ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

ジェノサイド

2017年09月30日 | 政治関連

一昨日の記事「“気泡”の党」で希望の党胡散臭さを指摘したが、日を追う其の思いが強くなっている。

 

「暴走している安倍政権を終わらせる、『名を捨てて実を取る。』と事にした。」と民進党前原誠司代表は、実質的解党&希望の党への吸収される事を決断した理由を説明していた。そして、「安倍政権を終わらせる。」とは言っていないものの、安倍政権との対決姿勢を小池百合子都知事は主張していた。でも、個人的には「『女性初の首相になる事が最終目標の小池百合子都知事にとって、自民党は手を握る必要が絶対に在る存在で在り、思考的にも自民党と変わらない。』し、一方『一日も長く首相の座にしがみ付いていたい安倍首相にとっては、小池都知事との連携不可欠。』という現実。小池都知事の率いる政党は実質的に“自民党小池派”で在る事からも、選挙後には希望の党と自民党は必ず手を組む。」と思っている。

 

極右的政党「日本のこころ」は「安倍政権のする事は無条件で賛成。」というスタンスを取り続けていたので、党から中山恭子参院議員と夫の中山成彬氏が離党&希望の党へ参加する事になった時点で、「希望の党は矢張り、自民党と連携するな。」と確信した訳だが、案の定、中山成彬氏は自身のツイッター安倍首相の交代は許されない。と主張。「だったら希望の党では無く、自民党に復党すれば良いのでは?」と思ってしまうのだが、小池都知事が自民党と手を組むのを判っていればこそ、「今は勢いが在る希望の党に入り、自民党に自分を高く売りたい。」という事なのだろう。

 

民進党を離党し、希望の党に入った細野豪志環境相が色々主張している。民進党時代から“”を感じる人で在ったが、自分を評価しなかったり、肌合いの合わなかった人達をねちねちと甚振る様な物言いに「陰に籠もった感じだなあ。」と。「戦国時代寝返っ武将敢えて敵(寝返った武将にとっては、元味方。)と戦う最前線に立たせ、忠誠心を確認する。」という事が良く行われていたが、小池都知事も其れ倣ったという事か。だとしたら、彼女の手法も、ねちねちとした物を感じる。

 

彼女は希望の党に付いて、「寛容保守改革政党」と言っていた。でも、民進党に対する態度を見る限りでは、寛容さの欠片も感じられない。

 

確かに民進党、そして其の前身民主党は内部の主義&主張がばらばらで、結果的に民の支持を失った事実は在る。だから、「何でも彼んでも受け容れる訳では無い。」というスタンスは判らないでも無いけれど、小池都知事が目論んでいるのは自分と肌合いの合わない連中、即ちリベラル議員の“排除”、、もっとはっきり言ってしまえば“ジェノサイド(集団殺戮)”。としか思えない。

 

組織から多様性が失われれば、其の組織は確実に崩壊に向かう。“安倍党”と化した自民党ですら、少数派とは言え『宏池会』というリベラル派が存在しているというのに、希望の党は多様性を一切認めない不寛容な政党にしたい様だ。

 

「多様性を一切認めず、排除の論理を面白おかしく支持している人達。」が最近増えているが、「排除の論理を続けた挙句に迎えるのが“自分達の排除”。」という事に、想像が及ばないのだろうか?古今東西歴史繙けば、そんな事が幾らでも起こっている事に気付くだろうに。

 

ジェノサイド志向の希望の党に、自分は“希望”が持てない。今回の選挙、安倍政権が崩壊する程度に自民党が負け、そして同党の宏池会の連中に頑張って貰うしか無いのだろうか?昔から自民党が嫌いな自分にとっては、其れこそ「名を捨てて実を取る。」という事になるのだけれど・・・。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 口から出れば世間 | トップ | 「教員のスキル・アップを図... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠々遊)
2017-09-30 16:10:45
前原民進党代表は、一度目の民主党代表の時に「メール問題」で一度民主党を窮地に追い込んでいますが、今回はとうとう自分たちの党を壊党(解党ではありません)してしまいました。
自分たちの理念・大義を全うするためには選挙に勝てる手段は何でも取る、というのならまだ理解できますが、当選するために理念・大義を曲げるというのでは、まさに人間としても「さもしい」のでは。
リベラル派の人たちは事ここに及んで「気泡の党」党首の顔色をうかがうのでなく、自分たちも旗印を鮮明に掲げてやせ我慢するぐらいの意地を見せてほしいものです。
「非自民、非共産」に共感する有権者が相当数いるはず、と思うのは楽観過ぎるでしょうかね。
>悠々遊様 (giants-55)
2017-09-30 20:06:44
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

今回の選挙、自民党は大敗するも、単独過半数、乃至は公明党と合わせて過半数は得られると予想しています。そして、希望の党は躍進するけれど、巷間思われている程の大勝ちはしないのではないかと。そうなると、希望の党が自民党と連携する可能性は、格段に高くなる事でしょう。

1%の可能性も無いと思っています(安倍政権にべったりな維新と今日、希望の党が選挙協力を結んだ事からも)、仮に希望の党が安倍政権打倒に動いた場合、希望の党から中山夫妻を始めとした“自民党別動隊”の連中が、間違い無く自民党に移る。

そういう連中と同様、「取り敢えず希望の党で当選し、そして元の党に戻れば良い。」といった“強かさ”を持つ民進党の議員は見当たら無いし、そういう強かさが在ったら、民進党は今の体たらくにならなかったろうし。(そんな事をしたら、国民の政治不信は益々進み、「2・26事件時の様な、危うい国情に成り兼ねない。)

「ピンチはチャンス。」という言葉が在ります。厳しい言い方をすれば、民進党の議員の多くは「コップの中の嵐許りを好み、本当の大嵐を経験して来なかった。」ので、今回の一件でリベラル派を中心に“良い意味で”強かになって欲しい。確固たる信念に基づき、筋の通った政策を打ち出した上、正々堂々と愚直に戦う。直ぐには結果は出ないだろうけれど、そういう愚直さが今の日本の政治には必要。「耳目を引く言葉を繰り出すだけで、実際には何もしていない(出来ない)政治“屋”が大手を振るって闊歩する政界は、もうウンザリなので。
災い転じて福とせよ (Kei)
2017-10-01 22:56:06
民進党議員の希望の党への大挙合流のニュースには、ほとほと呆れ果てましたね。
これまで、国会で集団的自衛権を含む安保法制や共謀罪法案の強行採決に猛抗議し、委員長に泣かんばかりに詰め寄っていた、あの姿は夢まぼろしだったのでしょうか。
希望の党の基本方針は、憲法改正、安保法制容認と、従来の民進党方針とは真反対で、いくら民進党の看板では選挙に勝てないとは言え、これでは悪魔に魂を売ったと言われても仕方ないでしょう。私は、そんな民進党議員諸氏に「恥を知れ!」と言いたい気分です。
ただ今日のニュースでは、民進党の枝野議員が、「前原代表は、(希望の党に移っても)我々が積み重ねてきた理念と政策の方向性は、しっかりと維持をされると、私たち(議員)の前で約束をした」と発言しています。
これが本当だとすると、前原代表は小池氏にダマされたか、あるいは前原代表が総会で議員の賛成を得たい為にウソを言ったかのどちらかという事になりますね。
でもどっちにしても前原代表が一番悪い。もし小池氏が前原代表に枝野発言のような主旨の約束をしたとしても、口約束だけでなくきちんと文書でもらっておくべきでしょうに。本当にこの男はバカですね。一度は政権を取った政党を自爆テロで壊滅させたA級戦犯として、歴史に残るでしょうね。

しかし、リベラル派で、希望の党から排除されそうな民進党議員たちも、これを災い転じて福となる道はあります。自分たちの主義主張「護憲、安保法制反対、安倍政治反対」を旗じるしに、新党を結成して選挙を戦えばいいのです。そして選挙区では従来の、共産、社民、自由党との選挙協力で候補を一本化すれば、十分勝ち目はあります。幸い、電力労連の絡みで脱原発に難色を示す“連合”のしがらみが取れて、堂々「脱原発」を主張する事も出来ますし。
何より、「安倍自民党には入れたくないけど、希望の党も自民と主張が近くていや、さりとて共産党にも入れたくないし」と思っている無党派層の受け皿になる可能性があるので、これに今回の合流にあきれた民進党支持者の票も加われば、希望の党に行きかけた票もかなり戻って来るかも知れません。
例え今回は時間が足りずに落選したとしても、「魂を売らず信念を貫いた立派な候補者」として評価は高まり、次に期待出来ると思います。是非実現していただきたいと、切に願っております。
>Kei様 (giants-55)
2017-10-01 23:14:17
書き込み有難う御座いました。

民主党及び民進党、此れ等を瓦解させた“戦犯”は幾人も挙げられますね。鳩山由紀夫元首相に菅直人元首相の“迷走振り”も大きかったけれど、勝ち目の無い戦に挑んだ野田佳彦前首相の罪は重い。「国民に消費増税という更なる負担をさせる以上、我々も身を切らなければならない。次の国会で議員定数の削減を決めるならば、解散&総選挙する事を約束する。」と当時の安倍晋三総裁に対し大見得を切ったのは良いけれど、きちんとした書面で決めなかった事から、もう5年も議員定数削減は棚上げされている始末。全くアホです。

そして、今回の前原代表、実は明日の記事で取り上げますが、小池都知事に騙されていたのか、其れとも小池知事と共に騙していたのかは不明なれど、Kei様が指摘されている様にアホ過ぎる。野田前首相と共に、A級戦犯として後世の歴史に名を刻まれる事でしょう。

政治家にとって、主義&主張は命の筈。とは言え、昨今の政治家(否、政治屋)に、そんな高邁な物を求めるのも虚しいだけかもしれないけれど、そういった物を安直に捨て去り、“利”に走るというのは実にさもしい。正に「恥を知れ!」です。

自分も今回の一件は、リベラル派にとってチャンスに成り得ると思っています。直ぐに結果が出るとは思わないけれど、“寄らば大樹の陰”とならず、確りとした理論や思想に基づき、確固たる主義&主張を訴え続ければ、其の思いは少なからずの人達の心に響くと信じたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。