劇団朋友『幽霊人命救助隊』稽古場日記

稽古場の仲間が感じたことを、日記として書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事に?終了しました

2011-10-05 20:11:07 | 日記
10月3日 屋敷

『幽霊人命救助隊』公演、無事終了致しました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
おかげさまで無事、千穐楽を終え、
道具や小道具の荷卸しまで終えることができました。

これから、だんだんと寒くなっていきますので、
体調など崩さぬようにして下さい。




と、いつもなら稽古場日記を締めくくるのですが、
もう少し書きたいと思います。

大した事を書くわけではないので、
あまり期待しないで下さいね。


さて、見出しに注目です。
『無事に?』となっておりますね。
つまり、無事ではなかったんですね。

無事でなかったのは、
私、屋敷健一です。

千穐楽開始の2時間前のことです、
いつものように皆でスローモーション(ムービング)の練習をしていたのです。
観劇いただいた方はご存知かと思いますが、
この時、幽霊たちはスローモーションを交えながら、
右往左往しております。
その時、私の左足が!
左ふくらはぎに激痛が!!

どうやら、肉離れをおこしてしまったようで…。

病院に駆け込み、
痛み止めの注射を打ち、
痛み止めの座薬を使用し、
なんとか、舞台に立てました。

皆様、ご迷惑、ご心配をお掛けしました。
すいません。

皆様も、ご自愛くださいませ。



最後になりますが、
今回、我々劇団朋友は大勢の方の力を借りて、
公演を終えることができました。
かかわって下さった皆様、
観劇くださった皆様、
本当にありがとうございました。

これにて、今回の稽古場日記を閉じさせて頂きます。

コメント (1)

最後の稽古だ

2011-09-25 22:15:09 | 日記
9月25日

舞台稽古前、稽古も必死に取り組んでいるところです。
今日は、稽古場を移しかえての、ダブルヘッダーです。
劇団に入って以来四十五年、はじめての経験です。
みんな気合いが入っています。

是非、公演を御期待下さい。

小山内 一雄

_______________________________________________________

はい。
相変わらず短い日記ありがとうございます。

文の短さは、
体力と比例するのか?

ま、いいか。

明日はいよいよ劇場へ!
仕込み、仕込みが待ってます。

皆、怪我をしないように。
皆、協力ありがとう。

そして、
幽霊はミッションコンプリートできるのか??

本番は、
すぐそこだ!

ご期待ください!!

コメント

追い込んで、追い込んで

2011-09-25 22:12:58 | 日記
9月24日

二度目の登場!
福田 如子でございます。

皆様、もう私の名前の読み方は覚えていただけましたか?
「なおこ」ですよ。
「な・お・こ」

本日は照明、音響、各プランナーの大先生にお見せする為の通し稽古がメインでした。
いよいよ幕が開くんだなぁと、身が引き締まります。

今は稽古場が劇団じゃないので、
みんなで飲めませんが打ち上げで盛大に美味しいお酒が飲めたらなぁ。

そのためにも、
最後の追い込みがんばるぞっっ!!!
コメント

追い込みかける、我らが稽古場

2011-09-24 00:19:26 | 日記
9月23日 

どうも、
二度目の登場,加藤藍子ですm(__)m

さてさて本番まであと5日程となりました。
びっくりです(笑)

どの舞台の稽古に入っているときも、
毎回本番が近くなるにつれ,ひとりじゃないんだということが支えになります。

もちろん個々の責任はそれぞれが背負うのですが、
座組全員が同じ目標に向かって不安も全部わけあって、
懸命になるカンジが私は好きです。

ということで、
本番に向け座組一丸となってやっていきたいとおもいます☆

私も必死についてくぞ~
コメント

今日は6、7場です

2011-09-23 06:34:19 | 日記
9月22日 屋敷健一

本日は6、7場をメインに稽古です。

ここは助けますよ~。
がっちり助けますよー。
もちろん簡単には行かないのですが。

演者側の話になりますが、
ここでもやっぱりと言いますか、
自殺志願者との連携が大切なんですね。
以前と同じように詳しく説明はできませんが、
連携…大変難しいです。

そして7場!
とくに7場!
注目7場!

へっへっへ。
何がそんなに7場なのか!?

へっへっへ。
それは観てのお楽しみですよ。

へっへっへ。
早く本番来ないかな。


さて、台本でも読むか。
それではみなさん、劇場でお待ちしております。

コメント