ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「憑神」

2007年07月23日 | 映画関連
****************************
時は幕末動乱の時代。学問所では旧友の榎本武揚と並ぶ優秀さを誇り乍ら身分制度に縛られ身動き出来ないでいる下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡氏)。婿養子先からも離縁され、兄夫婦の家に居候という肩身の狭い思いをしていた。

或る日、彦四郎は榎本武揚と再会する。自分とは異なり、立身出世を遂げた榎本を見送る彦四郎に、蕎麦屋の親父・甚平(香川照之氏)は「榎本が出世したのは、向島に在る『三囲り(みめぐり)稲荷』御参りしたからだ。」と言う。

その帰り道、泥酔した彦四郎は「三巡り(みめぐり)稲荷」を発見。ここぞとばかりに神頼みする彦四郎だったが、それは同じ「みめぐり」でも表記の異なる、災いを呼び寄せる御稲荷様だった。そして彦四郎の前には貧乏神の伊勢屋(西田敏行氏)、疫病神の九頭龍(赤井英和氏)、死神のおつや(森迫永依さん)が次々と取り憑いて・・・。
****************************

その作品が次々に映像化され、「彼の作品は人を呼べる。」と称されている作家・浅田次郎氏。そんな彼の作品「憑神」が映画化されたので、遅まき乍ら映画館に足を運んでみた。映画化された彼の作品を観るのは、「壬生義士伝」に次いで2作品目。(「鉄道員」も「地下鉄に乗って」も観ていない。)

「将軍の影武者を代々務めて来た由緒在る家柄」というのが誇りの母・イト(夏木マリさん)。武家意制度が崩壊して行く時代の流れの中、武士の身分や役職に早々と見切りを付け、享楽的な生活に浸る兄・左兵衛(佐々木蔵之介氏)。夫の自堕落さ、そして居候の身で在る義弟に頭を悩ませている兄嫁・千代(鈴木砂羽さん)。そんな家族に囲まれ、不遇託つ彦四郎の身に降り掛かった災い。貧乏神から「知己に災いを振り替えれば自らが助かる。」と教えて貰い、自分を裏切った元義父(石橋蓮司氏)に振り替えをするも、その不幸な結果に自分を責めてしまう御人好しの彦四郎。死神が振り替えを許諾するも、最後は「武士として忠義の為に死ぬ道」を選んでしまう。滅びの美学に魅せられてしまう自分としては、ホロッとさせられる展開では在った。

脇を固める俳優の上手さが光っている。西田敏行氏や石橋蓮司氏、夏木マリさん、佐々木蔵之介氏、そして何と言っても香川照之氏の演技が素晴らしい。「功名が辻」でも香川氏の演技に見惚れてしまったが、デビューした頃は単なる七光タレント(市川猿之助[三代目]氏と浜木綿子さんの子息故、「十四光」というのが正しいかも。)という位置付けでしか捉えていなかった自分の見る目の無さを恥じるばかり。死神のおつや役を演じていた森迫永依さんは実写版「ちびまる子ちゃん」で初代まる子を演じていたが、彼女も今年で10歳とは思えない程に演技が上手いし、彦四郎を兄と慕う小文吾役の佐藤隆太氏のコミカルな演技もなかなかだった。残念なのは主役の妻夫木氏の演技が、この作品では浮いていた様に感じられた事。若手俳優の中では顔立ちの端正さのみならず、演技力でも群を抜いた存在と彼を高く評価していただけに残念。

又、ストーリー自体も半ば位迄は小気味良さを堪能出来たが、それ以降は少々かったるさを感じないでは無かった。特に最後の付け足し(現代を描いた部分。)は不要だったと思う。

面白い作品だとは思うが、主役の演技力と半ば以降のストーリーのかったるさを減点し、総合評価は星3つ
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 被災者への気遣いの無さ | トップ | 57歳の投球に球場が沸いた »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アラメイン伯)
2007-07-24 15:36:03
僕も浅田次郎は大好きでこの本も読んだけど
映画化の話きいた時に妻夫木はイメージと違うって感じました。なんかサワヤカすぎる。

もっも時代劇は初めてでしょうから勉強にはなったと思いますが・・・
香川照之のほうが主役のイメージにはあう気がしますね。
貧乏神はいやだなあ (マヌケ)
2007-07-24 20:21:47
私も浅田次郎や山本一力の時代小説が好きです。 ただ、この「憑神」にそっくりな小説、神様でなくて幽霊が憑く話をそれ以前に読んだことがありまして、どことなし、ストーリーがそっくりで先が読めてしまって・・・。 映画はまだ見ておりませんが、観客動員には主役の彦四郎は妻夫木君をもってくることで中高年から若者も呼べるのではというマーケティングが推測できます。 佐藤隆太君とはローレライで回天搭乗員役のコンビが思い浮かび、息の合った配役ではないでしょうか。 確か羽田でしたか、成田でしたか、拡張工事でお稲荷さん撤去の作業で事故ありましたよね。 工事を請け負った会社では作業員の方の不慮の事故死などもあったそうで、お稲荷さんの祟りなんていわれましたよね。 人生、幸運と不運が同じだけもたらされるのなら、そろそろ幸運の神様が憑いてくれるころかなあなんて思ったりしています。 
>マヌケ様 (giants-55)
2007-07-25 00:00:32
書き込み有難う御座いました。

製作サイドが妻夫木氏を起用した理由は、マヌケ様の書かれた通りだと思います。個人的には彼の演技力を買っていますし、若手では”客を呼べる”数少ない俳優の一人だとも捉えているので、その意図は判るのですが、何故か今回の作品では彼の良さが感じられませんでした。同じ時代劇でも「どろろ」の時の妻夫木氏は良かったんですけどね。

御稲荷さん撤去でトラブルが続出したのは、確か羽田空港だったと思います。こんなに文明が発達した世の中に在っても、祟りという概念が浮んでしまうというのは面白いなあと感じたものです。
こんにちは~★ (とんちゃん)
2007-07-29 17:21:12
TB有難うございました♪
なのにお返しが遅くなってごめんなさい!

うっかり見逃してました(笑)

この映画は西田さんがツボにはまり前半大笑いしたので後半の展開に「うん???」でした^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

32 トラックバック

かってに配役 浅田次郎『憑神』 (D.D.のたわごと)
読みましたよ! 映画化で話題になっている浅田次郎作『憑神』(つきがみ),先日ようやく手にしてイッキ読みしました。 相変わらずハズレがないですね~。
憑神 (いい加減社長の日記)
午後は昼寝に当てたいので、朝から「UCとしまえん 」に。 予告編を見て楽しみにしていた「憑神 」♪ 昨日の「UCとしまえん 」は、映画サービスデーのせいか、結構人が。 「憑神 」も小さなスクリーンだけど9割くらい入ってたかも。 時は...
映画「憑神(つきがみ)」を観ました!!(2007-16) (馬球1964)
映画「憑神(つきがみ)」を観ました!!2007年の第16作目です。原作は浅田次郎氏です。
『憑神』 (試写会帰りに)
『憑神(つきがみ)』に憑かれる運の悪い男・別所彦四郎。何をやらせても上手いと思っていた妻夫木聡さんですが、丸くて可愛い顔立ちがコミカルな幕末の下級武士役には合わなかったのか、ちょっとコスプレに見えてしまう!? でも、そんなお顔を見ているだけでも、和んでし...
憑神(つきがみ) (ひめの映画おぼえがき)
憑神(つきがみ) (出演 妻夫木聡) 監督:降旗康男 出演:妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、森迫永依、笛木優子、本田大輔、西田敏行、赤井英和... 「神様いったい、  何様のつもりですか?」 【ストーリー】
★憑神(つきがみ)★ (CinemaCollection)
神様いったい、何様のつもりですか?上映時間107分製作国日本公開情報劇場公開(東映)初公開年月2007/06/23ジャンル時代劇/ドラマ/コメディ【解説】「ホタル」の降旗康男監督とベストセラー作家・浅田次郎が「鉄道員(ぽっぽや)」以来8年ぶりにコンビを組み、妻夫木聡....
男の運命を握っているのは、やぱっり女?『憑神』 (水曜日のシネマ日記)
災いの神に取り憑かれた武士の物語です。
憑神 07146 (猫姫じゃ)
憑神 2007年   降旗康男 監督  浅田次郎 原作妻夫木聡 佐藤隆太 香川照之 夏木マリ 佐々木蔵之介 鈴木砂羽 笛木優子 西田敏行 赤井英和 森迫永依 初めてじゃないかなぁ、ぶっきぃが、かっこよく見えたのって、、、 ま、落語ですよね。 なかなかお...
憑神 (Akira's VOICE)
印象に残るのは米米クラブの「御利益」だけ。
憑神(映画館) (ひるめし。)
神様いったい、何様のつもりですか?
憑神 (そーれりぽーと)
妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介、佐藤隆太、香川照之、西田敏之、森迫永依…って、好きな色んな意味で俳優ばっかりやん。 という事で、『憑神』を観てきました。 ★★ つまらなかったので最初からネタバレで 落語的な話の流れから想像されるその先の展開への期待は、...
「憑神」みた。 (たいむのひとりごと)
幕末とはいえ、チャンバラらしいチャンバラのまるで登場しないお茶の間時代劇。「武士」などという身分がご破算になろうという過渡期に、「武士の生き甲斐」を見いだすというなんとも皮肉なコメディでもある。可も
憑神 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★☆☆☆☆ http://tsukigami.jp/index.ht
「憑神(つきがみ)」題材はおもしろいのに (ももたろうサブライ)
監督 降旗康男 原作・浅田次郎と監督・降旗康男という「鉄道員(ぽっぽや)」のコンビ復活!って振り仮名いれないとタイトルが読めないところまで前作を踏襲(?) 浅田次郎は好きな作家なのだけど、「鉄道員」も含めて映画化はあまり成功していない(全部観たわけでは...
憑神 (Diarydiary!)
《憑神》 2007年 日本映画 出世したいと神頼みをしたが、拝んだ神様はなんと
憑神 (future world)
23日公開映画・・・あまり観たいと思うものもなく、 とりあえず、友達も私も好きな妻夫木クンが主演ということで、憑神を観ることに。 ストーリーもさほど知らずキャストもノーチェック、軽い気持で観たが、 けっこう面白くて笑えました。 世は幕末、由緒ある家柄...
【2007-88】憑神(つきがみ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あんた、ツイてるね。 いいえ、とりツカれてるんです。 神頼みのはずが、 現れたのは三人の災いの神だった。 あなたも、ツイてるよ。 神様いったい、 何様のつもりですか?
「憑神」試写会レビュー えんたていめんと  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
まわりの観客が笑ってるとこちらまでもうれしくなる。とくにご年配のひと。純粋に、なんか良い空間だなと思う。
「憑神」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
神頼みのはずが、現れたのは三人の災いの神だった・・・ 人は何のために生きるのか、幸せとは何なのか。 災難はもしかして人生からの贈り物!?すべてのツイてない人におくる大型時代活劇! ってコピーやし、米米CLUBが主題歌やし、 てんやわんやの人情派コメディとば...
映画 【憑神(つきがみ)】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「憑神(つきがみ)」 浅田次郎の同名小説を降旗康男監督が映画化。 おはなし:幕末、下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)は出世を願って神様に願掛けするが、稲荷を間違えてしまったために貧乏神・疫病神・死神という3つの災いの神に取り憑かれてしまう。 こ...
憑神 (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★☆☆☆) 浅田次郎原作の同名小説を映像化。 お江戸に生きた最後の侍が、貧乏神・疫病神・死神にまとわりつかれるという人情喜劇映画。 時代は幕末。【尊皇攘夷】【公武合体】の声が高まりつつあり、時代は大きく変わっていこうとし...
憑神(つきがみ) (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
このチラシの妻夫木聡の表情の様に疑問の残る「憑神」。本当に浅田次郎作品なのか、コレは!?                               評価:★4点(満点10点) 2007年...
憑神(つきがみ) (映画鑑賞★日記・・・)
【2007/06/23】06/24鑑賞製作国:日本監督:降旗康男原作:浅田次郎『憑神』(新潮社刊)出演:妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、森迫永依、笛木優子、佐藤隆太、赤井英和、香川照之、西田敏行、江口洋介時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍...
憑神 / 映画  (あかねのたわごと☆本日記)
全てのツイてない人に幸せ《ツキ》を呼ぶ。。。とゆーキャッチコピーに惹かれて(笑)観ました映画『憑神』ですSTORY:時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、...
憑神 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  時は江戸末期。草むらの中で見つけた「三巡稲荷」で柏手を打ったばかりに、「貧乏神」、「疫病神」、「死神」にとり憑かれてしまう男のお話である。 まるで落語や講談の江戸小噺のようで、冗談半分のような感覚で物語がドンドン展開してゆく。中盤までのこの...
憑神(つきがみ) (ちわわぱらだいす)
見てきました~♪ 評価がイマイチだったのでまったく期待せずに 反対に行くのはいやだったんだけど梨菜に引きずられて。。。。 面白かったです。。。 配役が良かったよねぇ。あちこちに結構名の通ってる役者さんたちがわらわら。。。 妻夫木聡は見事なまでに清く正...
憑神☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告で観たときは、ちょっと期待してたんだけど^^;めずらしく久々 うたた寝指数が上昇(爆)うたた寝指数・・・15分の気絶かな、、、『憑神』観てきました・・・タダで観たのにごめんなさい。。。別所彦四郎は文武両道の優秀な男であるはずなのにどうも、さえない・・...
『憑神』舞台挨拶@丸の内TOEI 1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回は、妻夫木聡、西田敏行、赤井英和、佐藤隆太、江口洋介、香川照之、佐々木蔵之介、夏木マリ、鈴木砂羽、森迫永依出演の『憑神』の舞台挨拶レポートでございます。会場は丸の内TOEI1。ココで映画見るのは何年ぶりだ?『バトル・ロワイアル』公開時は徹夜で並んだ記憶...
憑神(つきがみ) (とんとん亭)
「憑神(つきがみ)」 2007年 日 ★★★ 実は今週に限ってこれ!という観たい映画がなかったの^^ 来週以降、一杯来るようだけど・・・でも、楽しい映画が観たい気分だった ので、重そうな『アポカリプト』を辞め、なんと今年に入って映画館での邦画 ...
★「憑神(つきがみ)」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日鑑賞は、今月、妙に気になる作品をリリースしてる「109シネマズ川崎」で2本。 その2本目。
『憑神(つきがみ)』 (たーくん'sシネマカフェ)
今回この「憑神」は何の前知識もなく妻夫木くんの人柄とあらすじで鑑賞を決めました。7/2(月)メンズディ鑑賞。監督:降旗康男 原作:浅田次郎 歌:米米CLUB 出演:妻夫木聡、西田敏行、赤井英和、森迫永依、香川照之、夏木マリ、   江口洋介、佐々木蔵之助、笛木優....
憑神(つきがみ) (ネタバレ映画館)
まぁ、落語みたいな映画なんだから・・・by人生の落伍者