「宮城自然農園」ブログ  -GIAN'S ORGANIC FARM BLOG- 小笠原諸島・母島で自然農

小笠原諸島・母島で持続可能な暮らしを目指し百姓をしています。
その中で学んだことを紹介したいと思います♪

「カッコいい大人」と「カッコいい子供」

2018年12月21日 | 大切にしていること
■先日、とても良いことがありました♪

母島の子供たちの通学路の真上、大きなモモタマナの木があります。
そこに大きな枯れ枝がぶら下がっているのを、住民が発見し僕に教えてくれました。

高さは10mちょいの位置。

これが落ちてきたら本当に危ない。

でも僕には取れる気がしない。

誰に相談しようかな~役場かな~と考えて車を運転していたら、
高所作業者に乗り込もうとするNTTの人を発見!!

急いで、
「あの子供たちの通学路の高い位置に危ない枯れ枝がぶら下がっているのです。
 僕では取れないので、この車を使って取ってもらえませんか?」

すると、NTTの方が
「今から案内して。危ないなら取らないと!」
と快く作業を受けてくれました。

丁度子供たちが下校している時間。
子供たちも遠くから見守る中、枝の撤去作業が始まりました。

僕は交通整理と周囲の安全確認位しかできません。


バケットのブームが延びるのが10m。
触れば折れてしまい、なかなか作業は困難を極めましたが、
素晴らしい技術で無事に枯れ枝を撤去することができました。

僕がお礼を伝えていたら、
遠くから見守っていた小学生が大きな声で、
「ありがとうございました!!!」
と自主的に言ってくれました。
僕は子供たちにお礼を促していません。

それに作業員さんも笑顔で応えていて、
なんだかとても、いいなと感激していました♪

子供たちの安全の為に快く作業をしてくれた大人と、
自分たちの道を安全にしてくれたことが分かり、自分から大きな声でお礼を伝える子供、
なんだか、どちらもとってもカッコいい♡

そんなほっこりしたお話でした♪

取ってもらった枝は枯れていたけど、大きく、とても重いものでした。
これが誰かの上に落ちなくて本当に良かったと思います。

作業してくれたNTTの方、
自分からお礼を言った子供達、
この枝を発見して教えてくれた島の大人、
みんなみんな有難うございました!!
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第二十八共勝丸 最後の航海... | トップ | オガサワラノスリという存在 »

コメントを投稿

大切にしていること」カテゴリの最新記事