ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

ドーピング検査

2004年08月31日 | 時事ネタ関連
陸上男子ハンマー投げで、アドリアン・アヌシュ選手(ハンガリー)がドーピング違反で金メダルを剥奪された事により、室伏広治選手が繰上げで金メダルを獲得した。再検査を拒否する等、アヌシュ選手の不可解な対応は、ドーピング行為を疑わざるを得ないものであるし、違反行為が事実であれば金メダル剥奪も当然の事だと思う。室伏選手に金メダルが与えられたのも当然であろう。しかし、スッキリしないモヤモヤ感が残る。これは、室伏選手自身が、アヌシュ選手のドーピング検査結果に疑問を持ち、違反ではないかと訴え出た事に端を発しているからである。

上記した様に、不信感を持たれる様な行為をしたアヌシュ選手に非があるのは間違いない。又、室伏選手自身も、「ドーピング違反は絶対に許せない。」という強い意思があったのだろう。それは重々判ってはいるのだが、同じ選手仲間を”刺した”という後味の悪さが、室伏選手の”喜びのない”表情からは窺え、その気の毒さも相まって、モヤモヤ感がの如く残ってしまった。

そもそも、ドーピングの危険性が世の中に広く認知され出したのは、1960年のローマオリンピックで、デンマークの自転車選手が競技中に死亡した事にあると思う。トレーナーからアンフェタミンを投与されたのが原因とされているが、オリンピック大会で初めてのドーピングに因る死亡事故。これにより、1964年の東京オリンピックで、ドーピング検査の導入が決定され、1968年のグルノーブルオリンピックより”正式に”ドーピング検査が実施され、今に到っている。

年々巧妙化するドーピング検査逃れ工作と、ドーピング根絶を目指すIOCのイタチごっこの様相を呈しているが、金メダルが名誉と富を生み出す限り、今回の様な事態は延々と続くのだろう。

余談だが、ドーピング検査の実施手順に拠ると、選手達は同性の立会人の目の前で採尿されるとの事。それも、採尿時の選手は、着衣を胸まで上げ、下着は膝までずり下げる事が規定されているとか。これは、かなり恥ずかしい姿かも。露出狂であれば至福の瞬間かもしれないが(笑)。
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 学問と遊び心 | トップ | 朝青龍の結婚披露宴中継に思う »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有益なフォローありがとうございます (YOSHINAGA, Kazuyuki)
2004-08-31 07:45:18
トラックバックありがとうございます。ドーピング検査の歴史や、検査方法について有益なフォローをありがとうございました。



アヌシュ選手については、単に検査を拒否したというだけでなく、協議前と後とで尿が別人のものであったことが確認されたと報道されています。客観的な証拠があるとすれば、少し救われる思いです。



室伏選手にとってアヌシュ選手は友人でもあったということで、もやもや感は残り続けるのでしょうね。告発はあくまでドーピング追放のためだったと理解すべきであり、金メダルのためなどという誹謗中傷が出てこないことを願っています。
やはり現在でも金メダルは富を生むのですね (QAZ)
2004-08-31 09:31:38
TBありがとうございます。



命を縮めてまで手にする富や名誉にどれだけ価値があるのでしょうか。

それも「見つからなければ」という条件付。

さらに見つかってしまえば今までの苦労はすべて水の泡。

残るのは将来に対する不安のみ。



割に合わないと思うのですがねぇ…。
なにはともあれ (tricky)
2004-08-31 11:42:39
室伏、金メダルおめでとう!



ドーピングの疑惑をもたれる奴が悪い!

検査をちゃんと受けない奴が悪い!

手の込んだ仕掛けで人の尿を使う奴が悪い!



何はともあれ、室伏はよくやったぞ!
Unknown (秘書)
2004-08-31 12:36:20
TBありがとうございます。

それにしてもなんか後味の悪い室伏選手の金メダルですね。

彼もまたある意味ではドーピング被害者と言えるんじゃないでしょうか?

会見でも「嬉しい」とは言ってましたが、心中は複雑な感じ。

ドーピングなんて体を滅ぼしてしまうんだから、使わずに正々堂々戦ってほしいけど、名誉と金が邪魔してるんですよね。。
TBありがとうございます。 (jwacky)
2004-08-31 18:07:19
昔からクスリとドーピング検査はいたちごっこと言われてますよね。

今回は尿のDNAが違うことで別人のものと認定されたようですが。

競技後の血液検査1発で分かると思うんですけどね。

ごまかしようもないし。

尿検査にこだわるのは何かあるのでしょうか?

・・・検査機なんかの利権?

勘ぐりたくもなりますが、なにわさておき、

室伏選手、金メダルおめでと~
オリンピック選手 (頑固親父)
2004-08-31 21:11:31
こんばんわ



頑固親父の娘が、体育系の中高一貫校に通っていた。もっとも、娘は体育コースではなかったのだが。

 しかし、在校生や卒業生などにインターハイ経験者、優勝経験者、オリンピック選考会参加者、オリンピック参加者などが身近にたくさんいるので、さまざまな話を聞く機会があります。

 そういったレベルの方達の話を聞くと、99%での戦いという事と、プレッシャーとバネに変える事が出来るかどうかでメダルに手が届くか?という戦いと言います。自分の力を出し切る。しかし、100%では故障してしまう可能性が高いので99.99999と限りなく100に近いが、100寸前での戦いであると。98%では手が届かない。そんな世界と聞きます。そんななかで、「薬物」など不正を働く事は絶対に許されない事です。たぶん、見ている方は、なんとなく釈然としない「金」に思えますが、逆に選手やコーチは「当然の結果」という位に感じていると思います。だれもが「薬物の魔力」を知りながら、使わないで正々堂々と戦っているのですから。

我々は「観客」として、純粋に拍手で迎えれば良いと思います。我々の想像を超えたレベルでの戦いで勝ち取ったメダルなのですから。

 また、ヘモグロビン関連の血液絡みのドーピングは、判断が出来ない(自己血液の場合など)なかなか奥が深い話だし、「禁止されていない薬物」なら使ってもOKな訳で、これからもこういった話題に事欠かないだろう。遺伝子ドーピングとか、また話が複雑化する話題も出てきている・・・。
はじめまして、 (Salsa)
2004-08-31 22:22:59
TBありがとうございます。



テレビで図解付きで説明してましたが、なんと他人の尿をいったん自分の尿道に入れてまた出す、というようなことも行われているようで・・・走って逃げたい気分です。
コメントを移動させて頂きました (頑固親父)
2004-08-31 23:03:30
こんばんわ

適切な話題が用意していなくてすみませんでした。「金メダル」を話題にした題の下に移動させて頂きました。これからもよろしくお願い致します。
室伏選手の決断 (よもだ)
2004-09-01 09:17:34
アテネ五輪が終わり、なんだか夜が寂しくなりましたね。

私の五輪応援BLOGも無事に完走し、ようやく落ち着いたところです。

五輪期間中はコメント&TBありがとうございました。

これからはいつもどおりのBLOGに戻りますが今後ともよろしくお願いします。



今回の室伏選手がアヌシュ選手について「怪しい」と発言したのは、なんだか企業の内部告発とよく似ている感じがします。企業内の閉塞感を打破する社員のように…。

室伏選手は人体に害を及ぼしてまでドーピングをし、果たしてこのままでいいのか警鐘だったのかなと…

金メダル獲得後の記者会見での言葉がそれを物語ってるように思います。

「真実の母 オリンピアよ あなたの子供達が 競技で勝利を勝ち得た時 永遠の栄誉(黄金)をあたえよ それを証明できるのは 真実の母オリンピア

古代詩人 ピンダロス

29.8.2004 室伏広治」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/athens/column/kaiken/200408/at00002300.html
アヌシュ選手のその後の対応が (Hiroki Nara)
2004-09-01 16:41:07
ドーピング行為の虚しさを

象徴していますね。



コメント有難うございます。



インドネシアの工場の件は

富の偏在が如実に現れていますね。



この世は哀しみに満ちているから

虐げられたモノがテロと言う手段で

叫んでいるのかもしれませんね。



悲しい事ですが・・・。



こちらこそ 宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

11 トラックバック

室伏の証言 (★最近めっきり見ないねーー!!)
なんかすごいリアルですね 最初、なんで帰国したのに疑られているのかがわかりません
ドーピング (Portsideの3LDK)
男子ハンマー投げで金メダルを獲得したアドリアン・ アヌシュ選手が、ドーピングの再検査に応じなかった ため、室伏選手が繰り上げで金メダルになりました。 剥奪理由は
ありがとう!アテネ五輪 (KAIGAN)
ユグドラシルとクレアラシル、響きが似てる。 >挨拶 17日間の熱い戦いにピリオドを打ち、アテネ五輪が閉幕した。 結果、日本は金16個、銀9個、銅12個の合計37個のメダルを獲得。 史上最多のメダル総数となり、記憶にも記録にも残る大会となった。 まずは選手達の頑張りを
ドーピングで失格、室伏繰上げ金 (日々の独り言)
これで東京オリンピックのときと同じ金メダルの数になったんだっけ? まぁ、それはそれでいいことなんだけど、なんかすっきりしないねぇ。 室伏、繰り上げ「金」 検査で別人の尿を提出 しかし、なんでまたドーピングするかね。 今回のオリンピックでドーピング検査に引っか
いつも五輪に思うこと (百花繚乱「ぼたんの屋敷」)
室伏、繰り上げ金の可能性=アヌシュ、再検査受けず-ハンマー投げ〔五輪・陸上〕                          (yahooスポーツニュース:8月28日より) 毎回 このドーピング疑惑が出るオリンピック 尿検査じゃなくて血液検査とか もっと
室伏選手、繰り上げ金メダル・・・。 (jwacky-blog)
結局、男子ハンマー投げのアヌシュ選手が聴聞会を欠席し、 ハンガリーの陸連役員による説明でもドーピング検査拒否の正当な理由はないとされ、 薬物使用違反で失格となり、金メダルを剥奪されました。 結果として、室伏選手が繰り上げとなり、 東京オリンピックに並ぶ16個
室伏選手金おめでとう (複雑系と偶然)
トラックバック 有難うございます。 アヌシュ選手、潔白を主張されてる様ですね。 それなら再検査を受ければすっきりしたのでは・・。
金メダリスト (頑固親父の頑固な意見の書き殴り!)
頑固親父の娘が、体育系の中高一貫校に通っていた。もっとも、娘は体育コースではなかったのだが。 しかし、在校生や卒業生などにインターハイ経験者、優勝経験者、オリンピック選考会参加者、オリンピック参加者などが身近にたくさんいるので、さまざまな話を聞く機会があり
室伏広治、繰り上がり金!&マラソンでは前代未聞のハプニング! (スポーツメンタルトレーナーのアテネオリンピック小噺)
 男子ハンマー投げの室伏広治選手がアヌシュ選手のドーピング違反により金メダルに繰り上がった。室伏選手は会見でメダルの裏に書かれたギリシャの古代語の文章を引用し、「金メダルより重要なものがある。本当の真実の中で試合が行われることが、どれだけ大切かと思って引
「氷山の一角」 アヌシュ選手(ハンガリー) (Bear\'s whisper 【News&Ess@y】)
【意味】〔氷山の海面上に現れている部分は全体のごく一部分にすぎないことから〕たまたま表面に現れた、大きな物事のほんの一部分。 「摘発された汚職は―にすぎない」 日本中を睡眠不足にしてしまったオリンピックも終了した。日本の金メダルも15個に止まると思いきや、
ドーピングの是非 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
8月31日に「ドーピング検査」という記事を書いたところ、多くの方から貴重な御意見を戴いた。今回、「ドーピングの是非」に付いて再度書いてみようと思ったのは、寝ゲロ様から戴いたコメントに興味を惹かれたからである。先ずは、当該コメントをコピーペーストしたい。