チャールズ・ディケンズの原作を読んだことはないし、過去にミュージカルとして映画化された「オリバー!」も未見です。 この映画は、分類としては「いい話」なんで
「 オリバー・ツイスト 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ロマン・ポランスキー 主演 : バーニー・クラーク /サー・ベン・キングズレー /ハリー・イーデン      公式HP:http://www.olivertwist.jp/ 原作は、「 クリスマス・キャロル 」などの名作を世に送り続けた、文豪チャールズ・ディケンズの名作 ...
オリバー・ツイスト見ました~ (Whaddya say?)
オリバー・ツイスト〈上〉 チャールズ ディケンズ, Charles Dickens, 中村 能三 オリバー・ツイスト〈下〉 チャールズ ディケンズ, Charles J.H. Dickens, 中村 能三 ●公式サイト● ■イギリス/チェコ/フランス/イタリア製作 ■上映時間 129分 ■監督 ロマ
オリバー・ツイスト (It\'s a Wonderful Life)
過去に何度もテレビや映画化されているチャールズ・ディケンズの物語。 1968年に製作されたキャロル・リード監督のミュージカル「オリバー!」は アカデミー作品賞・監督賞、他数部門を受賞している作品で マーク・レスター(オリバー)とジャック・ワイルド(...
映画のご紹介(93) オリバー・ツイスト (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(93) オリバー・ツイスト- 人間って、そんなに気高く 生きられるのだろうか。 オリバー・ツイスト! この映画は、ディケンズの名作「オリバー・ツイスト」を映.
オリバー・ツイスト-(映画:今年21本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロマン・ポランスキー 出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン、エドワード・ハードウィック 評価:68点(100点満点) 公式サイト 暗い。 意味がよくわからない。 これでは感動の涙もあ
【劇場鑑賞8】オリバー・ツイスト(OLIVER TWIST) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
涙のあと 幸せはやってくる。
オリバー・ツイスト (cinema capsule)
誰もが知ってるディケンズの名作を、意外にも?!ロマン・ポランスキー が映画化。オリバー役、バーニーくんの憂いを帯びた瞳が素晴らしい。 ★「オリバー・ツイスト」 2005年フランス・イギリス・チェコ 監督:ロマン・ポランスキー 出演:ベン・キングスレー    
「オリバー・ツイスト」を観に行きました!! (たっちの病弱日記(主に風邪))
「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督の最新作「オリバー・ツイスト」です。 主演のバーニー・クラークは13歳。それなのに、あの無気力な役を演じる演技力ですよ。 来日した時は、ずーっとゲームしてたらしく、かなりのゲーム好きらしい。 イギリス映.
オリバー・ツイスト (利用価値のない日々の雑学)
余りにも有名なチャールズ・ディケンス作品の映画化である。余りにも有名なというのは、一般的に読み物としてというよりも、エンタティメントの世界で余りにも・・・ということである。特にこの世界では過去に色々な形で何度も作品化され上映された。こういう表現をすること
オリバー・ツイスト  -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
      誕生日当日の夜、千尋が何をしていたかというと・・・なぜかママと一緒に親娘でレイトショーを観に{/ee_3/}{/kaeru_cry/}凄い面白かったからそれはそれで充実してるんだけどね{/hiyo_face/}  観たのはアカデミー賞監督ロマン・ポランスキーが手がけた19世紀英
■オリバー・ツイスト (ルーピーQの活動日記)
救貧院に連れて来られた孤児・オリバー・ツイスト(バーニー・クラーク)は、腹を空かせた皆を代表しておかわりを要求し、追放処分になってしまう。一旦は葬儀屋に奉公させられるが、不当な仕打ちに耐え切れず逃げ出した。行く当てもないオリバーは、遥か彼方のロンドン.
オリバー・ツイスト (impression)
『戦場のピアニスト』の巨匠、ロマン・ポランスキーがチャールズ・ディケンズの名作を映画化。 19世紀の英国。救貧院に連れて来られた、オリバー・ツイストは、粗末な食事に腹をすか
ディケンズ原作、ロマン・ポランスキー監督「オリバー・ツイスト」 (シネマつれづれ日記)
チャールズ・ディケンズ原作、ロマン・ポランスキー監督という事で期待していたのですが、少しガッカリでした。 公開時のコピーが、“涙のあと幸せはやってくる”だそうだが、この言葉に尽きるというか、この言葉以上でも以下でもありませんでした。 20数人いた観客の
オリバー・ツイスト (幸田回生)
 イギリスの国民作家ともいわれる、ディケンズの原作に、  監督はポランスキー。
「オリバー!」:ジャック・ワイルド死去 (《 Show Must Go On! 》 人生は舞台です。 アナタはそこに何を見る?)
昨夜からいきなりマクベスに呼ばれているような気分になった。ということで、先日買い
『オリバー・ツイスト』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某出版社で当選した 『オリバー・ツイスト』の試写会に行ってきた。  《私のお気に入り度:★★★
オリバー・ツイスト (映画鑑賞★日記・・・)
『OLIVER TWIST』公開:2006/01/28監督:ロマン・ポランスキー原作:チャールズ・ディケンズ出演:バーニー・クラーク、ベン・キングズレー、ハリー・イーデン、ジェイミー・フォアマン、エドワード・ハードウィック、リアン・ロウ 19世紀イギリス。9歳にな ...
映画DVD「オリバー・ツィスト」 (時評親爺)
週末にどかっと買い込んだ新作DVD6本から、まずは『オリバー・ツィスト』と『Sin City』を観たのだが、後者はいわゆる3話オムニバス形式で、それぞれが微妙に一部リンクしていたりと不肖にはイマイチ掴み所に迷う内容であったのでレビューをパスして、 ...
オリバー・ツイスト (琴線~心のメロディ)
【2006年1月28日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★ 純真無垢な少年オリバー。 彼に次々と襲ってくる不幸と災難の数々。 19世紀の英国という時代設定、そ ...
【洋画】オリバー・ツイスト (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計35) 『評論』 この
オリバー・ツイスト (k.onoderaの日記)
初期の『水の中のナイフ』、『反撥』などの生意気時代、 『ローズマリーの赤ちゃん』、『マクベス』の天才時代、 『ナインス・ゲート』の衒学老人ド
オリバー・ツイスト (たくみちゃんですよ~)
  [[attached(1)]]  [[attached(2)]]  [[attached(3)]]  [[attached(4)]]  [[attached(5)]]  [[attached(6)]]  [[attached(7)]] ||<#FFFFFF' style='font-size:26pt;width:560px;text-align:center'``オリバー・ツイスト|| [[attached...