ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

中国に於ける邦人の自殺

2006年06月25日 | 時事ネタ関連
先だって報じられていたのだが、中国に於ける邦人の自殺が増加傾向に在るそうだ。2000年に中国で死亡した邦人数は57人で、その内自殺者はゼロだったのだが、2004年には死者数97人の内自殺者は10人で、海外で邦人が自殺する場所として毎年1位を続けていたアメリカを抜いたという。(2005年の自殺者数は7人。)

中国では、日系企業が多い上海やその周辺で邦人の自殺が多いのが特徴で、その原因の多くは「仕事の悩み」と「女性問題」に在るとされている。元記事にも載っている様に、「独資(100%外資)の日系企業が多く、それが故に様々なトラブルを一人で抱え込まなければならない。」といった面も大きいのだろう。

中国とのビジネス経験が余り無いので、現地に駐在している知人の話から想像するしかないのだが、彼はしばしば中国は法治国家では無く、”人”治国家だから。と語っているし、知り合いの中国人も同様の事を口にしている。勿論、中国にも法律は存在しているだが、中国側に都合の良い様にコロコロ変わり、正に朝令暮改の状況だと。法よりも人(中国共産党幹部)の意向が優先される面が多いし、何しろより良くも悪くも権謀術数に秀でた国なので、ビジネスをして行く上で他国とは違ったタフさが必要とされるとも語っていた。

日系企業の側も、全責任を社員一人におっ被せて中国に送り出すのでは無く、様々な面で細かいケアを施してやらないと、タフな彼の国での邦人自殺者数が激減する事は無いだろう。
ジャンル:
海外ニュース
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« それで良いのか? | トップ | ターニング・ポイント »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なまじ近いからかも? (破壊王子)
2006-06-25 23:25:54
皮膚や髪の色が同じだから大変なのかもしれませんね。共産主義を掲げながらも未だ儒教国家です。日本は儒学として宗教的側面を薄めたものとして取り込んだものですからギャップが出てきます。

日本人は江戸時代には宗教を克服してますが、世界的にはこんなのは少数派です(アメリカからキリスト教を今除けば内乱になるでしょうし、無理解なためにイスラムの戒律を日系企業が無視して大問題によくなります)その辺が企業がケア不足なのが原因の一つだと、自分は思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。