ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「るろうに剣心  京都大火編」

2014年08月29日 | 映画関連

*********************************

嘗て“人斬り抜刀斎”と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心佐藤健氏)。を置き、平穏な生活を送る剣心は、或る日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実藤原竜也氏)が、京都其の名を轟かせている事を知る。

 

政府派遣した討伐隊は志々雄を前に成すが無く、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。志々雄の野心阻止すべく、剣心は京都へ向かう。

*********************************

 

1990年代に人気を博し漫画るろうに剣心 ‐明治剣客浪漫譚‐」は、明治時代初期日本を舞台に、明治維新動乱で人生を翻弄された人々の姿を描いた作品。原作未読だが、2年前に観た実写映画るろうに剣心」が面白かったので、第2弾の「るろうに剣心  京都大火編」を観て来た。

 

大久保利通宮沢和史氏)紀尾井坂で暗殺されるシーンが登場するので、今回の作品の時代設定は、1878年という事になるのだろう。

 

幕末には長州藩に属し、緋村剣心から影の人斬り役を引き継いで暴れ回るも、其の底知れぬ野心を危険視した味方から暗殺され掛かった男。」という設定の志々雄は、暗殺され掛かった際に全身を火で焼かれたという事で、全身を包帯でグルグル巻きにされた異形の姿。“勝ち組”となった長州藩の面々中枢を占めているという事から、復讐に明治政府の転覆図るというストーリー。

 

前作のレヴューでも記したが、主人公の剣心を演じる佐藤健氏が良い。又、他の配役も全体的に悪く無い。(狂気秘め瀬田宗次郎役は、神木隆之介氏が演じているのだが、あどけない表情と狂気に満ちた表情との使い分けが上手い。)

 

ストーリー展開も興味を惹かれるし、何よりも随所に盛り込まれた殺陣のシーンが圧巻で、ぐいぐいと引き込まれてしまった。

 

今回の作品は未完結で、来月中旬に公開予定の第3弾「るろうに剣心 伝説の最期編」で完結するのだとか。最後に現れた“謎の男”を福山雅治氏が演じているというのは、「(佐藤氏と)同じ事務所(アミューズ繋がり其れとも、ドラマ龍馬伝』繋がりか?」等と裏読みしたくなるが、第3弾を是非とも観に行きたいと思っている。

 

総合評価は、星3.5個

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 嫌な御時世 | トップ | 火事場泥棒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

「るろうに剣心 京都大火編」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:大友啓史 原作:和月伸宏 脚本:藤井清美、大友啓史 撮影:石坂拓郎アクション監督:谷垣健治 製作総指揮:ウィリアム・アイアトン プロデューサー: