ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「デトロイト・メタル・シティ」

2008年09月30日 | 映画関連
****************************
御洒落渋谷ポップ・ミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田舎から上京した心優しき青年・根岸崇一(松山ケンイチ氏)。「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、本人の意志を無視して悪魔系デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称:DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー・II世」として売り出されてしまう。「僕がしたかったのは、こんなバンドじゃない!」と思い悩む彼。しかし、そんな彼の思いに反して、DMCはカリスマ的な人気バンドになってしまい・・・。
****************************

若杉公徳氏が描く人気ギャグ漫画「デトロイト・メタル・シティ」。普段は気弱で純朴な崇一が、一旦悪魔メイクを施してヨハネ・クラウザー・II世になると、過激且つ下卑な言動を。それも本人は嫌々やっており、本当は聞いている側が気恥ずかしくなる様なラブソングを歌いたいと思っている。そういったギャップが非常に面白い漫画で、最初に目にした時は嘗ての人気漫画「嗚呼!!花の応援団」と何処かしら似た匂いを感じたもの。

主演の崇一を演じているのは、当ブログで以前「日本の若手男優では、最も注目している人物。」とした松山ケンイチ氏。映画だけに限って言っても、「男たちの大和/YAMATO」や「蒼き狼 地果て海尽きるまで」等でピュアな青年を演じたと思えば、「不良少年(ヤンキー)の夢」では屈折した少年を演じ、そして「デスノート」ではエキセントリックな青年を演じたりと、作品毎にガラッとそのイメージを変えてしまう役者だ。実に掴み所が無く、その演技が気になって仕方無い存在。そんな彼が今回は、「昔のつぶやきシローを思わせるおかっぱ頭の気弱な崇一」と「下卑な言動のヨハネ・クラウザー・II世」を演じている。その落差を喩えるならばデーモン小暮閣下が悪魔メークを落としたら、その素顔がやくみつる大先生とソックリだった。(実際には、そんな事無いだろうけれども。)位の感じか。

“マツケン”の二面性も良いが、DMCの所属事務所の女社長役を演じている松雪泰子さんが最高。生き方そのものがデスメタルといった感じで、その口癖は「それじゃあ、私は濡れねーんだよ!」。クレージーさ&下卑さ全開で、今迄の彼女のイメージを良い意味で裏切っている。又、過激なパフォーマンスで有名な“ブラックメタル界の帝王”ジャック・イル・ダーク役を、キッスジーン・シモンズ氏が演じているのも懐かしい。(彼の歌う曲のタイトルが「バッキンガム宮殿」ならぬ「“ファッキン”ガム宮殿」というのも馬鹿馬鹿しくて笑える。)

何も考えず、気楽に見られる作品。総合評価は星3つ

コメント (14)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
« 迷惑な勧誘電話の対処法 | トップ | 兄弟仲 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうもです~ (AS)
2008-09-30 12:10:59
TBありがとうございました!
ほんとに松ケンって目が離せない演技派の俳優ですよね
今回の役も彼だからこそ実写版が実現したのだと思うほどです。
今後もどんな役をしてくれるのか楽しみです!
えー (Spa supernova)
2008-09-30 12:25:44
ジーン・シモンズそんなことやってるのか(驚)。

宣伝で地味な家族とメイク後の主人公がちゃぶ台囲んで食事をしている場面というのが笑えました。

ギャグマンガは好きだったので(すすめパイレーツとか)原作からちょっと読んだほうが良さそうですね。
Unknown (マヌケ)
2008-09-30 12:41:32
いちばん上の娘が吹奏楽でトランペットをやっておりました。 ジョージ・ガーシュインとかのスタンダードで、ブラストなんかも行ったようです。 で、高校はブラスの強い学校をランクを落としてまで選んだのですが、上には上がいるもので、他人の才能に感動とともに落胆を覚えて退部してしまいました。 以来、ファミレスにたむろしたり、コンビにの駐車場でうんこずわりして補導されたり、成績もクラス35に中35番。 が、何を思い立ったか、ベースを始め出遅れてロック仲間の中に入ったのですが、音感がもともとあるようで、すぐに上達し学園祭でライブをやったりしています。 そのようなバカ娘の部屋にDMCのマンガ本が何冊がありまして私も読んでしまいました。 放送禁止用語ばかりで、下の長男が純粋に言葉の意味を聞いてくるので困っています。 映画は見ておりませんが、なかなか笑えますね。 確かにどこかしらどおくまんの漫画のテイストに似ているような気もします。 ギャグのセンスが似ているのでしょうね。 
>Spa supernova様 (giants-55)
2008-09-30 14:04:14
書き込み有難う御座いました。

一昔前、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が巨大なヤカンを持ってのCMが在りましたよね。「シュワちゃん、其処迄するか!?」と思ったものです。良くも悪くもジャパン・マネーの力を感じた訳ですが、あのCMに出演する際「海外では一切放送しない事。」という一文が契約書に盛り込まれていたとか。確かにあのCMを海外で流されてしまったら、今後の活動に支障を来しかねないですしね(笑)。最近ではトミー・リー・ジョーンズがBOSSのCMでやらかしてくれてます。かなり笑えるのですが、これも海外では放送されないのでしょうね。

彼等程ぶっ飛んではいませんが、“あの”ジーン・シモンズ氏がこの作品に出演していたのは自分も驚きでした。かなり良い味を出していますよ。
>マヌケ様 (giants-55)
2008-09-30 14:13:08
書き込み有難う御座いました。

マヌケ様も原作を読まれていましたか。自分の場合は知人から「余りにも馬鹿馬鹿しくて笑える漫画が在る。」と推奨されて読んだのですが、兎に角主人公の“落差”が良いですよね。

自分もそうでしたが、若い頃は「何をすれば良いのか?」に迷いがちで、結局は何もしないまま時を過ごしてしまうもの。それを考えたら、“燃える物”を見付けられた御嬢様は凄いと思いますよ。どんな事でも体得して無駄になる物は無いと思うし、温かく見守って上げて下さい。
ハリウッド俳優 (ジャン)
2008-09-30 18:47:58
本題からずれたコメントですが、
アメリカの映画俳優はCMには出ません。
一種の都落ちにあたるためテレビ俳優はハリウッド俳優の2軍になります。
その3軍に位置するのがCM出演という線引きがはっきりしているからです。
もちろん、キーファーサザーランドのように1軍から2軍に落ち、「24」での人気をきっかけにハリウッド復活を果たした俳優や下積みでTV俳優からハリウッドに昇格した俳優も沢山いますが、CMには有名人は出ていません。
アメリカ人が日本のCMを見るとビックリするのはそういう背景がある訳ですが、ジャパンマネーでコミカルなものを演ずると言うよりは、本国との住み分けで仕事をしていると言った方が当てはまるように思います。
なので契約もそういうことです。
最近はyoutubeで本国のファンも楽しんでいるそうですが。
>ジャン様 (giants-55)
2008-09-30 20:10:55
書き込み有難う御座いました。

そういう事情が在るんですね。勉強になりました。昔は日本でも一流の俳優は「テレビ番組なんて三流の役者が出るもの。」という偏見(プライド?)が在ったと聞きますが、それと同じ様な感じなのでしょうね。

インターネットがこれだけ普及すると、幾ら「海外でCMを放送しない事。」という契約条項を結んだ所で、You Tube等で海外の人でも見られてしまうというのは在りますね。
Unknown (ジャン)
2008-09-30 22:42:29
俳優側の偏見と言うより、完全に線引きされているということではないでしょうか。
ハリウッド界は日本と価値観とは全く別物と言っていいと思います。
もちろんプライドも存在するとは思いますが、ギャラの格差も日本とは比べ物にならないんでしょうね。
日本は映画もCMもテレビも同じですから。
>ジャン様 (giants-55)
2008-09-30 23:03:02
日本の場合だと「一流の俳優となった延長線上にCM出演が存在する。」という図式ですが、海外だとその辺も異なるのでしょうね。
はじめまして! (ryoko)
2008-10-01 00:40:33
TBありがとうございます。
漫画も知らず、さして期待もせずに見たのですが・・・面白かった~!です。
クラウザーさんの格好で出る根岸君のキャラがいいですね。今後の松ケンに注目したいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

54 トラックバック

【映画】デトロイト・メタル・シティ (新!やさぐれ日記)
■動機 すっごい面白そうだったから ■感想 メチャメチャ面白かった! ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバ...
デトロイト・メタル・シティ (5125年映画の旅)
オシャレなポップ・ミュージジャンを夢見て上京した青年・根岸崇一。しかし何故か彼はデス・メタル系バンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカルとしてデビューしてしまい、大ヒットを飛ばしてしまった。しかし、ヒットした今も彼の求めているのはオシャレなヒッ...
デトロイト・メタル・シティ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
好きなことでは認められず、不本意なことで大成するやるせなさが哀愁の怪作コメディ。オシャレなミュージシャンを目指し田舎から上京したのに、なぜか悪魔系デスメタルバンドで大活躍してしまう青年の物語だ。主人公の根岸くん/クラウザーさん役の松山ケンイチが白塗りで...
映画 【デトロイト・メタル・シティ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デトロイト・メタル・シティ」 若杉公徳原作の大人気コミックを実写化。 おはなし:純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・...
『デトロイト・メタル・シティ』 (Mooovingな日々)
大きい夢と共に大分の田舎から上京してきた臆病な純情青年の根岸崇一。甘ったるいラブバラードを歌うお洒落なポップミュージシャンになることを切望していたが、人生は彼が期待したようにはならず。マントにタイツ、気味悪いメイクを施した根岸はヨハネ・クラウザー〓世と...
『デトロイト・メタル・シティ』 (Sweet*Days**)
監督:李闘士男  CAST:松山ケンイチ、松雪泰子、黒木ローサ 他 故郷から東京の大学に出てきた純朴な青年、根岸宗一(松山ケンイチ...
デトロイト・メタル・シティ (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「デスノート」の松山ケンイチ主演の「デトロイト・メタル・シティ」を観てきましたよ!!  おしゃれでポップなミュージシャンを目指している気弱な青年、根岸(松山ケンイチ)。  しかしそんな思いとは裏腹に所属するレーベルでやっているのは一部に熱狂的ファ...
デトロイト・メタル・シティ (小部屋日記)
(2008/日本)【劇場公開】 監督: 李闘士男 出演:松山ケンイチ/ジーン・シモンズ/松雪泰子/秋山竜次/細田よしひこ/加藤ローサ 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!! 若杉公徳原作の人気コミックを実写化したギャグコメディ。おもしろかった! ...
デトロイト・メタル・シティ (POCKET BASE)
若杉公徳の漫画を原作とし、松山ケンイチ主演の映画『デトロイト・メタル・シティ』を観てきた。失礼ながら、原作の方は、未見どころか聞いたこともなかった。それでもまあ、トレ...
デトロイト・メタル・シティ/松山ケンイチ (カノンな日々)
原作は大人気コミックという事なんだけど私はこの映画で初めて存在を知りました。ためしにググってみるとコミック関連の記事やファンサイト、コスプレ画像などいっぱいヒットするので人気を実感しちゃいました。元はギャグ漫画という事で爆笑を期待しておやつのポップコー...
「デトロイト・メタル・シティ」やっぱり“さん”付けなんだよな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 大人気原作コミックの実写映画化。「デトロイト・メタル・シティ」(東宝)。ビジュアル見ただけでお分かりでしょうが、ハチャメチャです(^^;。まあ、ようこんなモン映画化しましたな~。  大学入学のため、大分から上京した根岸崇一(松山ケンイチ)は、渋谷系の...
『デトロイド・メタル・シティ』 (前向きライフ(^_-)-☆)
久しぶりのパソコンでございます聾 ちょっと立ち上げるがめんどくさくって、携帯メールで記事をアップしておりました。 って言うか、最近は忙しいのでございます。 仕事探しが大半ですけど、邦画祭の私が英語中毒になろうと思って(半額セールにつられて⇒バカ...
【デトロイト・メタル・シティ】 (日々のつぶやき)
監督:李闘士男 出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、松雪泰子、秋山竜ニ、細川よしひこ、宮崎美子 「大学在学中からポップ系ミュージシャンを夢見てきた根岸宗一は、何故か悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー
ある意味、日本のヒーロー映画。『デトロイト・メタル・シティ』 (水曜日のシネマ日記)
若杉公徳原作の大人気コミックを実写化した作品。自分の意思とは裏腹に過激なデスメタルバンドのボーカルを演じ続ける青年の物語です。
デトロイト・メタル・シティ (キューピーヘアーのたらたら日記)
主人公:根岸(松山ケンイチ)は九州のどっかの田舎育ち。 (まーた、キューピーさんは調べもせずにおおざっぱな記憶で  無責任な記事をお書きになって、とお嘆きの紳士淑女の皆さん。  そんなこと、他のブログやサイトでお調べになればすぐわかること。  キューピ...
デトロイト・メタル・シティ (映画鑑賞★日記・・・)
2008/08/23公開(08/31鑑賞)製作国:日本監督:李闘士男出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、松雪泰子、ジーン・シモンズ 僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!
[映画『デトロイト・メタル・シティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆なんか、見るには苦手なジャンルだなあ、などとは思っていたのだが、映画館で何度も何度も予告編を見せられていたら、見るのが当然のような気分になっていた。 大人気のコミックス版の方も、絵が下手だなあ、などと思いつつも、1巻は買って読んだ。 ・・・「見るに苦...
「デトロイト・メタル・シティ」 (cocowacoco)
映画 「デトロイト・メタル・シティ」 を観ました            監督:李闘士男 原作:若杉公徳 2008年 日本 けっこう面白かったです♪ 自分の意と真逆な世界で成功してしまい、本当の自分とのずれを必死で何とかしようとする、ヘタレな主役の奮闘振りが笑...
デトロイト・メタル・シティ (2008 映画観てきましたっ!)
TVコマーシャルに釣られて・・・観てきちゃったよ♪
デトロイト・メタル・シティ (C note)
お下劣かつマニアックなギャグのオンパレードで、カルト的な人気を誇るマンガ『デトロ
デトロイト・メタル・シティー (そーれりぽーと)
渋谷系ポップミュージシャンを目指して上京したものの、意に反してデスメタル系バンドのボーカリストとして、カリスマ的人気を博して悩む、松山ケンイチ主演の『デトロイト・メタル・シティー』を観てきました。 原作のマンガは未チェックです。 ★★★★ 松雪さん、パン...
映画感想『デトロイト・メタル・シティ』おもしろいなぁ。。これ (レベル999のマニアな講義)
内容1大分の小さな町から大学入学で、上京してきた根岸崇一(松山ケンイチ)そんな彼の夢は、オシャレ系のミュージシャンになること。そして、卒業を前に、一枚のポスターに目が止まる。『新人ミュージシャン募集!』音楽事務所『デスレコ-ズ』の門を叩いてしまった崇一...
デトロイト・メタル・シティ (だめ男のだめ日記)
「デトロイト・メタル・シティ」監督李闘士男原作若杉公徳主演*松山ケンイチ(根岸崇一=ヨハネ・クラウザーII世)*加藤ローサ(相川由利)*秋山竜次(西田照道=カミュ)*細田よしひこ(和田真幸=アレキサンダー・ジャギ)*大倉孝二(-)*岡田義徳(-)*鈴木一真(ア....
『デトロイト・メタル・シティ』('08初鑑賞108・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 8月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:20の回を鑑賞。
デトロイト・メタル・シティ (B級パラダイス)
待ちに待ったDMC公開でありまっす!久々に豊洲の映画館へ行ってきましたー。てか銀座では公開する館がなかったんですよね。
映画『デトロイト・メタル・シティ』 (オタマ・レベルアップ)
映画『デトロイト・メタル・シティ』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 104分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/08/23 ジャンル コメディ/音楽/青春 解説・・・ 若杉公徳の人気ギャグマンガを「DEATH NOTE ....
デトロイト・メタル・シティ (掃き溜め日記-てれびな日々-)
今更ですが「デトロイト・メタル・シティ」見てきました松山ケンイチ好きだし、高橋一生をお目当てに大分の田舎から、大学入学で東京に上京してきた根岸崇一(松山ケンイチ)夢はお洒落系ミュージシャンに成る事で、
デトロイト・メタル・シティ (日々緩々。)
『デトロイト・メタル・シティ』観て来ました~。 あらすじ(goo映画より)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ...
デトロイト・メタル・シティ (だらだら無気力ブログ)
若杉公徳原作のコミックを実写化した青春コメディー。 オシャレなポップミュージシャンを目指す青年が、なぜか悪魔系 デスメタルバンドのボーカルとして人気者となり、自分のやりたい 音楽との違いに悩みながらも成長する様を描く。オシャレなポップミュージシャンを夢見...
デトロイト・メタル・シティ・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
クラウザーさん、ナイスです!  「デトロイト・メタル・シティ」は、気弱なミュージシャン志望の青年が、本人の意思とは関係なく、デスメタ...
「デトロイト・メタル・シティ」 (てんびんthe LIFE)
「デトロイト・メタル・シティ」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 松山ケンイチを魅せるための作品だったと思います。 コミックが原作ですが、原作を知らない私にはイケタかも。 万人向けに作った作品だと思うのでたぶんクラウザーさんが投げかけるヤバイ言葉も控え目だ...
デトロイト・メタル・シティ (to Heart)
僕がしたかったのは… こんなバンドじゃない!! 製作年度 2008年 上映時間 104分 原作 若杉公徳 (白泉社『ヤングアニマル』連載) 脚本 大森美香 監督 李闘士男 音楽 服部隆之 出演 松山ケンイチ/加藤ローサ/秋山竜次/細田よしひこ/大倉孝二/岡田義徳/鈴木一真/高橋一...
『デトロイト・メタル・シティ』 原作ファンを裏切らない、クラウザーさま完全憑依の松ケン!!! (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
『デトロイト・メタル・シティ』 監督:李闘士男 脚本:大森美香 原作:若杉公徳 出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、高橋一生、美波、大地洋輔、大谷ノブ彦、宮崎美子、松雪泰子、ジーン・シモンズ、加藤諒、池...
いつでも、どこでも、クラウザーさんは現れる (CINECHANの映画感想)
242「デトロイト・メタル・シティ」(日本)  お洒落な渋谷系ポップミュージシャンになることを夢見て大分県犬飼から上京してきた、心優しい青年・根岸崇一。甘いポップソングでデビューを目指すが、大学を卒業してから彼がやっていること。それは奇抜なメイクと演奏...
デトロイト・メタル・シティー (映画の話でコーヒーブレイク)
私は何故この映画を見に行ったのか? 邦画はあまり見ないし、ましてや白塗り悪魔系のヘビーメタル。 今までなら、絶対見ないジャンルです。 たまたま本作のプロモーション活動をしている松ケンをテレビで見ました。 「松ケン」ってキンキラでサンバを歌って踊っていた暴れ...
「DMC デトロイト・メタル・シティ」ついに降臨! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
エロイのグロイの汚いのオンパレード、大人気ギャグマンガ「デトロイト・メタル・シティ(DMC」が、待ちに待ってついに実写映画 公開となる。 放送禁止用語を取ったら、台詞ないじゃん?の心配をよそに、原作ファンも松ケンファンも大爆笑の渦に巻き込む、爽やか(?...
アニメ版 「デトロイト・メタル・シティ」 必見!! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
TSUTAYAに行ったら、クラウザーさんと松ケン根岸くんがいっぱい~♪ レジ前にはDMCのコーナーが! 「わ~DMCのアニメ版はパッケージが漫画の表紙と一緒なんだぁー」と思ってよく見ると、漫画のレンタルだった。 1週間100円。 立ち読みしたらタダだけ...
デトロイト・メタル・シティ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年8月23日 公開 "恨みはらさでおくべきか"・・・「できたわね、新曲」 あぁ~あ、面白かった!っていうのがまず感想です♪ 松ケンこと松山ケンイチ君、頑張りましたね! だってほら、こんなに違うキャラを演じ分...
デトロイト・メタル・シティ(映画館) (ひるめし。)
僕がしたかったのは・・・こんなバンドじゃない!!
「デトロイト・メタル・シティ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「デトロイト・メタル・シティ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松山ケンイチ、細田よしひこ、秋山竜次、松雪泰子、加藤ローサ、他 *監督:李闘士男 *原作:若杉公徳 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ...
『デトロイト・メタル・シティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デトロイト・メタル・シティ」□監督 李闘士男 □原作 若杉公徳 □脚本 大森美香 □キャスト 松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、松雪泰子、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、宮崎美子、ジーン・シモンズ、高橋一生、美波...
デトロイト・メタル・シティ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ボクがやりたかったのは…こんなバンドじゃない!」そんな根岸の苦悩とは裏腹にクラウザーさんはどんどんカリスマとなっていく…。理想と現実にもがき苦しむ悲劇(喜劇?)のヒーローの大活躍が、いま始まる!! 物語:おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ...
「デトロイト・メタル・シティ」望まなかった夢がみんなの夢になっていた純粋な青年のドリームストーリー (オールマイティにコメンテート)
「デトロイト・メタル・シティ」は李闘士男の漫画「デトロイト・メタル・シティ」を映画化した作品で大分の田舎から出てきた1人の青年が大学を卒業してポップシンガーを目指したがレコード会社を間違えた事でデスメタルバンドデトロイト・メタル・シティ(通称DMC)のボ...
デトロイト・メタル・シティ (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
原作のレビューに続いて、映画版の感想です。主演は『デス・ノート』でLを演じた松山ケンイチです。根岸崇一はポップでオシャレなミュージシャンを目指して上京する。東京の大学を卒業後、彼がやっているバンドは…デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ...
「きみの友だち」「デトロイト・メタル・シティ」映画レビュー 映画って (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
「きみの友だち」「デトロイト・メタル・シティ」
悪魔が来たりてデスメタル 若杉公徳・李闘士男 『デトロイト・メタル・シティ』 (SGA屋物語紹介所)
人は見かけによらぬもの 人は見かけによらぬもの カッコだけで判断しないで Fir
映画『デトロイト・メタル・シティ』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
原作漫画から飛び出したニュー・ヒーロー(!?)『デトロイト・メタル・シティ=DM
デトロイト・メタル・シティ (映画初日鑑賞妻)
★★★★★ 面白かったー! 松山ケンイチいいねー。 本当に同一人物かと疑っちゃうくらいの演じ分け。 よくあんな声が出せるのね、すごーい。 松雪泰子にも、惚れたね。
『デトロイト・メタル・シティ』 2008-No55 (映画館で観ましょ♪)
“L”の松ケンが根岸君=クラウザー2世になりました。    原作は 爆笑デスメタルギャグ漫画 なのだそうで、 遊園地のトイレや裏...
デトロイト・メタル・シティ(★★★) (おっさんノングラータ)
原作ファンも概ね満足な映画化 IMDb(─) goo映画(81点) 超映画批評(80点/オススメ) 無性に漫画を読みたくなり、『この漫画がすごい!』で紹介されていた『デトロイト・メタル・シティ(DMC)』を買って読んだのが2年前のこと。いやあ、面白かった。面白かったけれ...
デトロイト・メタル・シティ (Thanksgiving Day)
映画「デトロイト・メタル・シティ」を観に行ってきました!! この映画は原作も面白いし、安藤裕子ねえやんも注目気味だったこともあって、公開されたら絶対観ようと決めてたんですよ。 なので早速、公開初日に行ってきたというわけです。 こんな内容の映画です。...
『デトロイト・メタル・シティ』@新宿ジョイシネマ (映画な日々。読書な日々。)
おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田舎から上京した心優しき青年・根岸崇一。「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、本人の意志を無視して悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(...
映画 「デトロイト・メタル・シティー」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
予告編の時、出演者の名前の中にカタカナで「ジーン・シモンズ」? エッ(゜Д゜≡゜Д゜)マジ?、本物ですか? (((( ;゜ω゜)))アワワワワ、あの...
【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!!