ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

救いのない映画、「誰も知らない」

2004年08月29日 | 映画関連
話題の映画「誰も知らない」を見て来た。第57回カンヌ国際映画祭で、主演の柳楽優弥君が最優秀男優賞を受賞した事で知れ渡った映画だが、それ迄は、作品自体が”誰も知らない”といった存在だったのではなかろうか。

1988年に「西巣鴨子供置き去り事件」というのがあった。或る母親が恋人と暮らす為に、父親の違う4人の幼子をアパートに置き去りにし、その結果、末っ子が死に至った事件なのだが、この4人全員が出生届が提出されおらず、”法律的に”存在しない形だった事もあって、死に到る迄の長期間、彼等の悲惨な状況は表沙汰にならなかった。又、当時は、14歳の長男が殴り殺したのではないかという噂もあった。かなり、特異で悲惨な事件だったので、記憶に強く残っている。

その事件をモチーフにした映画なので、悲惨な内容である事は判ってはいたが、見終わった後に残ったのは想像以上の救いのなさであった。これ迄にも、救いのなさを感じる映画は幾つかあった。しかし、何処かしらに”救いの拠り所”を求める事が出来た。「A.I.」や「ブラザーフッド」にしても、”肉親への愛”というのが唯一の救いだった。

しかし、この映画には全く救いがない。置き去りにした母親は、最後迄子供達の元に戻る事はないし、末っ子が亡くなった後の子供達も、それ迄と何ら変わらないかの様な淡々とした日々を送る。非日常的な異常性に、皆が”麻痺”してしまったかの様な平穏さが存在し続ける。セリフの少なさや、透明感を伴った映像も、救いのなさに拍車をかけている。現実というのは、かくも峻烈足り得るのかと思わずにはいられなかった。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« アニマル浜口、人気沸騰中!? | トップ | 学問と遊び心 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
救いのない・・・ (CAN)
2004-08-29 01:27:12
 TBありがとうございます。

 やっぱり、そうですよね。楽しみというと何ですが、やっぱ楽しみです。
トラバありがとうございます。 (maq)
2004-08-29 02:56:40
救いの無い

見てて辛くなる一本です。
映画と現実。現実と映画。 (Mohara Shoan)
2004-08-29 08:57:42
9年前の日々、現実。

http://www.sun-tv.co.jp/hd/hd-eq100.html

そして、映画は華氏に換算されたとて、きっと現実の方がはるかに、わからないのでしょう。

映画を見ていて、事実に近いほど、私は泣けないかもしれません。うむむ・・。TBありがとうございます。
TBありがとうございました。 (yoshimi)
2004-08-29 11:16:00
つらい映画です。

レヴュー、とてもよみやすくて羨ましいです!
Unknown (hanna)
2004-08-29 13:19:34
はじめまして。

私のblogにトラックバック、いただいたようですね。

わざわざ、どうも・・・。 ^・^
TB ありがとうございます。 (bitter)
2004-08-29 14:01:54
はじめまして。

救い、のない映画ですか。

大人の世界に存在しないような気がします。

唯一の救いはコンビニの店員さんですかね。
トラバありがとうございます (kadorin)
2004-08-29 14:19:13
はじめまして。

確かに見ていてツライ映画でしたが、現実はもっとすさまじいものでした。
さんきぅ♪ (もんもん)
2004-08-29 18:00:17
こんにちわ。

はじめまして。もんもんです。

トラックバック、どうもです。

アタシなんか、映画の感想すら書いてないのに....。



映画観て、巣鴨事件についてネットで調べてみました。

自分自身と事件の長男は同じぐらいの年で、巣鴨と自宅は自転車でも行ける距離の近さ。

身近にそんなことがあったとは知らなかった。



映画を観て、しゃっくりをあげて涙を流していた人もいたけど

あたしは、心に重い物がグッと乗っかった気持ちでした。

どちらかというと、悲しい気持ちよりも、心を揺さぶられて

気持ちの整理ができなかった放心状態だったかなぁ。。

なんか (apnea)
2004-08-29 18:34:42
TBありがとうございます。

僕の見た後の感想は、なんとなく重たい感じです。

けっして感動ではなかったですね。子供の目線で見た

現実の辛さ、その辛さに子供達が押しつぶされずに

ニコニコ笑っているのが、逆に痛々しく感じました。
Unknown (ぐっどゆーもあ)
2004-08-29 21:41:28
TBありがとうございました。まだ映画は観てないのですがネット上で情報収集してるうちに長男とうちの14歳の男の子、母親と自分が重なって見ると苦しい映画になるだろうなと予感がするのですが、観て来ます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

35 トラックバック

誰も知らない (Cat Tail * cinema)
監督・脚本・編集:是枝裕和 出演:柳楽優弥、北浦愛、木村飛影、清水萌々子、韓英恵、YOU 他 レビュー 都内の2DKのアパートに引っ越してきた母親けいこ(YOU)と4人の兄妹 長男の明(柳楽優弥)、長女の京子(北浦愛)、次男の茂(木村飛影)、次女のゆき(
誰も知らない。東京生活。 (東京生活。(β試験運営中))
さて今日はいよいよ、噂の「誰も知らない」を見てきます。長く淡々とした映画とお聞きしていますので2時間半の睡眠はどうなんだろう。でも映画館の状況も少し影響するのです。今日ゆく映画館は初めての所。ドキドキ。  では、いってきます!  只今、もどりました!(
誰も知らない (赤パン帳 (ΘェΘ))
誰も知らない(公式サイト) Nobody Knows by 是枝裕和, Japan (2004) AMC, 25 August 2004
誰も知らない (AV( AKIRA\'s VOICE ))
実際に起きた事件をモチーフにした映画 親に置き去りにされた4人の子供の物語。 母性や絆を感じさせる母との生活を描く前半が,後半の悲しみを際立たせる。 送られてくるお金を持って買い物に出かけるうち友達が出来た長男。 上辺だけの関係ですぐに離れてしまうが第三
誰も知らないを見てきました (Various topics BLOG)
「誰も知らない」を見てきました。また映画館で寝てしまいました(汗) タランティーノが絶賛し、カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を取り 興行収入10億を稼ぐ若手男優という柳楽優弥くんを見ていったのですが、 作品を見た感想は、めずらしく、なにもない。いい意味でも悪
最近見た映画の話 (お花畑でつかまえて!!!)
スパイダーマン2 よ~~~やく見れた。もううずうずしてたんだよね。なかなか見にいけなくて。で、感想だけど、サイコー! 爽快なアクション!ところどころ出てくる情けないスパイダーマン。ヒーローでいることの苦悩。主人公ピーターの迷いがすごく人間っぽくてじぃぃぃ
誰も知らない (orange-sky きょうのできごと)
生きているのは大人だけですか? Story:引っ越してきたのは母と4人の子供たち。子供たちの父親はみな別々で、学校に通ったこともない。それでも母が働き、12歳の長男が母親代わりに家事をすることで、家族5人は彼らなりに幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、母は「今
誰も知らない (□□□お暇なら来てね。□□□)
「子供4人置き去り事件」 私はニュースで聞き覚えがあった。 4人の子供の父親は皆違うこと、1人は虐待で死亡したこと、 後に施設に入った長男が、今何をしたいかの問いに「勉強したい」と答えていたこと。 衝撃的だった。 □参照サイト 「巣鴨子供置き去り事件」 につい
「冷たくて気持ち悪かった」の衝撃 (みちのく徒然)
映画「誰も知らない」(是枝裕和監督)を観た。両親に捨てられた子供たちの話。カンヌで最優秀男優賞を受賞するなど、華やかな話題ばかりがクローズアップされていたので、ずっしりと重い映画の中身とのギャップに戸惑った。特にラスト近くの一場面。愛情を込めて可愛がって
映画58本目「誰も知らない」 (onoxの独り言)
 主演の柳楽優弥が史上最年少の14歳という若さで,カンヌ映画祭主演男優賞を受賞したことで話題の作品.  実際にあった事件をモチーフにしている作品だそうですが,いろんなところのこの映画の感想を読んでいると,本当にあった事件の方は,結構悲惨な出来事だったみたいで
「誰も知らない」観てきたよ。(追記) (海外ドラマが好き♪)
今日は1日でレディースティ。 予想通り思いっきり混んでいた。 まぁ、ぎりぎりに行く私も悪いんだけどね。端っこで観てたよ・・・。 誰も知らない - goo 映画 話題の柳楽優弥くん、すごかったよ~。ほんとすばらしかった。 もちろん内容的には 暗いよ?  実際の事件を
誰も知らないはすごすぎる。 (会長のいろんなもの紹介)
カンヌで柳楽優弥クンが賞を取ってなければおそらくミニシアターでのみ上映されたであろう作品。 僕は好きです、本当に。 とにかく、これほど観た人に感想を聞きたい映画はない。これ以降、ネタバレします&かなり暗い文章です(^_^;)
「誰も知らない」評 (VIVA!ちどりあし)
昨日、会社を半休して映画を見に行ってきた。 「誰も知らない」。 池袋の映画館の朝一の回で見に行ったのだが、開演時間が遅れるほど混んでいた。 客層はシニアと呼べる世代の方々が殆ど。 私は、是枝監督の3作目の作品「DISTANCE」が邦画ではTOPと言っていいくらいに
誰も知らないをみてきました (メモログ)
生きているのは、おとなだけですか。 1988年に起きた「巣鴨子供置き去り事件」を題材とした映画。一般的にも「原作と映画の違い」があるように、実際の事件の展開と映画の展開は少し異なります。 私なりに「誰も知らない」というタイトルを解釈すると、彼らの事を「誰も知ら
『誰も知らない(Nowbodyknows)』:赦しと許容 (ぱんスキューおうこく)
『誰も知らない』<英題:Nobodyknows,2004年.日本,144min,col>http://www.daremoshiranai.com/監督・脚本・編集:是枝裕和 →監督HPhttp://www.kore-eda.com/撮影:山崎裕録音:弦巻裕美術:磯見俊裕・三ツ松けいこ広告美術:葛西薫スチール:川内倫子音楽:ゴンチチ・...
映画「誰も知らない」について (Sometimes, I catch a flash of spark of life.)
先日、映画「誰も知らない」を見ました。 「誰も知らない」HP サウンドトラック等: この映画は、当時の僕にとっては、あまりにも酷な映画だった。 映画のことであるので、例によってストーリーは話せないけれど、 この映画を見て得たものは、確かに大きなものだった
誰も知らない (Journal)
静かに進んでいくアパートの一室でのこども4人の生活。ほとんどバックミュージックはなく、生活音である効果音と彼らの会話だけで映画は進んでいく。映像はぼんやりと非現実的で、ある意味綺麗なもののように見えたようにも思えるけれど、彼らにのしかかる現実が、耳障りなほ
『誰も知らない』 (Hermitage)
@シネ・アミューズ 写真はプログラム。主演の柳楽優弥(1990)くんがカンヌで賞
誰も知らない (幻想)
友達から誘われて、数年ぶりに映画を見に行った。 見た映画は、柳楽優弥がカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した 『誰も知らない』 山なし、谷なし、涙なし まったり、ほのぼの、不幸度満点って感じ。 実際にあった事件を元に作られただけに そのような事がそこらで普通.
映画『誰も知らない』 (HATCAT BLOG)
カンヌで史上最年少の最優秀男優賞をとった、 あの柳楽優弥クンの魅力は、 言葉じゃ言えません。 もうね、これは‥‥みるべし!ですっ!!(〃>ω<〃) http://www.daremoshiranai.com/ 劇場、(ミニシアターでしたけども) 平日にもかかわらず、すんごい満員で
誰も知らない ★★★★★ (切腹!)
境目のない空気。その話題性を念頭に置いていたため、冒頭から映像の勢いに呑まれてしまった。フィルムが心のある部分に接続され、彼らの生き様が動き出した。社会から切り離されてしまった子供たちは、残酷とも思え...
誰も知らない (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「映画館にいることを忘れるくらいに、世界に引きずり込まれた。酷く辛い話の中、明のたくましさだけが目立っていた。誰も知らない、明日も見えない。ほんのわずかな光を得て、彼らは明日をどう生きるんだろう。」 言わずと知れたこの映画が、遂に新潟でも公開されました。主
誰も知らない (AML Amazon Link)
誰も知らない AML Amazon Link ( http://jjjjjj.ddo.jp/app/S/aml_Index.html )
誰も知らない (汚戯言-otawagoto-)
愛にかまけていると 愛を見失う・・・。 ☆「誰もしらない」
誰も知らない (iFinder 雑読乱文)
「誰も知らない」のモチーフとなった事件。 ・母親(事件発覚当時40歳)は川崎の私立高校卒業後、服飾専門学校に進学 ・歌手を目指したこともあり、実際にレコードも何枚か出している。 ・昭和43年頃からデパートの派遣店員として就労。勤め先で男性と同棲
誰も知らない (月影の舞)
「誰も知らない」      2004年/日本  監督:是枝裕和   音楽:ゴンチチ   出演:柳楽優弥 、北浦愛 、YOU 他 1988年に東京で実際に起きた「子ども置き去り事件」が モチーフ。母親に置き去りにされた4人の子どもたちの 約1年の生活
誰も知らない (いつか深夜特急に乗って)
「誰も知らない」★★★★★(盛岡フォーラム1) 2004年日
誰も知らない (あざやかな瞬間)
母親と、父親の違う4人の子供たちのささやかな生活は、母親が出て行ってしまったことで徐々に破綻していく・・。 実際にあった「子供置き去り事件」をモチーフに、一年間かけて撮影された。 母親役をYOUが演っているので、どうにも憎めないのだが、よくよく考えたら...
誰も知らない 今年の127本目 (猫姫じゃ)
誰も知らない   映画の出来がどうこうって言うような作品じゃない。 なんなのこれ?? イタイ映画だってことはわかっていたし、だから、今まで手が伸びなかったのyo。 やっぱり、見なくてもよかったわ、、、   映画としては、 あの子供達は、素晴らしかっ
誰も知らない (ケイティの映画的生活)
 NOBODY KNOWS [監督・製作・脚本・編集]是枝裕和 [音楽]ゴンチチ [出演]柳楽優弥      北浦愛      木村飛影      清水萌々子      韓英恵        主演の柳楽優弥くんが  カンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞したことで
誰も知らない(2004/日本/監督:是枝裕和) (のら猫の日記)
とあるアパートに引っ越してきた親子。母親(YOU)は、父親は海外赴任中で、長男の明(柳楽優弥)と2人暮らしと言っているが、実は他にそれぞれ父親の異なる3人の子どもがおり、全員戸籍に入れておらず学校にも通わせていなかった。母親が仕事に行っている間、子どもたちは長
死に花 and 誰も知らない レビュー(ネタバレ注意)byシャイツ  (いっぽん柱)
今日の朝レトルトカレー お昼学食でカレー 夕ご飯普通にカレー ふと気がつけば、一日カレーしか食ってないやん俺(馬鹿)ていうか食生活偏りすぎ まぁそんなことは置いといて、ネタもとくにないんで適度にレビュー 誰も知らない 誰も知らない柳楽優弥 是枝裕和 北浦愛
映画レビュー#14「誰も知らない」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「誰も知らない」(2004、日本) 監督:是枝裕和(まぼろしの光、ワンダフルライフ、DISTANCE) 脚本:是枝裕和 製作:是枝裕和 音楽:ゴンチチ、タテタカコ(主題歌:宝石) 出演: 柳楽優弥、北浦愛、木村飛影、清水萌々子、韓英恵、YOU、串田和美、岡元夕.
誰も知らない (こころね)
すごく重かった。 息が出来ないくらい苦しくなる映画だった。 画像のなかの子供達の笑顔が自然で、特に「明」役の柳楽優弥君の 瞳には本当に「魅力ってこういうことを言うのかぁ!」って感じで 圧倒されました。 静かな映画だ。 すごく残酷だし、切なくもなる。...
『誰も知らない』 (はなことば)
2003年の作品。感想、ネタバレします。 『花よりもなほ』の監督の作品。『花より』を見たときの記事に頂いたコメントの中に『誰も知らない』のことが書いてあって、どんな映画かな~と思ってレンタルショップでジャケットを見てみたら、あ、これ知ってる、この男の子...