ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

初会談

2018年06月13日 | 時事ネタ関連

昨日、アメリカドナルド・トランプ大統領北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長が初会談を行い、会談後には主に4項目から成る共同声明署名した。

 

今回の会談、アメリカ側としては「完全且つ検証可能で不可逆的な廃棄」、そして北朝鮮側は「体制保証」、即ち「金正恩体制の承認」を第一義に考えていたと思うが、「体制保証」に付いては実質的に認められた(認めさせた?)一方で、「完全且つ検証可能で不可逆的な核廃棄」に付いては、具体的な内容に踏み込んでいない。

 

経済面を主とした国際的な孤立から脱却し、“大国・アメリカと対等に遣り取り出来る強い指導者”を自国民にアピールしたい金委員長。」からすれば大成功の結果だったろうし、「“秋の中間選挙”に向けて点数稼ぎをしたいトランプ大統領。」としては、「金正恩委員長と初会談を行った。」という実績が欲しかったのだろう。

 

「『“自分達”さえ良ければ、“他人”がどうなろうが知った事では無い。』という思考。」や「自分にとって不都合な事柄は、事実で在っても全て“捏造”とし、逆に好都合な事柄は、捏造で在っても“事実”と主張。」等、人間的にトランプ大統領は大嫌い。又、「自分にとって少しでも歯向かう人間は、全て粛清して来た独裁者。」という金委員長は、非常に危険な人物だと思っている。

 

でも、仮に今回の会談によって「韓国と北朝鮮との間で終戦宣言が出され、平和協定が結ばれる。」様な事になれば、仮に形式的な中身で在ったとしても、「トランプ大統領と金委員長が、ノーベル平和賞を同時受賞。」という“冗談みたいな話”が現実となる可能性も。政治は結果。」という事なのだろうが、そうなるとトランプ大統領は「“御友達優遇”を加えた織田信長。」という事になるのだろうか。

 

世界が平和の方向に向かうのは、とても良い事だ。けれど、「自分にとって少しでも歯向かう人間は、全て粛清して来た独裁者(ロシアもそうだが。)。」を守る事は、良い事なのだろうか?内政不干渉の原則」は守られなければならないけれど、同時に「国際法に反しない限り」という縛りが在る。「国際人権法」が国際法の一分野で在る以上、人権一顧だにしない北朝鮮は、“其の点に於て内政干渉され続けるべきだし、体制保証されるべきでは無いと思う。

ジャンル:
海外ニュース
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 皆で一斉に | トップ | 2018年のセ・パ交流戦も終盤 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2018-06-13 17:11:42
民主主義国家と、共産主義国家との融合といいますか、このタイミングで、トランプは中間選挙、キムは安全保障という、双方が政治的な利益を共有出来た事は、政治の深淵を観る気分で、キム委員長は侮り難い、と思いました。外交センスは王朝の一族独特のようですね。

キム委員長は、かつては、北東アジアの火付け役であったものの、華麗な転身を遂げたと思いますし、人権弾圧や米国人拷問、兄弟の暗殺といった人道的な罪が軽視させるのは、この会談が勢いを重視するポピュリズムによるものだからだと思います。時代が大衆を中心に回るのは、良いことだし、当然だと思いますが、ここまで、利益が一致したことが、稀有な外交劇を演出したものだと思います。

ともあれ、反米を共通項にして、気炎を上げ、愛国心を煽って来た北朝鮮にとっては、得意の華麗なる外交から、着実な内政国家へと舵取りをしないといけない、という事で、国民の不満や希望を汲んでいく義務が課されて来るわけですが、キム委員長はそちらでは実績がないので、どうなるか気になる処ではあります。
>隆様 (giants-55)
2018-06-14 02:31:11
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

金正恩委員長の兄・金正男氏に付いては、昔、“どうしようもない馬鹿ボンボン”というのが定説として報道されていました。然し、彼がメディアで発言する様になって以降、「結構真面な人物だなあ。」と考えが変わりましたし、「北朝鮮を率いるのは、冷酷さを見せる金正恩氏より、金正男氏の方がベターではないか。」とも。

冷酷さという点では考えが変わりませんが、“外交”という点では金正恩委員長の強かさを感じさせる今回の初会談でした。何や彼や言って、傍若無人さでは他を凌駕するトランプ大統領に対し、北朝鮮に都合の良い条件を飲ましたのですから。

「北朝鮮の体制が崩壊したら、数多の難民が発生し、其の対応に苦慮する。」という考えが在るからこそ、表面的にはああだこうだ言っても、心の中では「体制維持止む無し。」という思いが在るで在ろう各国。又、北朝鮮には可成りの地下資源が眠っているという話も在りますので、「あわよくば其の利権に与りたい。」という助平心も在るのでしょう。

とは言え、「自国には関係無いから、他国の人権侵害には口を出さない。」というのでは、長い目で見て世界平和には繋がらない。人権問題でも態度を改めない限り、拙速な経済援助はすべきで無いと考えます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。