そういうテクニックもある

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

環境に関する整備

2018-02-15 12:12:51 | 日記
きちんと知っておきたい用語。バブル経済(80年代から91年)とは何か?時価資産(例えば不動産や株式など)の市場価格が過剰な投機により実経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。
1946年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、主として日本国内の会員である損害保険業者の健全な進歩そして信用性のさらなる増進を図ることで、安心であり安全な社会の実現に関して寄与することを目的としている。
つまり金融機関の(能力)格付け⇒信用格付機関が金融機関、国債を発行している政府や、社債を発行している企業などに関する、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて評価するものである。
バンク(bank)はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源で、ヨーロッパ最古とされている銀行。それは15世紀にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行といわれている。
タンス預金はお得?物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、上昇した分相対的に価値が目減りするという現実。生活に必要のない資金であるなら、安全かつ金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
西暦1998年12月に、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣を組織のトップである委員長にするとされている新しい組織、金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に2年余り据えられたことが多い。
【重要】株式は実は出資証券(有価証券)なので、株式に記載されている企業には購入した株主に対する出資金等の返済する義務は発生しないとされている。加えて、株式は売却によって換金する。
最近では我が国の金融市場の競争力を高める為に行われる緩和のほか、金融制度のますますの質的向上を目指すこととした試み等を実践する等、市場環境及び規制環境に関する整備がすでに進められているということ。
つまり安定的ということの上にエネルギッシュな金融市場システムを生み出すためには、どうしても銀行など民間金融機関だけでなく行政が両方の立場で解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければいけません。
【解説】FX:要は外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す取引なのである。外貨預金または外貨MMFなどに比べても利回りが良く、さらには手数料等も安いというのがポイントである。はじめたい人は証券会社やFX会社で始めよう!
英語のバンクについて⇒イタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来すると言われている。ヨーロッパ最古といわれる銀行⇒600年以上も昔の西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで生まれたサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
つまり安定的であるうえに活気にあふれた新しい金融市場や取引のシステムの誕生を現実のものとするためには、銀行など民間金融機関と政府がお互いが持つ問題を積極的に解決しなければならないのだ。
郵政民営化により発足したゆうちょ銀行が取り扱っているサービスは一部を除いて郵便貯金法(平成19年廃止)での「郵便貯金」としては扱わず、銀行法(銀行に関して規定する法律である)に定められた「預貯金」が適用される商品なのです。
FX(外国為替証拠金取引):リスクは高いが外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す比較的はじめやすい取引。外貨取引の中でも外貨預金や外貨MMFに比べても利回りが良く、さらに為替コストも安い利点がある。FXを始めるには証券会社またはFX会社で購入できる。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によるサービスの多くは古くからの郵便貯金法に定められた「郵便貯金」ではない。銀行に関して規定する法律である銀行法(1981年年6月1日法律第59号)の「預貯金」に基づく扱いのサービスということ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | なおかつパワーに »

日記」カテゴリの最新記事