ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「西遊記」

2007年07月28日 | 映画関連
****************************
旅の途中で草木の枯れた砂漠の町に立ち寄った三蔵法師深津絵里さん)、孫悟空香取慎吾氏)、沙悟浄内村光良氏)、猪八戒伊藤淳史氏)の一行は王宮に招かれ、魔法で亀にされてしまったこの国の王と王妃を目の当たりにする。金角大王(鹿賀丈史氏)及び銀角大王(岸谷五朗)は強大な力を持つ兄弟妖怪で、この国の緑と全て財宝を奪っただけでは無く、更に恐ろしい野望を持っていた。王女・玲美(多部未華子さん)からの懇願受け、三蔵法師一行は金角&銀角を倒す旅に出る。
***************************

昨年、フジテレビ系列で放送されたドラマ「西遊記」は高視聴率を叩き出したが、それを受けて映画化された「西遊記」を観て来た。因に、今は亡き夏目雅子さんが三蔵法師を務めた「西遊記シリーズ」はリアル・タイムで見ていたが、昨年のドラマは一切見ていない。

名前を呼ばれた当人が返事をしてしまうと、あっと言う間に瓢箪の中に吸い込まれてしまう。そんなシーンがパッと頭に浮ぶ程、金角&銀角兄弟と孫悟空の戦いは「西遊記」の中で最も有名なストーリーではなかろうか。海外でロケを敢行したそうだが、広大な砂漠を始めとして目を見張る光景が次々に登場する。CGも効果的に使用されているし、楽しい作品だとは思う。だが腹蔵無い意見を書かせて貰えば、もう一回見たいとは思わない作品。ワアワア騒いでいるだけの様な、香取氏の一本調子な演技が観ていてとても疲れる。そして自分がどうしても受け容れ難い&嫌な面が在ったのも、この作品の評価を下げさせてしまった。

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」というのは映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」で青島刑事が口にし、流行語にもなった有名な台詞。この様にストーリーの中で”自然な形で”用いられた台詞ならば良いのだが、「ぶっちゃけ。」とか「よろしこ。」等の様に”無理無理に流行らせよう”という作り手の意図が見え過ぎてしまう台詞には辟易としてしまう。この作品の中では孫悟空が「仲間」という言葉を誤って覚えてしまったとして、「なまか」なる言葉がしつっこく何度も使用されるのが、とても耳障りに感じた。

もう1つ嫌なのは名前の知られた人という理由だけの様な不自然なキャスティング。この作品で言えば偽三蔵法師一行(特に猫ひろし氏)や国王役の三谷幸喜氏等がそうで、こういった不自然なキャスティングをされてしまうと、その時点で作品から気が離れてしまう。アルフレッド・ヒッチコック監督や横溝正史氏等、”素人演技”が”味”になるケースも確かに在るが、今回のケースは唯々白けるだけだった。

映像やストーリー自体の評価は星3つなれど、上記したマイナス面が響き、総合評価は星2つとしたい。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 医療現場 | トップ | 「6時間後に君は死ぬ」 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB、ありがとうございました (mina)
2007-07-28 12:16:46
「なまか」というのは、結構ハヤったりして。
言葉をひっくりかえして使うのは、(芸能)業界の慣行のような気もしますが・・・・・・。
わたしは水川あさみさんが素敵だったので、よしとします。
子供と行く予定です (マヌケ)
2007-07-28 14:17:49
神戸の王子動物公園で中国から来た錦糸公という猿を見たことがあります。 孫悟空のモデルになった猿だそうです。 毛並みが金髪でとてもキレイでした。 テレビの西遊記は昔のマチャアキの時のものがよかったです。 ちょっと怖い感じが香港映画ぽくて妖怪に食べられたり斬られたり魔法で他の生き物にされたり、グロイ感じがよかったし、何よりも三蔵法師以下キャラがよかった。 香取君のバージョンはどうしても小学校低学年くらいがターゲットなのだろうかという感じで、全体的に幼稚な感じがします。 まあ、でも夏休みなので家族で楽しめればいいのでしょうね。 たぶんそれがテーマじゃないのかなと。 私も「なまか」というのは?です。 うちの子も全然はやってないと言ってます。 テレビからの映画なのでブームアップのためにキャッチーなものが必要だったのでしょうね。 フジテレビ系列で出資した映画製作事業とのことですが、テレビを使っての宣伝がスゴイですね。 どうも選挙の特番にも顔を出しちゃうみたいですが。 映画のよしあし以前にこれだけ話題になっているんだよという既成事実が作られちゃって、見ないと話題に乗れないような、おかしな手法がいやだなあ。
>マヌケ様 (giants-55)
2007-07-28 18:00:32
書き込み有難う御座いました。

「金糸猴は孫悟空のモデルとなった猿。」というのを随分昔に読み、実際に目の前で見た時には「なるほど。」と思ったものですが、前に「トリビアの泉」で「『金糸猴=孫悟空のモデル』というのはガセネタ。」というのを知り、ガッカリした次第です(苦笑)。

夏目雅子さんが出演されていた「西遊記シリーズ」、堺正章氏を始めとした他の出演者も良かったですよね。ゴダイゴの歌も良かったし、自分の中では「西遊記=夏目ヴァージョン」という思いが強いです。

この作品、仰る様にターゲットを子供に据えている気はします。一寸前で言えば「慎吾ママ」のノリとでも言いましょうか。

他の方が書かれていたのですが、「最近のフジテレビは無理無理に映画を製作している感じがする。昨夏に公開された『UDON』もそうだったが、今回の『西遊記』も”敢えて”映画化する必要が在ったの?という内容。」というのには全く同感でした。(昔からフジテレビの自社宣伝の酷さには辟易としている面が在ります。ヴァラエティー番組は未だしも、ニュース番組で自社のイベントを取り上げる感覚が、自分にはどうしても受け容れ難くて。
ナマカ (ぶりゅーわー@ソレイタだ木田)
2007-07-28 22:43:14
>ナマカ
「がんばれー強いぞーぼーくらーのなーまーか」(by東八郎)が元祖じゃないですか?

やはりですね、「西遊記」といえば堺正章、西田敏行、岸部シロー、夏目雅子のキャスト
でしょ。「そこーにゆーけばー♪」
ドラマの映画化 (自選孝)
2007-07-29 02:35:50
「西遊記」。あまり芳しい評判を聞きませんが、やはりgiants-55さんも厳しい評価を下されていますね。

ただこの映画、話題にはなっていますよね。私も興味が全く無い訳ではないのですが、ドラマ放送時すら最初の方で観るのを止めてしまった程に思い入れのない作品を映画館で観に行くのも抵抗があるので、テレビ放送を待ちます。

しかしドラマがヒットすると映画になるという流れは近年益々加速している印象ですね。
個人的にはあまり好きではない風潮ですけど、好きなドラマが映画化されたら嬉しい気持ちになるのも否定できないので複雑です。
>ぶりゅーわー@ソレイタだ木田様 (giants-55)
2007-07-30 07:54:52
書き込み有難う御座いました。

大御所と呼ばれる様になると、芸人としての”顔”を隠して、「俺は文化人。」みたいな態度を取り始める芸人が時折見られます。そういう姿を見ると、御笑い大好き人間の自分としてはとても哀しいし、憤りを感じてしまいます。人を笑わせるのって凄く知識や技量が要る事で、個人的には芸人って誇れる職業と捉えているからです。だからこそ由利徹氏や伊東四郎氏、志村けん氏の様に一生馬鹿を”演じられる”芸人に敬意を覚えます。

”アズハチ”さんもそんな一人でした。そう言われてみれば、彼は「なまか」というフレーズを使っていましたね。彼の場合には違和感無くすんなり受け容れられたのに、香取氏の場合は違和感在り在りだったのは何故なのでしょうね。”芸”の深みの違いから来る物なのかなあと、香取氏のファンには申し訳無いのですがそう思ったりします。
香取慎吾 (破壊王子)
2007-07-31 08:40:54
嫌いじゃない、むしろ好感持っている方だけど、「オッハー」にしろ「ナマカ」にしろ、流行らせようという言葉がオリジナルじゃないのがねえ…。

周りにいるブレーンが恥知らずなテレビマンじゃしょうがないのかな?
カトリーヌ、モナムール (パピプペ・ヨンジュン)
2007-08-05 13:18:42
55様、お久しぶりです! 個人的にはSMAPは好きで特に香取慎吾は可愛くて、「カトリーヌ」と呼んでます。ただ西遊記に関しては昔の堺正章主演のドラマの方が長かったし、夏目雅子が文句なく魅力的だったしよかったですね。

慎吾ママの「おっはー」はともかくとして、「なまか」は私は「なまこ」か「オカマ」のいい間違い?と思い、なじみませんでした。何でもかんでも業界用語や逆さ言葉を使えばいいというものではない好例でしょうね。カトリーヌには27時間テレビお疲れ様ってところですね。
>パピプペ・ヨンジュン様 (giants-55)
2007-08-05 19:51:39
書き込み有難う御座いました。

この作品に関してはかなり酷評を致しましたが、ジャニーズ事務所所属のグループの中では、「傍目からもメンバーの仲が良さそうに感じられ、一つ一つの企画に真剣に取り組んでいるTOKIO。」の次にSMAPは評価しているグループなんです。以前の記事でも書きましたが「歌もコントも出来、広いファン層を持つグループ。」という意味で、「クレージーキャッツ→ザ・ドリフターズ」という正統派の流れを汲むグループがSMAPだとも思っています。

だからこそ「『夢がMORIMORI』の頃には結構オリジナリティーの在るコントをしていたのに、最近は安直なネタで走りがちじゃない?」と、今のSMAPには残念に思ってしまうんですよ。

夏目雅子さん主演の「西遊記シリーズ」は彼女の魅力も然る事乍ら、その他のキャスティングも絶妙でした。堺正章氏や西田敏行氏は勿論の事、岸部シロー氏の何とも言えない”脱力系”のキャラが良かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

27 トラックバック

劇場鑑賞「西遊記」 (日々“是”精進!)
「西遊記」を鑑賞してきました2006年1月から放映され、平均視聴率22%を記録した人気ドラマの劇場版。孫悟空を演じる香取慎吾をはじめ、”なまか”たちもTV版のキャストが再び結集して大暴れ!今回描かれるのは、ドラマ版の時間軸でいうと、第6話「森の国」と第...
「西遊記」 (みんなシネマいいのに!)
 ここ最近のフジテレビが関係している映画は、何か無理しているというか、どうかん
西遊記 (のたまふ)
◇ストーリー◇草木は枯れはて砂漠と化した町・虎誠(フーチェン)その町で三蔵法師一行は王女・玲美と出会う。一行は玲美の誘いで王宮に招かれた。そこで目にしたものは妖術により亀に変えられた王様と王妃様の姿であった。妖術をかけたのは双子の絶対妖怪・金閣大王/...
「西遊記」 子供たちのなまか (はらやんの映画徒然草)
テレビシリーズの方は全く観ていなかったのですが、映画「西遊記」に行ってきました。
映画 西遊記 (ぐ~たらにっき)
本日7/17見てきましたぁ! 公開から観に行くまで、今までで最速(>ω<)b ネタバレなし。 少しありかもしれない^^;
西遊記 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ばんがーれ つーよいぞ ぼーくらの 公式サイト 月9ドラマ版『西遊記』の劇場版。時系列的にはテレビシリーズの途中に挿入されるエピソードとして、原作にも登場する妖怪、金角・銀角兄弟との戦いが描かれる。 テレビシリーズは褒めるところが特に見つからない散...
西遊記 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TVドラマは滅多に観ないけど、慎吾ちゃんの『西遊記』は、子どもが好きだったので欠かさずに観ていましたぁ~「テンション高~い!!ウルサ~イ!!」とか思ったけど、SMAPの中で1番目を付けている慎吾ちゃんを密かに堪能。で・・・映画化が決まった時から我が家では楽し...
西遊記 (Akira's VOICE)
見やすくわかりやすく楽しい!!!!
西遊記/香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史 (カノンな日々)
西遊記、子供の頃から大好きなんです。東洋の古典ファンタジーの名作だしあの「ドラゴンボール」だってモチーフにしてるくらいですからもはや日本文化の一部になった伝説的お伽噺といえるのかも。私が一番最初にふれた西遊記は手塚治虫さんのアニメかな?ドリフの人形劇と...
『西遊記』 (ラムの大通り)
「この作品は喋りにくいなあ。 こういうフジテレビ絡みの映画って、 いままでの例から言って 大ヒット、まず間違いないしね。 下手なこと言うと、とんでもないことになりそうだ」 ----おやおや、それじゃあノレなかったってワケ? 「いや、それでも最初は驚いたんだよ。 ...
西遊記 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★☆☆☆☆☆☆☆ http://www.saiyuki.jp/index.
西遊記 (minaの官能世界)
☆「西遊記」に求めたもの  映画を観よう。私のこの一週間の最優先事項である。  体調を崩し精神的にもダメージを負っていた私は、お医者様の薦めもあって一週間の休暇を取った。健康を取り戻すには、映画でも観て気分転換するのが一番だと考えたのだ。  話題作は目白...
ゴダイゴ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「月9」もお子ちゃまむけで流石にドラマ好きのみちブンも見てないけど子供たちに好評な慎吾くん主演の「西遊記」 うちの子は録画しといて見てますね。 エンディングの曲、 Around The World / Monkey Majik あんま
西遊記 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ガンダーラをいっしょに口ずさんでしまいました(懐) 「愛の国 ガンダーラ」の部分の"タメ"た 歌い方以外はw
西遊記(映画館) (ひるめし。)
みんな、なまか。
西遊記 (八ちゃんの日常空間)
西遊記ったら、やっぱ夏目雅子と堺正章だよなぁ~。
「西遊記」 (てんびんthe LIFE)
「西遊記」ユナイテッドシネマ豊洲SC8で鑑賞 台風なので車でいけるところで買い物と映画。で、年齢に関係なくみられる作品と言うことでまさかの「西遊記」だって、あんまり慎吾くんの露出がTVで頻繁なので母がみたくなったと言う訳。だからって大人3人でみるもの...
【2007-103】西遊記 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 《愛》と 《涙》と 《冒険》が いま、始まる。 『約束は守らなきゃいけねぇ。いっぺん決めたら、最後まで守るのが約束だ!』 みんな、なまか。
西遊記☆独り言 (黒猫のうたた寝)
TVのドラマが始まったとき、実は^^;あんまり観る気はなかったんですが(笑)たまたま途中からみて終盤にかけて無意識に観たときにあれ?なかなかちゃんとまとまってるし”なまか”(仲間のこと)の意味をしっかり伝えようとしてること共感できちゃったりして(あ、単...
西遊記 (映画鑑賞★日記・・・)
【2007/07/14公開】07/14鑑賞製作国:日本監督:澤田鎌作製作:亀山千広出演:香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、水川あさみ、大倉孝二、多部未華子天竺を目指し、果てしなく続く砂漠を進む三蔵法師一行。やがて、彼らは砂漠の国“虎誠(フーチェン)”でその国の...
西遊記 (ともみの言いたい放題♪)
去年、月9ドラマで見ていてはまってしまいました(笑)。 ドラマ終了後に映画化のことを知り、ずっと楽しみに・・・
『西遊記』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『西遊記』 (本館) 【監督】澤田鎌作 【製作】亀山千広 【脚本】 坂元裕二 【主題歌】MONKEY MAJIK 『Around...
西遊記 (  playt&cinemacoco+ 徳島トリエンナーレ2007)
西遊記 公式HP製作日本時間120分監督澤田鎌作出演香取慎吾 深津絵里 内村光良 伊藤淳史 鹿賀丈史 岸谷五朗story三蔵法師一行は旅の途中、草木の枯れた砂漠の町に立ち寄り、その王宮に招かれる。そこで魔法で醜い亀にされてしまった王と王妃を目の当たりにする。恐ろ...
『西遊記』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 『西遊記』□監督 澤田鎌作 □脚本 坂元裕二 □キャスト 香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、多部未華子、岸谷五朗、鹿賀丈史、谷原章介、小林稔侍、水川あさみ ■鑑賞日 7月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (...
★「西遊記」 (ひらりん的映画ブログ)
公開二週目のナイトショウ(0:20~)で見てきました。 邦画としては最大級の上映館数・・・って聞いてて、ヒットするんでしょうけど、 二週目で広めのスクリーンだけど、さすがに空いてます・・マナカ・・いや夜中だし・・・。
西遊記 07160 (猫姫じゃ)
西遊記 2007年   澤田鎌作 監督  武部聡志 音楽  亀山千広 制作  フジテレビ香取慎吾 深津絵里 内村光良 伊藤淳史 岸谷五朗 鹿賀丈史 小林稔侍 多部未華子 谷原章介 大倉孝二 水川あさみ 三谷幸喜 この映画のVFX、世界一じゃないの? 黒い...
西遊記 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。<シネマート新宿>監督:澤田鎌作 製作:亀山千広脚本:坂元裕二人気TVドラマの劇場版。天竺を目指す三蔵法師一行は、旅の途中で小さな街に立ち寄る。そこは“虎誠(フーチェン)”という国で、ナゼか三蔵法師一行を探しているらしい。街に入る前に出会...