道端に生える草

矛盾に感じること、常識が、非常識に思えること、将来こうあってほしいことなどつづってみたい。

一人、二役さん。

2017-04-20 14:44:27 | 日記
年は取りたくないもの、である。まっすぐ歩いているつもりが、曲がっているのだ。足腰が、弱っているのか。まっすぐに歩くように努める。もし、足を使わないと、足がなくなり、蛇のように、くねくねと、歩くことになる。しかし、ふらふらしているのは、私ばかりではない。実は、みんな、ふらふらしているそうである。太いほど、早いほど、ふらふらする長さは、少しになるのだそうである。酔っぱらいは、ゆっくり歩くので、ふらふら、くねくね、歩く長さが長いのだ。自然の節理である。早いと、ふらふら、くねくねが、短い距離のため、まっすぐに見える。星飛馬の球がますっぐなのは、早いのでそう見えるのだ。結婚せずに、ゆっくりしていると、あっちの美人、こっちの美人と、ふらふらする。そういう自然の掟なのだ。ド・ブローイが、そうするように、言ったのである
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言われざる犠牲 | トップ | あれも、ファッション。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事