I will persist until I succeed.

So long as there is breath in me, that long will I persist.

オンライン決済の基本機能

2022-08-02 12:43:23 | Life

1.取引の当事者を認証し、決済の不正を防止する。 決済詐欺を防ぐため、またオンライン商取引の当事者の正当性を認証するために、デジタル署名と証明書の使用を可能にするため、認証局またはレジストリを介してデジタル証明書を参加者に発行し、その正当性を確認します。

2.情報の流れを暗号化する。 情報の暗号化・復号化には単一鍵方式と二重鍵方式があり、online payment processorsデータ伝送の機密性・完全性はデジタル封筒やデジタル署名などによって高められ、権限のない第三者が情報の真意を知ることができないようにすることが可能です。

3.デジタルダイジェストアルゴリズムは、決済電子メッセージの真正性を確認します。 データの作成、埋め込み、削除、改ざん、再生などからデータを保護するためです。 を不正に入手し、そのまま受信者に届けるために、データのハッシュ化技術を使用することがあります。

4.商取引市場の行動や業務の否認をしないことを保証すること。 オンライン取引の当事者間で問題となる紛争、特に決済に関する一部の紛争が発生した場合、システム設計により、関連する法律行為や操作の否認防止を効果的に保証することができます。 ネットワークセキュリティ決済管理システムは、紛争時に善悪を迅速に識別するために、取引の過程で十分な証拠を生成または提供できる必要があり、multi purpose steam mop これはデジタル署名などの技術を使用することで実現できる。

5.企業のオンラインサービス貿易業務の発展のための多角的な決済環境への対応 決済手段には、お客様、加盟店、銀行など複数の当事者が関わっており、加盟店は特定の決済市場情報を確認してから取引を継続し、銀行は決済を確認してから決済資金を提供するため、送信された購買情報と決済指示データの情報管理も連携している必要があります。 国家安全保障を担保するために、加盟店は顧客の支払い指示を読むことができず、銀行はすでに加盟店の購買情報を読むことができない。 この多国間決済関係の研究は、システム設計で提供される二重デジタル署名などの技術を借りることによって実現することが可能である。

決済の効率化 オンライン決済の手続きやプロセスは複雑ではなく、決済は非常に効率的です。

関連記事:

人生の幸福度を高める家電製品トップ10のうち、いくつ持っていますか?

使ってみて初めてわかる、"いい香り "の日用品4選です。

オンライン決済データ提示


最新の画像もっと見る

コメントを投稿