ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「硫黄島からの手紙」

2006年12月12日 | 映画関連
クリント・イーストウッド監督が手掛けた”硫黄島2部作”。先に公開された「父親たちの星条旗」*1の出来が素晴らしかった為、9日から公開となった「硫黄島からの手紙」を早速観て来た。

1945年2月16日から3月26日にかけて硫黄島で繰り広げられた激烈な戦いに付いては、約1ヶ月前の記事「父親たちの星条旗」内で詳しく記したのでそちらを読んで戴きたいが、兎に角、日米双方に多大な犠牲者を生み出した悲惨な戦闘で在った事は間違い無い。「父親たちの星条旗」はアメリカ人兵士の視点から描かれていたが、今回の作品は日本人兵士の視点から描かれている。勿論アメリカ兵も登場するし、それは外国人俳優が演じているのだが、あくまでも脇役としての存在としてであって、全編を通して登場するのは日本人の俳優だけと言っても良い。だから会話シーンも、アメリカ兵と会話する1シーンを除いては全て日本語。何も知らないで観た人は、これがハリウッドで、尚且つアメリカ人監督が製作したものとは想像し得ないのではなかろうか。

圧倒的な戦力を誇るアメリカ軍に対し、無謀な戦いを挑まなければならなかった硫黄島の日本軍兵士達。その指揮を執る栗林忠道中将がこの作品の主役で在る。アメリカ及びカナダへの駐在経験が在り、国際事情にも明るかった彼は、アメリカの底力を嫌という程知っていたが故に、対米開戦には批判的な人物で在ったとされている。無謀で勝ち目の薄い戦いなのは判っていても、軍人として祖国を守る為に戦わなければならないという心の葛藤が彼の姿からは垣間見えて来る。演じている渡辺謙氏の上手さを再認識させられた。

司令官としての苦悩を滲ませている彼に対して、虫けらの如く殺されて行く哀しみ&恐怖に直面する下級兵を演じているのは二宮和也氏。彼は「ジャニーズ事務所のタレントの中でもダントツの演技力。」という声を良く見聞する。でもファンの方には非常に申し訳無いのだが、「俺はあの蜷川幸雄氏に認められた凄い演技者なんだぞ!」といった雰囲気がその演技から漂っている様に感じられて、個人的には余り好きな役者では無い。今回の演技も他の”ジャニタレ”に比べれば遥かに上手いのは認めるが、だからと言って巷間喧伝されている様な演技力の高さという程のものは、残念ながら自分には感じられなかった。

「御国の為」というフレーズを口にして、市井の人々から食料等の物資を巻き上げて行く日本の憲兵隊。そして最愛の夫が徴兵される事に抵抗する妻に対し、「私の家族も御国の為に死んだのです!それなのに貴方は何を言っているのか!」といった事を、血走った目で抗議する”愛国婦人会”の女性。本当にそれが「御国の為」なのかどうなのか。「御国の為」というフレーズを錦の御旗とし、自らの欲求を満たしているだけだったり、「うちの家族も死んだのだから、貴方の家族も死ななきゃ許せない!」といった思いの押し付けが其処に在ったとしたら、これは非常に怖い事だ。

「父親たちの星条旗」もそうだったが、”硫黄島2部作”では勝者の正義や敗者の悪を声高に叫んではいない。其処に在るのは、「愛国者」として持ち上げられながら、結局は虫けらの如く殺されて行った日米両兵士達の叫びだろう。

アメリカ兵が日本の兵士の遺品を”かっぱらう”シーンが描かれている。それだけでは無く、白旗を揚げて投降した日本兵2人を一旦は保護しながらも、彼等を監視している間に別の日本兵に襲われては厄介だと銃殺してしまうシーンも。こんな事は実際に多く見られた事だろうが、それをアメリカ人のクリント・イーストウッド氏が敢然と描いた事に或る種の感動を覚えた。

「自分が描きたいのは『どっちが正義で、どっちが悪。』等という安直なものでは無い。戦争そのものが如何に無意味で、一般人にとって哀しく辛いだけのものという事を広く知って欲しい。」そんなイーストウッド監督の声が聞こえて来る様だ。

総合評価は星4.5

*1 「父親たちの星条旗」で目にしたシーンが、今回は日本軍からのアングルで撮られていたりと、映像的にも工夫がされていたと思う。演じ手としてだけでは無く表現者としても、イーストウッド氏が非凡な才能を持っている事を痛感させられた。

コメント (7)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« 「永遠の夫婦」 | トップ | とっとと政界から消え失せろ! »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
だいぶ勉強になりました (マヌケ)
2006-12-12 21:59:59
今週末に見に行こうかと思っています。 水や食料がほとんどなくてただ生きているだけでも辛いだろうに、そんな状態で戦うことがどれほどすごいことなのか今の私達には想像も及びません。 精神力の強さ家族を守り国を守る強い意志の力が人間を極限まで強くするのでしょうか。 だとしたらもっと正しいことに力は注がなくてはなりませんね。 アメリカの将軍が日本兵は死んでも2時間くらいは精神力で生きているとこの戦いの中で言ったそうで、下級の将兵もうなずいたということです。
>マヌケ様 (giants-55)
2006-12-12 23:55:02
書き込み有難うございました。

「日本兵は亡くなっても2時間位は精神力で生きていた。」この喩えは愛する者を守りたいと思う気持ちが、極限迄の力を引き出したと取るべきなのか。はた又、虫けらの如き死に方をしなければならなかった無念さが、この世への執着として生き長らえさせたと取るべきなのか。どちらにしても、亡くなられた御霊の無念さをどうしても感じてしまいます。
イースト・ウッドに勉強させてもらいました (マヌケ)
2006-12-13 10:04:48
硫黄島のことをほとんどの日本人が知らないこと、今回出演した日本人俳優もこの戦いの歴史を知らなかったことに取材を重ねて行くうちにイースト・ウッド監督は伝えなくてはという気持ちにかられたそうです。不幸な歴史の中で兵隊として生きた日米の若者の記録を取材し、回想し、1945年や現代に戻るというジャーナリズムの手法で撮ったとのことです。 戦争がなければお互いに友達になれたかもしれない若者同士が国のために殺し合いをした不幸な歴史の記録を残したかったそうです。 それから後世の人が戦争のことを知らないのは何も日本だけのことではなく、生きて帰還した人の多くが自分の体験を語りたがらないからだそうです。 それは現代の湾岸戦争などでも同じだったそうです。 兵隊の精神的なケアが進んでいるの今でも家族にも話せずに自分の胸の中だけにとどめて苦しんでいる人が多く、第二次大戦当時で考えれば帰還兵の多くは今以上に苦しんだだろうということです。
>マヌケ様 (giants-55)
2006-12-13 19:53:16
書き込み有難うございました。

硫黄島で嘗て激戦が演じられた事は知っていても、その詳細迄知っている日本人はそれ程多くないのかもしれませんね。近・現代史が好きな自分ですが、恥ずかし乍ら、”バロン西”氏が彼の地で御亡くなりになった事すら存じ上げていなかった位ですから。「この悲惨な歴史を日本人に、否、広く世界の人々に知らせなければいけない。」という使命感に駆られてイーストウッド監督が、この作品を製作して行ったというのには胸を打たれます。

どういう形で在れ、国を守る為に無念の内に亡くなって行った御霊には心から哀悼の意を表すのは当然ながら、「愛国心」という名の下に多くの命が打ち捨てられて行ったという事も心に刻まなければならないと思います。「靖国」という言葉が、真に戦没者を悼む形で使われるのは良いのですが、「この言葉を使えばどんな主張を掲げても許されるのだ。」となってしまうのは問題でしょうね。どうに「靖国」という言葉を前面に押し出して、”不必要に”第三者を貶める事に使っているケースが目に付くのが個人的には気になります。
悲しくなりました (マヌケ)
2006-12-17 17:38:15
シネコンで見てきました。 隣りが犬神家の一族でした。あのような状況にあってもまだ陸軍とか海軍とかで対立し反目しあったり、情報を隠蔽したり、精神論一辺倒だったことにはあきれるしかありません。 それをイーストウッドがよく描いたものだと感心しました。 せっかく夜のとばりが行動をかくしてくれるというのになぜ大声で天皇陛下万歳などと叫びながら突撃するのか、クレイジーです。装備の貧弱さや兵力不足を補って余りあるほどの精神力が当方にはあり、米兵に勝ると本気で考えていたなんて信じられませんが事実だったのですね。 家族のために死を覚悟して戦う、しかし、家族のために死ねないという苦悩は当然で、そこまで追い詰めた得体の知れない国家というものの非情さに怒りを覚えました。 出征すれば生きて返してもらえない。 おめでとうございますと言いながら召集令状を渡されるシーンは本当に恐ろしかった。 なぜアメリカと戦争せねばならなかったのか、国民にこれほどの覚悟と代償を求めた理由はなんだったのでしょうか。
>マヌケ様 (giants-55)
2006-12-18 02:22:25
書き込み有難うございました。

愛する祖国の為、否、愛する身内を守る為に戦地に赴か”なければならなかった”兵士達。そんな彼等が圧倒的に不利な戦いを挑んでいる中、新たな武器の輸送を本国に求めた結果が”竹槍”だったというのは余りにも哀しいシーンでした。

セクショナリズムというのは、当時の米軍でも先ず在った事とは思いますが、平時ならばいざ知らず、自国の兵士達が明日をも知れない命に在る中、海軍だ陸軍だとくだらないセクショナリズムを死守しようとしていたのは呆れ果てるばかりですし、そのくだらなさによって命を落とす事になった御霊には心から同情の念を禁じ得ません。

追い詰められた状況での集団心理の怖さも、この作品からは感じました。
Unknown (さいん)
2006-12-19 15:19:43
トラックバック&コメントありがとうございました。

>勝者の正義や敗者の悪を声高に叫んではいない
まさしくその通りですね。
どうしても1本の映画で戦争をテーマにしてしまうと主人公と敵、主人公が(勝者であろうと敗者であろうと)正義、敵が悪という視点になりがちなところを双方の視点から独立した2本の映画として、しかも正義や悪という価値観を取り除いて描ききったところが見事だと思います。

そして、ただでさえセンチメンタルに流されがちなテーマから出来る限り涙を誘う演出を排除し、安っぽい同情や「愛国心」で本質を見間違うことのないように丁寧に作られた作品だと感じました。

また、「日本映画」であるかのようなこの作品を通して、現在も戦争を続けている自分の国や同胞に対し人種や文化や国力が違えど「敵」も自分たちと変わらない人間なのだ、その人たちを殺すのが戦争なのだ、と言うことを訴えかけているようにも思えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

38 トラックバック

硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima (我想一個人映画美的女人blog)
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日 ...
硫黄島からの手紙【Letters from Iwojima】 (百記徒然袋【十勝日誌】)
評価:2,000円 出演:渡辺 謙、二宮 和成、井原 剛志・・ 監督:クリント・イーストウッド ストーリー 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸
硫黄島からの手紙 (ネタバレ映画館)
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
硫黄島からの手紙 (Akira's VOICE)
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
硫黄島からの手紙 (skywave blog)
戦争とは、「国と国との白黒」の決着をつけるものであり、その唯一のルールは、生身の人間の「命のやりとり」、相手を一人でも多く殺すこと。 戦争の恐ろしさを十分に思い知らさ
硫黄島からの手紙 (悠雅的生活)
余は常に諸氏の先頭にある。
映画「硫黄島からの手紙」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最 ...
『硫黄島からの手紙』 (Sweet* Days)
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は ...
映画「硫黄島からの手紙」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を ...
今度は逆の視点!『硫黄島からの手紙』(2006年18本目) (ON THE ROAD)
   クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二部作目だ。 一部がアメリカ側の硫黄島戦にまつわる話を描いた「父親たちの星条旗」で こちらが日本軍を描いた作品となっている。 (あらすじと内容は硫黄島からの手紙 - goo 映画を参照してください) あ~二 ...
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
『硫黄島からの手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島?? グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い、周囲22kmほどの小さな島 この島で61年前に起こった出来事を あな ...
『硫黄島からの手紙』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
イーストウッド、ありがとう。 人間ドラマ部分はストレート過ぎて好みではないところもあったけれど、社会派視点では感慨深かった。 お国のために命を投げ出すということ・・・最初からその空気に取り込まれて感傷的になってしまった『父親たちの星条旗』鑑賞時 ...
硫黄島からの手紙 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽 ...
「硫黄島からの手紙」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  先週試写会で見てきました。   「硫黄島からの手紙」     「父親たちの星条旗」に続く、 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作の第二弾です。     
★「硫黄島からの手紙」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
硫黄島からの手紙 (愛情いっぱい!家族ブロ!)
よせては返す波のように、、、戦争の話は続く。 とうとう観てきました! 硫黄島2部作日本から観た硫黄島を描く「硫黄島からの手紙」 これは全編日本語であり、出演者もほとんどが日本人でありながら クリント・イーストウッドが監督をするハリウッド映 ...
硫黄島からの手紙 (小部屋日記)
Letters from Iwo Jima(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督/製作:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江 硫黄島プロジェクトの第二部。日本側からみた硫黄島の闘い。 まずこの映画がアメリカ人の製作とい ...
「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
「硫黄島からの手紙」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は「硫黄島からの手紙」を観てきた。死闘といわれる硫黄島の戦いを双方の視点で
Bの嵐!     ……爆薬ね。 (Le mouvement premier)
硫黄島からの手紙、見てきました♪別に見る気なかったのですが、かなり最近よくテレビ
硫黄島からの手紙 (day by day)
「硫黄島からの手紙」の感想です。
硫黄島からの手紙 2006-70 (観たよ~ん~)
「硫黄島からの手紙」を観てきました~♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング     ...
硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り ...
映画「硫黄島からの手紙」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将 ...
硫黄島からの手紙(映画館) (ひるめし。)
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。
硫黄島からの手紙 (まぁず、なにやってんだか)
ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。 絶対号泣しちゃうだろう ...
映画「硫黄島からの手紙」 (FREE TIME)
話題の映画「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました。
「硫黄島からの手紙」を観た (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
【劇場映画】 硫黄島からの手紙 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地 ...
硫黄島からの手紙 (スーパーヅカン)
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作 ...
とても外国人が監督したとは思えない!渡辺謙主演「硫黄島からの手紙」 (シネマつれづれ日記)
この「硫黄島からの手紙」は、外国人による映画とは思えない! この「硫黄島からの手紙」は、硫黄島の戦いを日本側から見たものだが、とても外国人であるクリント・イーストウッドが、監督したとは思えないような、当時の日本人のあり方を描いた作品である。 ...
映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイ ...
Letters From Iwo Jima (硫黄島からの手紙) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2007年1月27日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を
『硫黄島からの手紙』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...
『硫黄島からの手紙』 (京の昼寝~♪)
世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 ...
映画「硫黄島からの手紙」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「硫黄島からの手紙」に関するトラックバックを募集しています。