ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「子ぎつねヘレン」

2006年04月21日 | 映画関連
「どんな名優でも、動物と子供には敵わない。」CM業界で良く言われる事だそうだ。場数を踏んで来た名優の演技ですらも、CMに於いては愛らしい動物や子供の姿に敵わないという事なのだが、なるほどくぅ~ちゃんや子供の愛らしい笑顔等をCMで見ると、つい頬が緩んでしまう。CMでは無いが、先週観て来た「子ぎつねヘレン」も、そんな頬が何度も緩んでしまう映画だった。

獣医として長きに亘って野生動物の保護&治療に当たって来た獣医・竹田津実氏。彼が著した実話「子ぎつねヘレンがのこしたもの」を基にして作られたオリジナル作品が、この「子ぎつねヘレン」*1で在る。

**********************************
カメラマンとして海外を飛び回る母・律子(松雪泰子)によって、たった一人で北海道の森の置くに在る動物診療所に預けられた少年・太一(深澤嵐)。母親の愛情に飢え、寂しい日々を送っていた彼は或る日、道端で一匹の子ぎつねと出遭う。母ぎつねの姿も無く、うずくまったまま動こうとしない子ぎつねに自分と同じ境遇を感じた彼は、子ぎつねを診療所に連れて帰り、必死で育てようとする。

妻を亡くして以降太一が来る迄は、中学生になる娘・美鈴(小林涼子)と二人暮らしだった動物診療所の獣医・矢島(大沢たかお)は律子の恋人で在る。口が悪く、不器用な彼は、太一とどの様に接して良いか戸惑っていた。だからこそ太一が子ぎつねを連れ帰った時も、「入院費、払えるのか?」とぶっきら棒な憎まれ口を叩いたのだが、その実、これ迄傷付いた野生動物を、御金にならないのに保護&治療して来た優しさを持つ男でも在った。

やがて、子ぎつねの余りにも無反応な姿を不審に思った矢島は、子ぎつねが目と耳が不自由で、尚且つ鳴き声も発せない状態で在る事に気付く。まるでヘレン・ケラーだ。余りにも絶望的な現実から、医師としての限界を感じた矢島が発したこの一言に、太一は子ぎつねをヘレンと名付け、親として育てて行く事を誓う。

小さな身に切ない運命を背負いながらも、与えられた命を必死で生き様とするヘレン。母親を恋しく思いながらも、涙一つ見せずに健気に生活する太一。獣医として、親としての生き方を模索している矢島。太一が必死の思いでヘレンと向き合った僅か3週間の日々を通して、心の絆や家族の繋がりとは何かが描かれる・・・。
**********************************

ストーリーとしては、起伏の殆ど無い平板な内容。時折挿入される空想シーンも、作品への集中が一瞬途切れさせられてしまうという、逆効果の印象を受ける。「ヘレンが亡くなるシーンを延々と引っ張る事で、観客を泣かせようという作品だろう。」と予想していたのだが、意外な程にそのシーンは呆気無い。

でも、その呆気無さが余計に涙腺を緩ませた。*2ヘレンの愛くるしい姿も勿論良かったが、太一を演じていた深澤嵐君の表情が実に可愛かった。妙にこましゃくれていないピュアな表情には心が和んだ。全体的なキャスティングも悪くない。そして、最後に流れるレミオロメンの主題歌「太陽の下」がこれ又良い。透明感溢れる歌声が、北海道の広大な風景と良くマッチし、その詩は太一とヘレンの絆を思い起こさせ、涙が再び溢れてしまった。

作品としての総合評価は星3つ。でも、動物&子供が好きな一個人としての評価は、甘いと言われるだろうが星4つ

*1 吉本興業から「子ぎつねヘレンとゆかいな仲間たち」なるショート・ムービー集が発売されている。西川きよし氏とその奥様も出演されているが、これはヘレン繋がりという事で良いのだろうか?ウンガチョコ先生教えて♪

*2 不治の病を抱え、過去に何度か死線を彷徨った我が家のワンコに、ヘレンが似ていた事も感情移入度が高まってしまった要因かとは思う。

コメント (7)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« ズバリ聞きます!(8) | トップ | 今季初の伝統の一戦 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (「感動創造」)
2006-04-21 05:35:08
いつもお世話になります。

TBありがとうございます。



非常に感動した映画でした。

やはり動物モノは反則に近いですよね。
ヘレンかわいい (おりがみ)
2006-04-21 09:44:25
したむすめとおっとが観に行きました。

話のテンポが早すぎでテレビドラマっぽい感じがしたなぁ・・とは夫の感想です。

動物の好きなしたむすめは本当に真剣に見ていたそうです。

大沢氏が虎の鳥谷選手に似てるとかど~とか騒いでいるおりがみはまだみてないー。
Unknown (ぷち)
2006-04-21 11:33:48
TBありがとうございます。



健気すぎるヘレンと太一の姿に、ウルウル。。

久々に号泣の映画でした。
狐が (syuu)
2006-04-21 11:37:19
 この間、徹子の部屋に大沢氏が出ておりました。その中のお話で、こぎつねへレンの話題になり、狐の目の前で手を叩いたときに、どうしても反応してしまうところに苦労した・・・ということを聞きました。でも、狐ってほんとに可愛いようですね。

 子役の男の子も、今後の成長が楽しみですよね。私も、観たらきっと号泣号泣でしょう。今はまだこぎつね以上に暴れ周るちびこが一緒なので、泣くまでいかないかもしれませんが、一度観てみたいです。
優しそうな映画ですね (くみこ)
2006-04-23 14:07:35
giants-55さんは子どもと動物モノにお弱いんですね^^

この映画は見てませんが興味はあります。号泣モノでないといいんですが。違うかな?





話が変わって申し訳ないのですが…

映画つながりというところで、『死者の書』という映画はご存知ですか?

三国志(人形劇)好きならもう見られたかしら?



http://www.kihachiro.com/index2.htm



今度関東で7月に上映されるそうです。4月に見逃したわたしは7月を楽しみにしてます。
はじめまして (まっちゃん)
2006-04-23 22:00:43
TBありがとうございます。子どもには見せたい映画でしたね。やはり、大人も子どもも感動させる映画って難しいですよね・・・ぜひまた遊びにいらしてください。
>くみこ様 (giants-55)
2006-04-23 23:30:35
書き込み有難うございました。



子供や動物が登場するCMや番組は、ついつい見入ってしまいます。特に内容が悲劇的なもので在ると、良い歳こいたおっさんの分際で、恥ずかしい程落涙してしまいます(^o^;;;。



この映画は泣かせようという演出がそれ程全面的に出ていなかった様に思え、それが却って自然と泣けてしまう環境を作った様に思います。滂沱する程では無いにせよ、涙腺が緩むのは確かかと。



御紹介戴いた映画ですが、これずっと見たいと思っていました。そもそも「新八犬伝フォーエバー」(http://964.jp/Z3M8)でも触れました様に、幼少時から人形劇は好きなんです^^。ですので、NHK連続人形劇「新八犬伝(劇場版も含む。)」に「笛吹き童子(「紅孔雀」も含む。)」、「平家物語」、そして「三国志(17巻)」のDVDを購入し、宝物として保存している程。



「平家物語」及び「三国志」の人形製作を担当されていたのが川本喜八郎氏で、辻村ジュサブロー氏と並んで大好きな人形の作り手です。(サイン色紙を持っていたりもします^^。)ですので、この映画の事は存じ上げていたのですが、詳細が判らなかったので、今回の情報非常に貴重でした。本当に有難うございました。是非、7月に観に行きたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

37 トラックバック

子ぎつねヘレン (ネタバレ映画館)
 サリバン君と連発されると、アン・バンクロフト(2005.6.6没)を思い出しました。
少年と子ぎつねの心の触れ合い (CINECHANの映画感想)
58「子ぎつねへレン」(日本)  少年と三重苦の子ぎつねの物語。予測するに、これは泣かせの作品に間違いない。そういうわけで、泣くこと止む無しと思って鑑賞したが・・・。  春の北海道、東京からやって来た少年・太一はちょっと複雑な環境にいた。母親はカメラマン
映画 「子ぎつねヘレン」 (ようこそMr.G)
映画 「子ぎつねヘレン」 の試写をイイノホールにて。 私、動物を扱った映画には非常に弱いほうです。 去年は「いぬのえいが」にヤラれたし、ペンギンも健気だったし、ゾウの映画もありました。 大体がどんな動物の仔も可愛いのは当たり前の話なのです。 キツ
「子ぎつねヘレン」見てきました (よしなしごと)
 ちょっと最近暖かい涙を流してないなぁ~。そう思って、今回は子ぎつねヘレンを見てきました。
子ぎつねヘレン (HOYAHOYA Sympathy)
【今日の言葉】 忘れない――。 あの春、かけがえのない友達と出会ったことを。 (2006年 映画『子ぎつねヘレン』) 去年の今頃、 『いぬのえいが』のマリモに 泣かされかけました。 今年の3月は、 この映画のへレンに 泣かされるかもしれません。 動物系の映画って、
「子ぎつねヘレン」 (試写会帰りに)
「子ぎつねヘレン」試写。土曜日の試写会で子供が多いかな? と思ったら、ほとんどが大人。しかし映画は子供向け。久し振りに子供向けに丁寧に作られた映画を見て、初めはちょっとひきましたが、段々慣れてきました。 子ぎつねヘレン・フォトブック とにかく子ぎつねの可.
子ぎつねヘレン (It\'s a piece of my blue)
春休みという事で珍しく人が多いMOVIX本牧へ。 今日はこれを見に来ました。 子ぎつねヘレン
試写会「子ぎつねヘレン」 (日々“是”精進!)
昨夜、「子ぎつねヘレン」をワーナー・マイカル・シネマズで行われた試写会で鑑賞してきました。監督は、フジテレビ系ドラマ「古畑任三郎」「白い巨塔」などのヒットドラマ手掛けた河野圭太。今作が初監督作品となっている。ストーリーは・・・東京から北海道にやってきた...
子ぎつねヘレンを観ました!命の大切さを教えてもらいました (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
子ぎつねヘレン観ました!
シネマ日記 子ぎつねヘレン (skywave blog)
北海道の緑の草原とピアノの調べ。そして、子ぎつねヘレンの寂しげな眼差し。 目と耳が不自由なヘレンを守ることを通して、成長していく少年と家族を描いています。お子様向けと
子ぎつねヘレン (CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>)
「シムソンズ」に続く地元撮影作品。あっちが傑作だったので、こっちも意味なく期待がかかる。映画の日、「南極物語」「SPIRIT」に続いて鑑賞。
物言わぬ友の幸せ 『子ぎつねヘレン』 (パフィオ - People of About Forty Years Old -)
死んでしまった方がいい命なんてない。 と、いうメッセージは良かったと思う。 風景
「子ぎつねヘレンがのこしたもの」 生き方はいろいろあるのだ (ハムりんの読書日記 おすすめの本)
『子ぎつねヘレンがのこしたもの』  感想☆☆☆☆☆ 竹田津実 偕成社
『子ぎつねヘレン』 (京の昼寝~♪)
僕は一生忘れない。あの春、かけがえのない友達と出会ったことを・・・ ■監督 河野圭太■脚本 今井雅子■アニマルトレーナー 宮 忠臣■原作 竹田津 実 (「子ぎつねヘレンののこしたもの」偕成社刊)■キャスト 深澤 嵐、大沢たかお、小林涼子、松雪泰子、藤村
【子ぎつねヘレン】 (空の「一期一会」)
★心温まる作品でした(涙)太一がヘレンに「お前のお母さんも自由人か」?って言った
子ぎつねヘレン (◆ ぷちのSix Wheel Life ◆)
映画『子ぎつねヘレン』を観てきました! CMで観たきつねのかわいらしさと、実は好きな大沢たかおが出てるという 1粒で2度美味しい?映画。 同じく動物と大沢たかお好きのSりんと、公開当初から観に行く約束をしてました(^^) 内容は・・・ 仕事の関係で母親と
『子ぎつねヘレン』 2006・3・21に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『子ぎつねヘレン』   公式HPはこちら ●あらすじ カメラマンとして世界中で活躍する母、たった一人で東京から北海道の森の動物診療所に預けられた少年、太一。夢想家の太一はその元気のない子ぎつねを拾ってきた・・・・ ●コラム 管理人は、日テレ系の初め
かわいいから大ヒット!ほのぼの映画「子ぎつねヘレン」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
この春休み話題の邦画 「子ぎつねヘレン」が 意外とヒットしています。 今年の春休みは 「犬」やら「ライオン」やら「きつね」やら 動物ブームですが、 この作品は松竹らしいほのぼのとした作品でした。 前半は「かわいい」と言う言葉がふさわしく 後半は「感動」を少し与
子ぎつねへレン(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】河野圭太 【出演】大沢たかお/深澤嵐/小林涼子/松雪泰子 【公開日】2006/3.18 【製作】日本 【ストーリー】 春の陽射しが輝く北海道で、東京からやってきた少年・
映画「子ぎつねヘレン」 (おやつは300円までよ。)
監督:河野圭太 出演:大沢たかお、松雪泰子、深澤嵐、etc... Official Site 3/18、公開 原作はキタキツネの生態調査の第一人者で、傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリに取り組み、写真家・エッセイストとしても活躍している竹田津実の「子ぎつねヘレ
「子ぎつねヘレン」、舞台挨拶 (Mugen Diary)
3月18日に公開された「子ぎつねヘレン」。その初日に都内で舞台挨拶が行われました。 詳しくはnikkansports.com、WebHochi、SANSPO.COMをご覧ください。 ついでに関連情報を。 同映画に出演している、松雪泰子さんのインタビューがFLiXに掲載されています。  
子ぎつねヘレン (It\'s Called Acting)
子ぎつねヘレン 監督:河野圭太    出演:大沢たかお、松雪泰子、深澤嵐、小林涼子 ストーリー 春の北海道。カメラマンとして世界中を飛び回る母に置いていかれ、たった一人で東京から北海道の森の動物診療所に預けられた少年、太一。ある日、...
激動の一日(後編) 子ぎつねヘレンにいのちを助けられる (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
ここではネタバレを極力さけて、子ぎつねヘレンのメッセージを受けて僕が感じたことを綴ります。ひとりのマイナス思考な人間が、こんな風になるんか、と感心したら、是非映画館に足を運んでください。ちなみに僕が今日いった映画館は梅田ピカテリーとかなんとかいう松竹のデ
「子ぎつねヘレン」 (てんびんthe LIFE)
「子ぎつねヘレン」イイノホールで鑑賞 お決まりの春休みの子供向け、動物、子供が主演の感動もの…。開催される試写会はほとんどが親子ペアというもの。ここまでかたくなにこだわらなくてもいいのでは…、と思いながら、全く見る気がしなかったので応募すらしていません
「子ぎつねヘレン」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
3月18日より公開の映画「子ぎつねヘレン」を 一足お先に見てきました。 目も見えず耳も聞こえない子ぎつねと出会った少年。 ヘレンと名づけてかわいがるがそのきつねは・・・。 実話をベースにアレンジを加えたストーリーですが、 一生懸命に小さな生命と向き合う子供から
子ぎつねヘレン (なんちゃかんちゃ)
目と耳の不自由な子ぎつねの観察記録。1匹の子ぎつねと共に成長していく少年の姿
『子ぎつねヘレン』 (映画子の映画日記)
2004年/日本映画/119分/ビスタサイズ 配給:松竹 (試写会にて鑑賞)3月18日公開 ★★★☆☆ 「おもしろかったね。また観たいね。」 試写会後、女の子がおばあちゃんらしき人に言っていた言葉。 この言葉を聞いて、この作品は大成功だと思った。 (私はこの作品の
子ぎつねヘレン (メルブロ)
子ぎつねヘレン 上映時間 1時間48分 監督 河野圭太 出演 大沢たかお 松雪泰子 深澤嵐 小林涼子 田波涼子 評価 6点(10点満点)  特集HP  試写会会場で1番よいと思うスペースFS汐留ホールで。今回の試写会は視覚障害者の方へのバリアフリーを主旨とし
『子ぎつねヘレン』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某テレビ局で当選した 『子ぎつねヘレン』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★
子ぎつねヘレン (Diarydiary!)
《子ぎつねヘレン》 2006年 日本映画 母親の恋人の獣医師の家に預けられた少
映画館「子ぎつねヘレン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
実在した耳、目が不自由だったキタキツネのヘレンの物語をオリジナルストーリーとして映画化したもの。 少年とキタキツネのヘレンの物語なのですが、最初の方は少年・太一の妄想の世界がアニメで出てきたりしてお子様向け作品だと思い観ていました。獣医師を演じる大沢...
子ぎつねヘレン (5125年映画の旅)
闘病モノと動物モノ。 感動映画のお約束ともいえるこの二つを同時に見せてしまおうという実に欲張りな(狙っているとしか思えない)作品がこの『子ぎつねヘレン』です。現在公開中の映画の中では最もデートに向いている映画なんじゃないでしょうか。まぁ一人身の僕には関
子ぎつねヘレン (シネマ de ぽん!)
子ぎつねヘレン公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆総合評価  ☆ ストーリー、
『 子ぎつねヘレン 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 子ぎつねヘレン  』   [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日本  【2006年3月18日ロードショー】 [上映劇場 ] 監 督:河野圭太 脚 本:今井雅子 原 作:竹田津実  「子ぎつねヘレンがのこしたもの」 ...
【劇場鑑賞31】子ぎつねヘレン (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
忘れない・・・。 あの春、かけがえのない友だちと出会ったことを。 北海道を舞台に、目と耳が不自由なキタキツネを育てる少年と家族の絆を描く感動の物語
★★「子ぎつねヘレン」大沢たかお、松雪泰子、小林涼子、深澤嵐... (こぶたのベイブウ映画日記)
予告編に泣き、本編に白けた。唐突な展開、チープすぎる演出、稚拙な印象がただよい隙だらけ?ヘレンを動くぬいぐるみ扱いする太一の独りよがりな愛情も気になった。子供だから仕方ないけど、ヘレンをいつも抱っこしてブンブン振り回すの。食事中も、休んでいると ...
コンちゃんは永遠の友達 (素敵なジョナサン)
ぼくの家(和歌山県田辺市)では昔 なんと二歳半になるキツネ(オス)が飼われていたんだよ 名前はコンちゃん 名づけ親はおばあちゃん 動物好きなお父さんがもらってきて 熱心に芸を教えたので たった二ヵ月で水泳もできるようになったんだよ コンちゃんの食事は一日二回...