ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「拡大解釈」を十八番にして来た政党だから

2013年05月17日 | 政治関連

*********************************

徴兵制 自民憲法草案でも認められないと総理」(5月15日、エコノミックニュース

 

安倍晋三総理は15日の参議院予算委員会で、徴兵制に付いて「自民党憲法改正草案でも認められない。」と断言した。

 

安倍総理は「現行憲法に於ても、徴兵制は認められない。」とし、現行憲法で認められない根拠に付いては、「犯罪による処罰の場合を除いて本人のに反する苦役服させられないとの条文(18条)に反する物だと理解している。」とした。

 

其の上、安倍総理は自民党の憲法改正草案でも「(何人も犯罪による処罰の場合を除いては、其の意に反する苦役に服させられないという同じ様な条文が在るとし)徴兵制は認められない。」と語った。

 

安倍総理は答弁の中で何が自由民主主義担保しているかと言えば、日本国という存在によって担保している。日本国其の物が危機に瀕した時には自由や民主主義や法の秩序を守るにも、(国民に)様々な協力をして戴く。しかし、其れ兵役では無い。明確に述べた。

 

此れ民主党小川敏夫議員が自民党の憲法改正草案の前文に何人も国を守る事が国民の義務との規定が在り、徴兵制を自民党憲法草案では出来るのではないか、其のを総理に質したのに答えた。

 

小川議員は自民党の憲法改正草案では解釈によって徴兵制を認める様な道が在るのではないかという点が在るので、議論は別の機会に又行いたい。としたが、小川議員は「総理自らの発言で、自民党憲法改正草案によっても、徴兵制は憲法上、許されないという発言は重い言葉だ。」と語った。

*********************************

 

鳩山由紀夫元首相は「Trust me!(私を信じなさい!)」と口にし、其の言葉が信じられなかった事で世間から顰蹙を買ったが、「政治家の発言程、信用が置けない物は無い。」と思っている。「諸法令を自分達にとって都合の良い様に拡大解釈する事で、無駄な公共事業濫造赤字国債乱発等々を行う。」のを十八番にして来た自民党だから、「こういう解釈をしているから大丈夫。」と“今”言った所で、とても信用する事が出来ない。

 

実際問題、所謂村山談話」や「河野談話」に付いて、(自民党も関与していたのに)安倍首相は“異なった解釈”を打ち出そうとしていたではないか?「安倍晋三」という人物の人間性に全く信を置いていないだけに、余計に不安を覚える。憲法草案に「戦争絶滅受合法案」の様な内容を明記すれば、少しは信じられ様が。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 実に価値の在る大きな1勝 | トップ | 新名称は定着しそうも無いけれど »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠々遊)
2013-05-17 23:12:26
数日前の地元新聞の読者投稿欄に、50代の女性の投稿が載っていました。要約すると、

戦後日本が平和でいられたのは平和憲法があったからではなく、日本国内に基地を置く米軍に守ってもらっていたからである。
北朝鮮はじめ中韓などの圧力に対抗するためにも国防軍が必要。
軍になると徴兵制になるという主張があるが、現在の自衛隊でも入隊希望倍率は相当に高く狭き門なので、志願者で十分まかなえる。

勇ましいおばちゃんです。戦時中なら出征兵士を嬉々として送り出していたのではないかと、勘ぐったりして(笑)。
彼女の主張が全て的外れだとは思いません。が、自衛隊を軍に昇格させることが何を意味するか、この人にはまったく理解できていないのではないかということです。

軍事費は世界で十指に入る自衛隊ですが、専守防衛ということで総隊員数は25万人ほどでしょうか。昔、誰かから暴力団員の数よりも少ないと聞いたことがありましたが。

それが国防軍ともなると集団的自衛権などとして、部隊の海外派兵の機会が増えるだろうし、何より仮想敵に備えるという名目が立つので、予算規模も兵員数も何倍も必要になるのは明らかだと思うのですが。

今はまだ、国民を守るのは国の義務、と言っていられますが、国を守るのは国民の義務・・・そうなれば徴兵制を否定することは困難でしょうね。
Unknown (透明人間)
2013-05-18 00:00:14
後になって自分の都合の良いように解釈されては困りますね
そりゃストレートに人生のほんのチョッとの期間でもでも見知らぬ者同士で共同生活をして厳しい軍事訓練に参加しろと言ったら反感を買うのは目に見えてますからね
でも安部総理としては物になる奴&物にならない奴の十把一絡げ徴兵よりも現在の先鋭兵士だけで交戦出来る憲法改正がしたいでしょうね
晋ちゃんは心の中で兵士も武器も兵器も有るのに使えない・・・あの国とあの国に使いたいな、とため息をついてるかも?(勝手に晋ちゃんを好戦的な人と決めつけてゴメンナサイ)
>悠々遊様 (giants-55)
2013-05-18 00:51:42
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

以前、自衛隊出身の佐藤正久議員が、「自民党政権下で徴兵制が敷かれるのではないか?」という事に関して、自身のツイッターで以下の書き込みをされたと報道されていました。

******************
もし本当に自民党筋から「徴兵制を導入すればいい。」というような発言が出てくるとしたら、事情を何も分かっていない馬鹿な議員が軽いジョークでも飛ばすつもりで言ったときぐらいしかあり得ません。「徴兵制」というのはそれぐらいあり得ないことです。というのはどういう理由でかというと、徴兵で取った人員では現代の軍事組織は維持できないからです。これは一般の人には知られていませんが、多少とも軍事知識のある人には常識です。日本で徴兵制を導入しよう、なんて話が出たら真っ先に自衛隊が反対します。そんなことをしたら国防が崩壊しますから。防衛問題に詳しい議員の多い自民党がそんな馬鹿な構想を出すはずがありません。「くだらん寝言言ってる暇あったら仕事しろ。」とツッコまれて終わり、というそういう話なんですよ、本来は。
******************

「“素人”を多く取り入れても、使い物にならない。」という事を言いたい様なのですが、じゃあ他国で徴兵制を導入している国はどうなるのだろうか?説得力が在る様で、全く無い主張に感じました。

「最近はとんでもないガキが多いから、徴兵制を敷いて根性を叩き直せば良い。」といった主張をする人が、結構居たりします。こういう人達って、徴兵制を敷かれた際に自信が徴兵される立場でも、賛成するのだろうか?戦争が実際に起きたら、徴兵された自分達が最前線に立たされ、為政者達は“安全地帯”でノホホンとしている現実を想像出来ているのだろうか?
>透明人間様 (giants-55)
2013-05-18 00:57:37
書き込み有難う御座いました。

法学部に在籍し乍ら、勉強は殆どしなかったとんでも人間の自分ですが、学生時代に某法学の大家とされる人物が書かれた本の内容は、非常に印象に残っています。「刑法等、他の法律は“国民”を縛る為に存在しているが、憲法は“国家が暴走”するのを縛る為に存在している。」といった内容でしたが、今、自民党が憲法草案で第一義に考えているのは、「国家が暴走する縛りを緩め、逆に国民を縛り付ける。」という事の様な気がしています。権利許りを主張し、義務を一切負おうとしない連中や、不正に利益を得ようとしている連中は自分も許せないけれど、だからと言って憲法で縛る事柄では無い。
Unknown (梅吉)
2013-05-18 14:02:39
徴兵制は断固反対です。

憲法改正も反対ですが
自民党国会議員の靖国参拝報道
彼らの靖国参拝の正当化ぶり
竹島の問題、尖閣諸島の問題 
北朝鮮、中国、韓国の反日感情
反日パフォーマンスぶり
そういう報道を何度も見てきました。
あと災害に自衛隊は派遣できないということが
法律で定められている以上
憲法は改正せざるを得ないのかもしれませんが。

それでも徴兵制はやめてほしいと願います。
戦争反対なのは日本が唯一の被爆国であること
核、核兵器、核実験を正当化すること
非核三原則までも改正されること
それが起こるかもしれないから不安なのです。
話し合いより武器、武力攻撃するなんて国は
少ないでしょ。
北朝鮮、中国、韓国、アメリカ、ロシア
くらいのものじゃないですか。
一体何が目的で戦争をするのか
何が目的で徴兵制を敷くのか
自民党の考えていることは本当にわからないです。
しかも急進的に進めようとしているから
なおさら恐ろしいですよね。
子どもたちのこと、子どもたちの命のこと
真剣に考えているのかと思う。 

憲法改正と徴兵制は
いつやるか今でしょ
では困ります。 
>梅吉様 (giants-55)
2013-05-18 20:59:25
書き込み有難う御座いました。

国会議員が集団で靖国神社を参拝する光景をニュース等で目にする度、其処に「戦没者への深い悼み」では無く、「集票を意識したパフォーマンス」しか感じ得無く、うんざりした気分になります。本当に戦没者を悼みたいならば、「赤信号、皆で渡れば怖く無い。」と許りに徒党を組んで行く必要は無く、“何時“でも“何処の場所”でも悼める筈。又、彼等の中で千鳥ヶ淵戦没者墓苑“にも”足を運んでいる人が、果たして何れだけ居るのか?「カメラが待ち受けているから靖国には行くけれど、そうじゃない千鳥ヶ淵戦没者墓苑には行かない。」というので在れば、こんなに戦没者を冒涜した話は無いでしょうね。

他国が一方的に戦いを仕掛けて来たならば、愛する家族を守る為に戦う気持ちは在る。でも、アホな為政者達の考えで戦争に巻き込まれ、戦場に送り込まれるなんて真っ平御免。行くなら、為政者達や戦争をしたくて堪らない連中が行けば良い。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。