ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

幸せを掴んだ川上慶子さん

2005年07月17日 | 其の他

タイガースが21年ぶりの優勝を決めた1985年。その年の8月12日に、日本航空123便が群馬県の高天原山(たかまがはらやま)に墜落した。*1乗員&乗客併せて524人の内520人が死亡。助かったのは僅か4人という大惨事で在った。亡くなられた方の中には、歌手の坂本九氏やタイガースの中埜肇球団社長、女優の北原遥さん等著名人も居られた。(個人的には「新八犬伝」に見入って来た世代なので、坂本九氏の死は哀しみが‭一入だった。)

 

レスキュー隊が現場に到着出来たのは、墜落から一夜明けてからの事だった。現場の余りの惨状に、当初は全員死亡を誰もが疑わなかったと思う。それ程酷い状況で在った。*2しかし、4人の命が救い出される事となる。その中の一人が川上慶子ちゃん、当時12歳だった。救出された時の姿は今でもハッキリと脳裏に刻まれている。あれから、もうすぐ20年を迎える事になる・・・。

 

週刊朝日(7月15日号)」に「育ての母が語った 川上慶子さん その後の人生」という記事が載っていた。慶子さんの父親の姉、つまり伯母に当たる小田悦子さんが記者のインタビューに応じられての内容だ。”あの日”、慶子さんは父親(当時41歳)と母親(同39歳)、そして妹(同7歳)と共に123便に乗り合わせていた。当時大阪に在住していた小田さんの家を訪ねる予定だった。待てど暮らせど来ない弟一家に気を揉んでいる中、日航機が行方不明になっている事を知ったという。翌日になって現地に駆け付ける途中のTV画面で、姪っ子の慶子さんが救出されるシーンを目にする事となった小田さん。慶子さんの逆立つ髪の毛にその恐怖心の凄まじさを感じ、又、近くに居た人から小声で「良かったですね。」と囁かれたものの、他の家族の安否を思うと手放しでは喜べなかったのだとか。

 

その後、生存者達の証言から明らかになっていったのが、墜落直後にはかなりの人が生存していたという事実。”その時”の話を小田さんも慶子さんから聞いたという。

 

*********************************

墜落した時は、大分多くの人が生きてはって、御父さんも咲子ちゃん(妹)も未だ生きてて、御話しててね。あっちでもこっちでも、がやがやと話し声が聞こえて来て・・・。

 

(残骸から)抜け出そうとして動くと足が痛くなる。そう言うたら御父さんは動かん様になった。段々動かなく、物を言わない様になった。咲子ちゃんも吐いた物が喉に詰まる様な感じになる。『御婆ちゃんと、又皆で元気に仲良く暮らそうな。』と言って上げたけど、げえげえと言い出したと思ったら静かになって、咲子ちゃんも死んだみたいや・・・。廻りで皆が話してはった声も、段々聞こえなくなって・・・。
*********************************

 

事故から10年後に元米国軍人が証言した話に拠ると、なかなか現場を特定出来なかった自衛隊や警察を尻目に、在日米軍のヘリは逸早く現場を特定していたという。日本のレスキュー隊が現場に到着する約12時間前には、在日米軍のヘリが既に現場に到着していたものの、「日本側が現場に向っているので帰還せよ。」という上官の指示で現場には降りなかったのだとか。(在日米軍による誤爆で、123便は撃墜されたという説も在る。)確かに、慶子さんもその事を語っている。

 

*********************************

(暗闇の中)ヘリコプターの音が聞こえて来て、赤い明かりも見えて、真上迄来て止まってホバリングみたいにして・・・。『ああーこれで助かるわ。』って皆で言ってたら、ヘリは引き返した。『これで場所が判ったから、又皆で沢山来て助けてくれる。』と話したけど、それきりで来ん様になった。その内、皆話さなくなった・・・。
*********************************

 

「あの時早く助け出していてくれれば、もっと多くの人命が救われたのに・・・。」と、慶子さんは何度も語っていたというが、本当にその通りだ。日米間のセクショナリズムか、はたまた何等かの”意図”が在ったのか不明だが、人命第一で動くべきであったろう。

 

事故後の慶子さんは、島根県で病気がちな祖母と(飛行機には乗り合わせていなかった)兄の3人で生活し、小田さんも大阪から足繁く通って彼女等の面倒をみた。美少女と言っても良い慶子さんには、励ましの声と同時に好奇の目も集中したという。ストーカーまがいの行為に長く悩まされたり、自宅に嫌がらせの電話が頻繁にかかる様にもなった。そんな状況が10年近くも続いたのだとか。小田さんは、「今は色々な事故が在っても、被害者は精神的なケアをして貰えるけれど、当時は全部個人でせなあかんかった。」と語っているが、当時の慶子さんはこんな事されるんなら、あの時御母さん等と一緒に自分も死んでたら良かった。と漏らした事も在ったのだそうだ。被害者が、マスメディアの”煽り”で更なる心の傷を負わされる典型だろう。この構図は今になっても全く変わっていないのだから許せない話だ。

 

慶子さんが保健士だった母親の遺志を継いで、看護士となったニュースは聞き及んでいた。兵庫県の病院で働き始めた彼女は、1995年の阪神淡路大震災では、怪我人の手当てに奔走したという。嘗て自らが大惨事の中に居た彼女が、同じ様な大惨事に直面し、その中でどの様な気持ちで職務を全うしたのかと思うと辛さが募る。

 

やがて、趣味のスキューバダイビングの為に訪れたアメリカの地で、夫となる男性と知り合った慶子さん。中学生の頃から間寛平さんの大ファンで、常々「一緒に居て楽しくて面白くて、顔はジャガイモの様な人が良い。」と言い続けていた彼女が、その男性と結婚式を挙げたのは2002年の秋だった。今は、会社員の夫と息子の3人で、西日本の地方都市で幸せな生活を送っている。

 

事故後3年程は飛行機に乗れなかった彼女も、今では飛行機に乗る事は出来る様になったというが、事故の話をするとPTSDの様な症状が出るという。当然の事ながら、今でも心の傷は癒えていないのだろう。

 

事故の取材は一切受けたくないとしている慶子さん。廻り近所に”あの川上慶子さん”と知られる事も無く、愛する家族と共に送る”普通の生活”に幸せを感じている様だと小田さんは語っている。

 

最愛の父母と妹を一瞬の内に失ってしまった慶子さん。そして、その後に彼女が歩んで来た苦難の道程。やっと幸せな生活を掴んだ事を知り、思わず頬が緩んだ。これからも、亡くなった3人の分も幸せな日々を享受して貰いたいと切に願う。

 

*1 当時の報道が余りにも強烈に脳裏に焼き付いていた為、自分自身もつい最近迄誤解していたのだが、実際の墜落現場は御巣鷹山ではなく、その直ぐ南に位置している高天原山の尾根という事で在る。

 

*2 この事故をモデルにしたと思われる山崎豊子女史の「沈まぬ太陽」には、如何に現場が”地獄絵図”の有様で在ったかが記述されている。「白い巨塔」や「大地の子」、「華麗なる一族」、「不毛地帯」等々、多くの名作を世に送り出している彼女だが、この「沈まぬ太陽」も心に残る作品の一つで在る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (180)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このブログを覗いて下さった... | トップ | さらば桑田真澄 »
最近の画像もっと見る

180 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (餅きなこ)
2005-07-17 18:58:41
「好奇の目」が一番許せないですね、そんな輩はどうせロクな死に方はしません。だからきなこは絶対しないように心がけます。

 にしても川上さん、ほんとよかったですね。いやぁ~いい話です。ほんとに。
本当によかった (ミー)
2005-07-17 20:48:42
本当に本当によかったです。

 同じ山陰地方に住んでいて 心の中で 心配して 気にして いました。

でも・・・干渉することは一番迷惑になることだから・・・と・あえて何もしませんでした。

 

 嬉しいです。心からお幸せをお祈りしています

 慶子さんには 神様がついていて呉れてる・・

 と・思います。



がんばれ
ほっとしました。 (土佐の酔鯨)
2005-07-17 21:47:06
こんばんは。

川上慶子さんのその後の消息を知ることができてよかったです。

事故後はマスコミに追い回されているという嫌な情報ばかりが伝わってきました。芸能プロダクションが彼女をタレントにしようとしているという話も耳にして、なんという発想をする連中だと腹を立てた記憶があります。

こちらのブログで幸せに暮らしている様子がうかがえてほっとしました。人の二倍幸せにならなければいけない人だと思います。
ありがとうございます (たろはなママ)
2005-07-18 07:13:43
TB有難うございました。7月15日発売の週間朝日の川上慶子さんの記事が出ていると、ブログを読んでいて知り慌てて買いに行きましたが既に、翌週号が発売されたところで、がっかりしていました。

朝日の記事を紹介して頂き、彼女の20年はどんな、

どんな思いだったか、今幸せなのか、気になっていました。でも現在、静かに幸せな生活をされていることを知り、彼女の努力があったからこそと思いますが

本当に良かった!!そう思います。

この記事紹介させて頂いてよろしいですか?

杉本遼平君の記事に載せたいと思います。
Unknown (しがないサラリーマン)
2005-07-18 10:50:39
私が聞いた話では、当時日本には夜間に救助活動を問題無くできるほど強いサーチライトが無く、場所を特定できても地形がわからずサーチライトなしでは救助活動を出来るくらい下に近づくことは当時のヘリコプターでは不可能だったらしいです。ですので明るくなるのを待って救助隊が行ったと。二次災害を防ぐために。山岳ですから天気も不安定ですし。



そして自衛隊は出動命令が出る前からテレビなどの情報で出動準備をしていたものの、地方自治体からの要請が無く出動できなかったそうです。(阪神大震災の時と同じです) そしてそういった地方自治体の失態を隠すために「自衛隊は救助に来てくれなかった」という話が作られたらしいです。



日本のマスコミは強きを助け弱きをくじく。バック(=ジャニーズ)が強い人は何も触れず、バックに何もない普通の人をバックが無いから追い回す。まるで犯罪人のように。何も悪いことをしていないのに。マスコミの自浄能力というのは政界の自浄能力以下では無いかと思っています。
記憶の引き出しが開く感じ (おりがみ)
2005-07-18 16:28:42
こういう記事って、なかなか気がつきません。55さんって、すごいなって思うんです。「わすれないでね」ということを思い出させてくださる。



今、航空機の事故(未遂も含め)が多い。整備不良とか簡単にいいますが、それでは命がいくつあっても足りません。あらためて123便のことを心にとめたいと思いました。
一周年おめでとうございます (oumo)
2005-07-18 18:00:47
 あの事故は良く覚えています。初めて、本州に上陸した日なんです。甲子園に清原・桑田を見に行った思い出の旅行です。

 以前テレビで米軍が関係しているということをやっていましたが、事実は闇の中ですね。

 いつも思うのですが、我々国民が本当の事実を知っている事件事故はちゃんとあるのだろうか?

 もしかすると、政府が隠しているのでは なんて、思ってしまいます。

 

 国は住民のためにあるのではなく、国が存在するために住民がいるのかな なんて考えたりまします。



 話しは変りますが、ジャイアンツ今年は早いストーブリーグですね。ストーブ??と思ってしまうのですが、原前監督に話しがあるだとかないだとか。



 世の中が良い方向に行けばいいなと そう思う今日この頃です。
いつまでも、お幸せに......。 (分家屋治三郎)
2005-07-18 20:10:56
 日航機墜落事故...

今でも、テレビ中継の映像を思い出します。

数人の女性が、救出されるあのシーンは、忘れようたって、忘れられません.....。生存者の慶子さんは、見た目にも、可愛らしい娘さんだったので、訳のわからない、輩に付きまとわれていると言う話は、所々で耳にはしていました.....。しかし、現在、旦那さんとお子様に囲まれ何事もなく、幸せに暮らされていると言う近況が伺えて嬉しく思います。giants-55さん!有難うございます。やっぱ!!マスゴミだなっ!!

 

 「蘇る金狼」

成田三樹雄氏と小池朝雄氏のお二人を拝見致しました

成田三樹雄氏は、やはり「探偵物語」の~くどぉちゃん~に尽きますね.....。この時初めて、「あぁコミカルな演技も出来る役者さんなんだ」と妙に安心した記憶があります。小池氏は、いい役者さんですよね...。

一度「暴れん坊将軍」に出演時の演技に、マジで泣かされた事があります。お家騒動に巻き込まれた幼い若君を守る為、自分の命と引き換えに、敵陣に乗り込もうと腹括るシーンがとても、泣けて仕方なかったのを覚えております。しかし、松ケン扮する、将軍さまに「早まる出ない!!」と止めに入ったので、小池氏が無残に悪党にやられる事はなかったのです。一安心..

しかし、この「蘇る金狼」の共演者たるもの凄い面子ですなぁ~草薙幸二郎氏、南原宏治氏、安部徹氏、極めつけが、岸田森氏.....ジーパン刑事じゃないけど、「なんじゃこりゃ!!」なラインナップですよ!!凄すぎる!!



 若くして亡くなられた方々について、

キレンジャーを演じられていた、畠山麦氏は、自ら命を絶ったそうです。丁度その時、アカレンジャーに扮していた、誠直也氏が出演していた、「特捜最前線」にゲスト出演予定だったそうですが、アカレンジャーとキレンジャーが、「特捜~」で、共演という事で、撮影現場は盛り上がっていたそうですが.....そんな所に、畠山氏が自室で遺体で発見と言う、とんでもない一報が入ったらしく、その後、自殺と判明したそうです。ライダーマンの方は、肝臓ガンで、10数年前に、ご家族に看取られてひっそりとこの世を去られたそうです。生前、一時期どこかの大学の学食で、働いていたらしい......。

 幼い頃、ブラウン管で観た、ヒーローたちのその後は、センターを張っていた演者は、陽のあたる場所で活躍する姿は嬉しいのですが、その脇を固めていた演者が報われない話を耳にすると切なくなりますね。

初代キレンジャーが自殺.....ネット上で知った事なので、ショックですね。
良かったです。 (くみこ)
2005-07-19 14:53:41
慶子さん、お幸せになってたんですね。

あんなにひどい事故に遭い、マスコミからも守られない様子を見るに付け、早く静かな生活を送って欲しいと思ってました。

今回具体的な記事内容に再び胸が苦しくなりました。

家族を目の前で失っていくなんて、どんなに辛かった事でしょうね。

これからも彼女の幸せを祈りたいです。



坂本久さんのことは、わたしもとてもショックでした。

地元の福祉番組『サンデー9』で活躍されてて、わたしはよく見てました。『♪誰かと話がしたい~』と手話で歌ってました。中村八大さんや永六輔さんが作ったのではと思うのですが。

毎週優しい久ちゃんスマイルが楽しみだったんです。

『新八犬伝』も好きでしたよ。

『♪夕焼けの空は 君たちの血の色

  愛し合い助け合う 誓いの赤』

忘れられないですね。いい歌ばかりで。

学校で配布される歌の本にも載ってました。



亡くなった人、必死で生きてきた人を思うと

命を粗末にしちゃいけないと強く思います。
>ミー様 (giants-55)
2005-07-19 18:27:04
初めまして。書き込み有難うございました。



人それぞれに忘れられない事件や事故が在ると思います。自分の場合で言えば、「金属バット殺人事件(http://964.jp/Z2Hk)」や「三菱銀行・猟銃人質事件(http://964.jp/Z2Hn)」、「深川・通り魔殺人事件(http://964.jp/Z2Ho)」、「女子高生コンクリート詰め殺人事件(http://964.jp/Z2Hp)」、「豊田商事会長殺人事件(http://964.jp/Z2Hq)」等幾つか在りますが、この日本航空123便の墜落事故も忘れられない事故です。「飛行機は安全」という思いが揺らいだきっかけでも在りましたし、安全と信じて乗り込んだ人々が一瞬にして命を失った事は、決して他人事には思えませんでした。



4人が救出された際には、この世に奇跡というモノが在る事を感じ良かったなあと思ったのですが、その後に慶子さんが心無いマスメディアや人物に追い回されている事を知り激しい憤りを覚えました。



ああいう形で最愛の家族を亡くした彼女でしたので、人一倍に幸せになって欲しいと思っておりましたが、今回の記事を読んでやっと幸せを掴み取ったのだなあと嬉しく思うと共に、もう20年経つのだという感慨も在りました。御遺族の方々にとっては、今も心の傷が癒える事のない事故で遭ったと思います。



これからも宜しく御願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

8 トラックバック

あの夏を風化させるまじ (狩野賢一の外科的徒然日記)
あの忌まわしい事故から,はや20年の歳月が流れようとしている.広島・長崎に原爆が投下されて40年,日本が平和の享受を実感していた1985年8月12日のことだ.日本航空123便が埼玉・長野との県境にほど近い群馬県側の切り立った尾根に激突し,乗客乗員合わせて520名もの尊い命
沈まぬ太陽 (エセ秘書、ほざく。)
今日のニュースにこんなのがありました。 日航機墜落事故:川上慶子さん治療手記 担当医残す 記事はこちら 当時担当医を務めた医師は、生き残った川上慶子さんが入院した2週間の間にレポート用紙80枚もの手記を残していたそうです。 彼女が搬送されてきたその瞬間から、
九死に一生を得る・・日航機墜落事故20年 (あおい空の下で)
川上慶子さん。 彼女の名前が私の頭から離れないのはきっと同年代だったからだろう。 そしてあの惨劇から生き残った女の子だった。 そしてそれから10年後、看護師として兵庫県内の病院に勤めていた彼女は 阪神大震災という地震を体験する・・・。 今はひっそりと
日航ジャンボ機墜落事故20年 (lucianoは今・・・)
もう、といった感じだろう。 あの大惨事から20年が経とうとしている。 520名の命が一瞬で散った事故から。 あの夏、123便はお盆の帰省客を大勢乗せて、羽田から大阪へ向け飛び立った。 コックピットでは限界ギリギリの対応が行われたのであろう。しかし・・・。 コックピ
20年は短い? (IT/パソコンサポート/ホームページ制作/散策 大阪見聞録)
 今から20年前タイガースが優勝を決めた1985年。その年の8月12日に、日本航...
20年・・・ (Akimota\'s room(インプレッサ&Lupoと車...)
Excite エキサイト : <日航機墜落20年>御巣鷹の尾根ふもとで「追悼慰霊式」 本当、時の流れるのは早い・・・あれから20年なんだ・・・ TVで見ていた、そして他人だと言うのに、あの夏の切なさは なんだか妙に覚えています。 そして、初めて今日、TVでボイス
20年も前のこと (掬ってみれば無数の刹那)
もう、20年になるのですね。 あの日、私は仕事が休みだったのですが、 近所の先輩の家に電話しておしかけていった。 そこで食事の用意ができるまで、 たぶんプロ野球かなにかの中継が始まったのを見ていたのだろうと思う。 字幕で出たニュースは「羽田発の日航機が行
お盆休みと普段の「境目」がない (何も無いようで何かある日々)
新聞を読む。。。 ふむふむ… 【松本和将ピアノソナタ 9/24さん太ホール 3,500円(山陽新聞)】 2003 エリザベート王妃国際コンクールの松本和将 / 松本和将 モノローグ松本和将 (2001/01/24)ビクターエンタテイ