ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「イヤだ~!ボクちゃん悪くないモン!!」

2007年07月30日 | 政治関連
一昨日に投開票された参院選挙自民党公明党という与党の歴史的大惨敗に終わったが、それでも安倍首相は続投を宣言した。続投するか否かは野党内で決めれば良い事、否、その重責鑑みた場合に自身の出処進退は首相自身が決める可き物と思っている。しかし果たして今回の場合、「そういった原理原則が当て嵌めて良いのか?」と問われれば、個人的には「当て嵌まらない。」のではないかと考えている。何故ならば、「今回は、私と小沢さんのどちらが国の代表者として相応しいかを選択する選挙。」と首相自身が事在る毎に主張していたからだ。”その主張からすれば”、今回の結果は少なくとも「安倍政権にNO!」が突き付けられた訳で、今になって「参議院選挙は首相の是非を問う物では無い。」といった言い訳で逃げるのは卑怯極まり無いと思う。*1

「私の国造りはスタートしたばかり。これからも責任を果たす。」と首相は語っている様だが、本当にそんな高邁な思いが彼に在るのか疑問。久間章生防衛大臣問題発言をした際、断固として庇う姿勢を見せ乍ら、久間大臣が辞職願を持参するとあっと言う間に受理。何でもかんでも強行採決で押し切る姿勢に与党からも疑問の声が上がり、”取り巻き連中”が自重を求めた際も、まるで駄々っ子の様に話を聞いてくれなかった。という話も報じられていた。今回の大惨敗を受けて中川秀直氏は幹事長の職を、そして青木幹雄氏は党参議院議員会長の職を辞する事を早々に発表した。中川氏の辞職願をこれ又あっさりと受理した安倍首相には、首相の座を手放すなんてイヤだ~!ボクちゃん悪くないモン!!という思いしか無いのだろう。彼を首相にする事を生き甲斐にしていた”ステージママ”の洋子さん(岸信介元首相の娘にして安倍首相の実母でも在る。)との間で「晋ちゃん、首相を辞めちゃ絶対に駄目よ。」、「うん判ったよ、ママ。」という会話が交わされたのかどうかは知らないが安倍首相の我が身大事さ加減というか空気の読めなさ加減は相当な物だと言わざるを得ない。一将功成りて万骨枯る」という言葉がピッタリ。

それにしても今回の選挙結果はやや意外だった。与党、特に自民党が敗北を喫するのは判っていたが、あれ程迄の惨敗とは思っていなかったからだ。「消えた年金問題」や「政治と金の問題」、「大臣達の相次ぐ失言」等で安倍内閣の支持率は急降下していたものの、「強者が全て正しい。」といった寄らば大樹の陰的な考え方が幅を利かせている現代に在っては、「それでも自民党に票を投じる!」という人が多いと踏んでいた。それに加えて、公明党の支持母体で在る創価学会が何時も以上に”総動員”を掛けているのを知人から聞いていたので(熱狂的な信者として有名だったものの、これ迄前面に立っての応援演説は恐らく無かったと思う久本雅美さん迄”投入”されていたし。)、投票率が想像していた程上がらなかった事から「こりゃあ組織票で与党の大敗は無いな。」というのが開票前の思いだった。今回の結果は、それだけ国民の怒りが大きかったという表れだろう。

人によって意見は異なるだろうが、個人的には「二大政党」が望ましいと思っている。又、積極的な支持者という訳では無いが、”消去法”で民主党を応援しているので今回の結果は嬉しい。しかしマスメディアでも散々報じられている様に、「民主党を評価して同党に多くの票が投じられたというのでは無く、あくまでも自民党の対応が余りにも酷過ぎたという敵失による物、即ち民主党が漁夫の利を得た。」というのは間違い無いだろう。だからこそ民主党の議員達は、これ迄以上にしっかりと身を律して国政に臨んで欲しい。与党に対して何でもかんでも「NO!」を突き付けるのでは無く、「同意出来る面は同意し、絶対に受け容れられない事柄は断固として拒絶する。」といった現実的な是々非々の姿勢が求められる。これ迄自分達が遣って来た様に、参議院では”少数派”となった自民党&公明党が鵜の目鷹の目で民主党のスキャンダルを捜し出して来るのは想像に難くないラブ・アフェアの類なぞどうでも良い事だが、「違法行為を絶対に為さない。もし自党の議員による違法行為が発覚した際は、しっかりと厳しい処分を下す。」という”当たり前の対応”を民主党は採るべし。これ等を怠れば、次回の選挙では今回と全く逆の目が出るのは確実だろう。

*1 小泉前首相の時にも「今回は郵政民営化の是非を問う選挙だ!」と散々主張し、大勝を収めると「これで”全て”が承認された。」と他の案件迄”力尽くで”押し通していた。手前勝手に”解釈”を変える欺瞞性にはウンザリ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 「6時間後に君は死ぬ」 | トップ | 団地マニア »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感覚のズレ、空気を読めない、ある意味気の毒 (マヌケ)
2007-07-31 12:15:06
彼はずれていると思います。 実を言うと、まだなんでこれほど負けたか理解できていないんだと思います。 改革で今までさんざん我慢してきたら、結局は
カネモチだけがさらに裕福になって、経済的な成功ばかりもてはやされる国になってしまった。 中産階級からランク落ちしてビンボウ人が増えてしまい、それでも美しい国とか意味不明なことを言ってては、そりゃあ大勢の勤労者が小泉さんの代わりに彼に怒りをぶつけても仕方ない運びでしょう。 せっかくの賃上げが増税と社会保険料負担の増加で消し飛んでしまって手取りが減ったサラリーマンの恨みは大きかったんじゃないのかなあ。
結局のとこ格差とか気にしてないし、その原因が構造的なもので、がんばってもあがなえない人が大勢いるのに助けないし、「いつの時代にも格差はある」で切り捨てたら怒り心頭ですよ。 慶応や早稲田でてるのに「うちは派遣社員しか雇いませんが、それでもよければどうぞ・・・」なんて、がんばってもどうにもならないでしょう。 一年毎の契約更新で来年は働けるかどうかもわからない若者が高学歴でもたくさんいる。 おぼっちゃん育ちの安倍ちゃんにはわからない
世界がまだまだたくさんあるね。 「皆さん!改革です、今は我慢です。 我慢して、我慢して、耐えてください! そうすればいずれ痛みに慣れます。」というギャグが今でも笑えます。 安倍ちゃんもちょっとは痛みを知ったかな。
田舎の恨み (Spa supernova)
2007-07-31 14:29:35
ついに田舎の恨みが自民党を見捨てるという行動に出たな、と思いましたね。最近の小沢民主はかつての自民のような「農村政党」路線もとってますからね(前原とかはご不満なようだが)、「農村政党」路線プラス戦前の無産政党の流れ(西村真悟とかはこの流れの「無産右翼」の流れなんでしょうね。彼は逮捕されたんで民主党にはもういないけど)が功を奏したのかしら。

安倍がやめられないのはとにもかくにも次がいないから、でしょうね。有力候補の麻生は正直失言ばかりで持たないでしょう。

まあフランスまでが新自由主義に舵を取る時代ですから、今後も痛みは続く、永遠に続くのかなあという絶望感もあるのですが、今回の結果は痛快でしたね。まあ民主、国民新党の中にもどうかと思う候補はいましたが(亀井の娘とかね)。
>マヌケ様 (giants-55)
2007-07-31 18:40:29
書き込み有難う御座いました。

国家財政が困窮し、飢えに苦しむ国民達の怨嗟の声を家臣から聞かされた際、「パンが無ければ、ケーキを食べれば良いじゃない。」と言い放ったというフランスのマリーアントワネット王妃の話は有名ですが(どうやらこの話、事実では無くフィクションという事では在りますが。)、それに近い匂いを安倍首相には感じます。「彼は優しい人柄だから、”部下”を見捨てられない。」という声を時折耳にしますが、個人的にはそうでは無い気がしています。要は権力にしがみ付きたいが為、部下を切ってしまうと自らの任命責任が問われてしまうので、ギリギリ迄”店晒し”にしているだけなのではないでしょうか。

大敗を受けて「これからは民主党の意見にも耳を傾けたい。」、「政治と金の問題にきちんと取り組む。」等の発言をしていますけれども、これも極めて疑わしい。真に「政治と金の問題」に対峙する気持ちが在れば、「そういう取り決めが無いから、領収書等は提示しなくて良い。」なぞと言い訳をせずに、”自民党総裁としての権限”で早急に赤城大臣に全てを詳らかにする様命じる筈。その動きが全く無いというのは、「所詮この逆風も一時に過ぎない。適当にごまかしていれば、その内馬鹿な国民は忘れるに違いない。」という本音が彼には在るのではないかと。

政治家に必要な要素は幾つか在りますが、”時代をビビッドに感じ取るセンス”というのもそうでしょうね。このセンスが全く無い首相に、この国の舵取りを任せていて本当に良いのか?彼が繰り返す「美しい国」というフレーズが「一部の人間だけが潤う国」、「身内だけは大事にする国」という風にしか聞こえない昨今、その不安を非常に感じます。
>Spa supernova様 (giants-55)
2007-07-31 19:03:43
書き込み有難う御座いました。

都会では「自分達にはこれだけ高い税金が課せられているのに、政治家や官僚達は”甘い汁”を吸い続け、それがバレても開き直って説明責任すら果たそうとしない。ふざけるな!」という怒りが、そして地方では正に「棄民状態」に置かれ続けた事への怒りが在り、それが極限迄行った中での選挙だったのでしょうね。

小沢代表が打ち出している政策には、確かに嘗ての自民党が得意にしていた「ばら撒き政策」の匂いを感じないでも在りません。唯、無為無策なばら撒きは言語道断ですが、必死で働いているのに困窮した生活を送らざるを得ない人達が居るならば、其処に”きちんと先を見据えた政策に基づいて”、手を差し伸べるのは”政治”の役割でしょうね。

「選挙に強い小沢」という看板が色褪せかかっていた近年、1年前から一人区にターゲットを絞り、自ら足を運んで「何を選挙民が欲しているのか?」をリサーチ&対策を打って来た事で民主党を大勝利に導いた小沢氏の強かさ。あの”看板”も伊達では無かったのだなあと改めて感じました。

とは言え、民主党にとってはこれからが大事。きちんと腰を据えて、真面目に&現実的に政治に当たって行かないと、「やっぱり民主党は駄目だ。」と離れて行ってしまう国民は少なくないでしょうね。
宇野橋本両首相ともに参院選の責任を取って辞職 (ハムぞー)
2007-07-31 20:23:55
首相は「改革を進めねばならない」とは言うものの、
実際参議院を抑えられているので、法案を止めようと
思えば野党は幾らでも止められる
(勿論衆院で三分の二以上再議決の手法はありますが)

そんな状態で政権運営が思うとおり
出来ると思っているのでしょうか?

それとも閣僚の不祥事があっても辞めさせなかったように、「辞めさせてもらえない」のでしょうか?

ましてや残留なら野党は
「攻撃目標」が残るのでやりやすいだろうし・・


「何故辞めないのか!」ではなく
「(自民党がそれを許すのが)不思議でしょうがない」のですが・・
リーダーとしての評価 (o_sole_mio)
2007-08-01 01:03:30
TBありがとうございました。

安倍さんはメディアに登場した頃から持論を強引に主張する余り、議論がかみ合わない状態がしばしばありました。「漢字一文字で」という質問に何度も「漢字二文字」で答えたり基本的なリテラシーがあるのかなとすら思ったりすることがあります。

ご指摘の通り安倍さんは今回の敗因が自分のせいではないと思っているのでしょう。年金問題は菅さん以降の歴代の厚労相のせい、失言は発言した大臣のせい、格差や郵政民営化のしこりは前任者の小泉さんのせい、と言った具合に。

安倍さんに対する評価で代表的なのは「頼りない」ではないでしょうか。選挙戦の安倍さんの演説をジェスチャーを含めて失礼ですが「キモイ」と思ってしまいました。挙句の果てには「改革ができるのは「自民党と公明党」」と言うべきところ「自民党と民主党」と言って周囲の失笑を買う始末、いや、本音が出たかもしれませんが。また大臣の失言に対する任命責任など今回の選挙結果に安倍さんのリーダーとしての評価もある程度出たと思います。

安倍さんが本気でこれから首相を務めて行きたいと思うのであれば、本当に必要なのは本気で叱ってくれる怖いご意見番ではないかと思います。
Unknown (d_d-)
2007-08-01 18:46:04
TBありがとうございました。
市民感覚とのあまりのズレに叩かれまくっている安倍氏ですが,
実は,彼の続投は,筋が通っているんですよ。

「法律にのっとって適正に対処する」内閣なんですから。
と思う今日この頃です。
経験不足 (三四郎)
2007-08-01 21:03:16
TBありがとうございました。
保守派としては今回の結果は残念なものでした。しかしマスコミの偏向報道を抜きにしても安倍首相の戦術の拙さが露呈しました。マスコミ対応、組閣の人選と期待外れの場面が多かっただけに、安倍首相は一度引いて経験を積み直す必要があるのでしょう。
Unknown (生活習慣改善中)
2007-08-01 21:34:53
なんとなく感じる違和感がありますね。安部首相。

今まで本人が直接何かをやらかした、
ってのはないんですけど
問題が起きるたびに対処能力の無さを露呈します。

いろんな問題にしても今回の惨敗にしても
我が身のことと捉えられてないんじゃないかな。

上流階級のお坊ちゃま育ちだと
あんな風に感覚がずれてしまうんでしょうか。
昨日同級生と飲んだときの話 (Spa supernova)
2007-08-02 01:05:10
中学の同級生で田舎で自営業を継いでいる者と飲んだときの会話はずばり「田舎はどんだけ生殺しにされればいいのか」という話題でした^^;。giantsさんもご指摘のとおり、公共事業ばかりを欲する体質からどう自立するか、なかなか難しい問題です。

また自分の田舎もご他聞に漏れず合併したのですが、その際に国から大金(借金ですが)が入りました。しかしその使い道は決められており、箱もの、道の整備(どう考えても必要なさそうな…)に当てられるためのものだったようです。詳しいことは不勉強ゆえよくわからないのですが、彼は口から泡を飛ばす勢いでそのカネの怪しさ、使われ方の酷さ、決して住民に何の利益にもならないかについて、を演説してくれました^^;。「自立しろ自立しろ言うが、そのはしごを外してるのはどこの誰や!」みたいな感じで…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

30 トラックバック

参院選いろいろ (破壊王子流勝手日記)
昨日は午前中に投票と買い物を済ませた(夜から仕事なので)しかし幕藩体制への復古を
参院選 民主党 第一党に躍進 (王様の耳はロバの耳)
自民、歴史的大敗 民主躍進、初の参院第1党(朝日新聞) - goo ニュース この春「都知事選の開票速報」を8時数分過ぎに見たら既に「石原氏の当確が出ていた」という魂消た速報を経験しました。 出口調査の正確さが証明された一幕でした。 {/face_ase1/} 今回はその反省...
死に体内閣 続投を表明 (zara's voice recorder)
「責任果たしていく」安倍首相、続投の意向表明 安倍首相(自民党総裁)は29日夜、テレビ朝日の選挙報道番組で、参院選の結果について「手応えはあったと思っているので、大変残念な結果になったと思っている」と述べた。 その上で「国民の声を厳粛に受け止め、反省...
参院選、通常選挙は民主の一人勝ちへ (Y's WebSite : Blog ~日々是好日~)
7月29日、第21回参院選は午後8時で投票を締め切り、即日開票されています。各テレビ局では選挙特番を組み、開票速報を放送しています。開票して程なくですが、出口調査によると、自民党が30議席台に留まり、逆に民主党が60議席台になるというダブルスコアに近い状況となる...
参院選 2007 (DANGER)
自民大敗、与党過半数割れ・民主が第1党へ 青木参院会長、中川幹事長辞任表明 第21回参院選は29日、投開票が行われた。 安倍首相が率いる自民党は焦点の1人区で相次いで敗れ、比例選でも改選議席を大きく下回り、大敗した。
一晩経った選挙速報 自民党大敗 民主党大勝 (つらつら日暮らし)
一晩経って、第21回参院選の結果が出てきました。昨日若干お伝えしましたが、自民党が大敗し、民主党が大勝しております。
足もとに火が ( 反戦老年委員会)
 惨敗の首相が政権を投げ出すなら今しかない。しかし自民党内に適当な後継者がいない
安倍政権の進む道 (島谷的舞録゛@goo)
 議席を大幅に失ったにも関わらず首相の椅子にしがみついている自民党の安倍総理は「厳格な党規約を作り、法制化すべきは法制化する。領収書の公開も議論し、8月中に自民党の案をまとめる」と語った。  遅い!!もっと早くこのような政策を進めればこれほど議席を減らさ...
安倍続投やむなしか (島谷的舞録゛@goo)
 参院選で大幅に議席を失いながら首相の椅子にしがみついている安倍首相に自民党内部からも批判の声が上がっている。  しかし批判の声は自分が総裁になる可能性が皆無の議員に限られていると思う。  将来自民党総理になる可能性のある人間は間違っても安倍総理退陣要請...
安倍さんの泳ぐ目線(参議院選挙戯言編) (時評親爺)
業務での遠征明け初っ端から重い?話題で、昨日の参議院選挙結果について感じたことをつらつら書いてみたい。無論、不肖も昨日は、遠征明け早々ながら投票に行ってきた。投票に行かず政治にアレコレ言うのはボンクラ親爺としても不本意に感じるところではある。既に報道で...
参議院選挙、自民党惨敗、民主党躍進! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
参院選ですが、自民党が惨敗しています。民主党が第一党になるようですが、衆参逆転で今後政局どうなるのかとも思います。自民は友党の公明と合わせても遥かに民主に及ばないようですが、それでも安倍晋三総理は辞めないそうです。(以下に続きます)
おバカな安倍首相退陣論 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
安倍晋三首相退陣論の根拠は安倍首相自身が選挙中に言った「自分を選ぶのか、小沢さんを選ぶのか」(朝日)だそうだ。マスコミもこぞってこの発言に粘着して「自分で言っておきながらやめないのはおかしい」と鬼の首を取った論調だが、はっきり言って全くのナンセンス。
民主大勝、自民惨敗 (独 言 工 房)
昨日の参院選は、民主党が60議席と躍進し、自民党は37議席と大幅に減らす結果になりました。民主党の大勝、自民党はまさに惨敗ですね。そんな中で、選挙権が無かった丸川珠代が当選したのは不思議だ・・・ 議席を減らすのは、自民党もある程度予想はしていたでしょうが...
第21回参院選、自民大敗し民主参院第一党 (虎哲徒然日記)
各政党とも、もう少し現実を見たほうがいい、ということである。 第21回参院選の結果は下記のとおり。民主 60自民 37公明  9共産  3社民  2国民  2日本  1無所属 7自民党は過去最低だった89年をわずか1上回っただけの惨敗。一方、民主は目標...
わかりやすい「美しい国」の構造…財界は安倍首相続投支持 (D.D.のたわごと)
マスコミが騒いでいるせいもありますけど, 庶民感覚としましては,自分たちや公務員たちの金遣いにはルーズなくせに 国民には「美しい国」づくりを強要する身勝手な安倍政権に 退陣(解散総選挙)を求める声が大きいようですが, 諸手を挙げて首相の政策支持を訴える...
炎のチャレンジャーが当選した (ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳)
うちのブログのサブタイトルにも付けている、「炎のチャレンジャー」の語。 長崎選挙区から立候補していた、親友の大久保潔重、通称「炎のチャレンジャー」が、強敵である小嶺候補との接戦を制して、見事に当選をきめた。おめでとう。凄いぞ大久保。 何ひとつ応援らしいこ...
首相続投と国民の意思 (今日感)
憲法上、首相指名の衆議院優越が認められている以上、衆議院は政権選択選挙で、参議院が中間選挙。これは、憲法上明文化されているわけではないのですが、政治制度上はそうなっていると、いっていいと思います。
参院選に思う (三四郎の日々)
民主・菅氏、首相続投を批判=共、社は退陣求める (時事通信) - goo ニュース 大方予想されたこととはいえ、結果は自民党大敗、民主党独り勝ち。しかし選挙戦の経過をみると、きちんと政策論争がなされ、マニフェストが検証されたうえで、国民が判断したとは言い難い。そ...
★速報~赤城農相辞意表明 (ブロガーAの辛口コメント炸裂)
遅きに失した辞意表明…もうショボい顔出すな!  あの疑惑だらけのバンソウコウ大臣、赤城徳彦農相が今日午前、安倍総理に辞表を提出したもようです。ほんとは参院選挙前に、安倍総理がスパッと更迭しておけば歴史的惨敗だけは免れたと思いますが…それができないところ...
【参議院選挙】民主党大勝、第一党へ (あれこれ随想記 )
民主が50の大台に 参院第1党となるのが確実な勢い(朝日新聞) - goo ニュース 午後10時15分現在で当選が確実になっているのは、選挙区、比例区を合わせて、自民党24、公明6、民主50、共産2、社民1などとなっている。朝日新聞社の出口調査によると、民主は非...
参院選結果あれこれ (いすみマリーンズ アネックス)
千葉県選挙区は、管理人は加賀谷さんに入れたわけですが、 まぁ、加賀谷さん、長浜さん、石井さんが通るとは思ってたけど。 白須賀さんは地盤が違うし、浅野さんなどは無理っぽかったから。 堂本知事になってから、非自民・保守系ということになってるが、いままで金権...
参院選で自民惨敗も、安倍首相は続投へ (S氏の時事問題)
<参院選>自民歴史的惨敗 安倍首相は続投表明  第21回参院選は29日、投開票された。30日未明までの開票の結果、自民党は改選数1の1人区で6勝23敗と惨敗、橋本龍太郎首相(当時)が退陣に追い込まれた98年の44議席に届かず、40議席も下回る歴史的大敗...
参院選・自民党&日本スマイル党惨敗 (高田大輝ブログ「ニュースいーたいほーだい」)
29日参議院選挙が行われ、即日開票の結果民主党が過半数の議席獲得した一方、自民党は惨敗。しかし安倍首相は続投するつもりだとか。 民主「完勝」政権交代へ足掛かり 安倍政権との対決強化(iza) 自民党が過半数割れになると
参議院選挙は民主党圧勝 (オリオン村)
注目された参議院選挙は民主党が圧勝しました。現時点で59議席ですから最終的には60を越えるかもしれず、地滑り的な圧勝だと思います。 そもそも小泉の舌先にのって衆議院で自民党に圧倒的勝利を与えてしまったのが間違いで、その振り子が大きく元に振り戻った感じです。...
まとまっていた民主党、ゴタゴタだった自民党、その結果が出た (買物ステーションBlog)
今回の選挙で感じたのは、公示から日があったにも関わらず、民主党は当初からの勢いを失わず、代わりに自民は選挙戦が進むにつれ不利になっていた所。 ゴタゴタ続きは民主党の代名詞でもありました。 左右イデオロギーの違う人たちの結集体なのですから、起こりえる事な...
与党が過半数割れ 自民惨敗 (主任のひとり言)
事前の予想通りの結果になりましたね。 獲得議席数は橋本龍太郎元首相の退陣につながった 1998年の参院選の44議席に届かない情勢のようです。 公明党も目標の13議席に届かず、与党過半数割れ確定です。 国民の良識が勝ったんですね。 様々な格差を広...
民主と自民はダブルスコア、それでも「首相責任はない」のだそうですよ (Like a rolling bean (new) 出来事録)
TBSの特番を家族がつけたら、番組開始早々、自民34議席予想が表示されていました。 22:10現在、同局では自民21、公明6、民主51、共産2、社民1、その他5です。 当落報道を間違ったらただじゃおかないと総務省がすごんだこと などが影響してか、なかなか値が出てこない...
参議院選挙は予想以上の民主党圧勝,自民党はピンチ (あれは,あれで良いのかなPART2)
参院選ですが,自民党議席が40を切り,民主党が50を超える勢いとなりました。 これにより,参議院は野党が過半数を占める状態となり,衆議院とねじれの関係となる見込みです。 民主が50の大台に 参院第1党となるのが確実な勢い(朝日新聞) - goo ニュース しかし...
2007参院選 (O塚政晴と愉快な仲間達)
みなさん投票しましたか? 今回は、さすがに自民党に入れる気が無かった(今まではほとんど自民党)。 なので歳がタメの川田龍平に1票。 比例は地元の議員さんに(国民新党)。 で、結果は川田氏当選おめでとう。 HIVの問題で実績があるから、まじめにやっ...
自民大敗 民主躍進 (おつまみ抱き茗荷)
自民、歴史的大敗 民主躍進、初の参院第1党(朝日新聞) - goo ニュース 安倍政権の信任が問われた第21回参院議員選挙は29日投開票された。自民党は改選の64議席から37議席に減らし、89年に宇野首相が退陣した過去最低の36議席に匹敵する歴史的大敗となった...